大冷(2833)初値予想とIPO分析記事になります。個人的な直感になりますが、ここに参加するくらいなら他のIPOに資金を回した方が率的によさそうです。三菱店頭口座だと当選確率は高そうですね。株数が多い銘柄は店頭でもハードルが低いため欲しい方は狙ってみるとよいと思います。


大冷(2833)初値予想とIPO分析


業種:食料品
市場:東証2部
公開予定:12/18
BB期間:12/01~12/05


100株単位
公募株数 700,000株
売出株数 800,000株
合計株数 1,500,000株(15000枚)
※オーバーアロットメントによる売出225,000株


想定価格 1770円 ⇒ 17.7万円必要!
仮条件  1700円~1800円に決定


【幹事団】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SMBCフレンド
丸三証券
エース証券
SBI証券
マネックス証券    ← タイアップで現金or投資本プレゼント中


    




仮条件上限が1800円となりました。
個人的に益々公募割れ濃厚のようなきがしていますが、いかがでしょうか。
大切なお仕事ではありますが、IPO的な初値を考えるとパフォーマンスが悪いのでは
ないかと考えます。


大冷(2833)初値分析
↑クリックで拡大します


業務用冷凍食品の企画・開発・販売などを手掛けている企業です。
食品業界は消費税8%導入や、経済悪化などで伸び悩んでいますし、様々なコスト増などの
影響もあり良い環境とはいえません。周りをみても食品の値上げなども多々見受けられます。
大冷では骨なし魚事業として、ユーザーの視点から「骨なし魚開発」に着手し、今では5つの
製造特許を得ています。ちなみに骨なし魚の品質を保つためにエックス線検査も行います。


大冷(2833)事業別売上分析
↑クリックで拡大します


ミート事業では、医療食ルート開拓や国産豚肉や内臓系を使用した新商品の開発を進めています。
その他事業では製造販売委託先から提案を受けてきた商品開発をして販売してきた惣菜等の
調理冷凍と水産品等を取り扱っているようですが、リスクの割に利幅が少ないため売上を
政策的に減らしていきたいとの事です。
取引先大手に日清医療食品があり売上高に占める割合は10%~11%となります。
(2013年度売上⇒ 骨なし魚事業48.9%、ミート事業8.8%、その他の事業42.3%)



大冷(2833)初値予想1800円



【幹事配分】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1,275,000株
みずほ証券   75,000株
SMBC日興証券45,000株
SMBCフレンド 30,000株
丸三証券  30,000株
エース証券 15,000株
SBI証券  15,000株
マネックス証券15,000株

※カブドットコム証券で取扱あり(三菱UFJMS委託)


【業績等の概要】
売上高26,341,948千円(前期比1.2%増)
営業利益1,660,245千円(前期比13.3%増)
経常利益1,649,676千円(前期比15.9%増)
当期純利益896,622千円(前期比5.7%増)


ロックアップは90日間となり倍率記載はありませんでした。
ベンチャーキャピタル保有も見当たりませんし、ストックオプションもありません。
配当は50円予定なので2.7%の利回となります。
詳細⇒ 大冷(2833)IPOが東証2部へ!新規上場承認記事へ


PERを参考までに出してみますと約8.88倍となります(1800円算出)
仮条件が上げられましたが意外に低い数値だと解りました。
それでもIPO的な初値パフォーマンスには期待が出来ない案件だと思います 
SBI証券のIPOチャレンジポイントだけは忘れずに頂きたいと思います!






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事