ポバール興業(4247)初値予想考察記事になります。
IPO的に地方上場はNGですが、吸収金額が極端に少なくどうですかね?
仮条件が想定発行価格を上回っている事はIPO的にもgoodですが2部なので
参加される方は、割り切っての参加が好ましいでしょう~


業種:化学
市場:名証2部
公開予定:06/25
BB期間:06/09~06/13


【事業内容】
当社及び子会社3社(POVAL KOBASHI(THAILAND)CO.,LTD.、POBAL DEVICE KOREA CO.,LTD.、博宝楽輸送帯科技(昆山)有限公司)により構成されており、工業用ベルト、ガラス研磨用部材等の樹脂加工品の製造・販売を主たる業務としております。


まとめると⇒ 工業用ベルト、ガラス研磨用部材等の樹脂加工品の製造・販売等


【資金使途】
上記の手取概算額204,900千円及び「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限32,085千円の合計手取概算額上限236,985千円については、プレス機械、ボイラー等の設備投資に198,985千円(平成27年3月期に33,800千円、平成28年3月期に135,000千円、平成29年3月期に30,185千円)、また、太陽光発電に係る設備投資に38,000千円(平成27年3月期に全額)を充当する予定であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。   



100株単位
公募株数 250,000株
売出株数 0株
合計枚数 250,000株(2500枚)


想定価格 930円 ⇒ 9.3万円必要!
仮条件  930円~980円


【幹事団】
東海東京証券
東洋証券
安藤証券  
マネックス証券


       
-----------------------------------------------------------------


想定発行価格は930円でしたが、仮条件上限は980円に引き上げれれています。
東海東京証券主幹事なので、益々微妙案件となりますでしょうか。
仮条件上限算出の吸収金額はオーバーアロットメントを含めても約2.8億円の
小粒案件となります。


ポバール興業(4247)初値予想考察
↑クリックで拡大します


ポバール興業初値予想は1020円程度
↑クリックで拡大します


ポバール興業は海外での売上が3分の1程度あり欧州でも企業展開しています。
今後の売上見通しは増益見通しですが、それなりのコストがかかるようです。
老舗企業なので安定的ではありますが、急に売上が伸びる分野でもなさそう。
15年3月期当期利益はコスト増で減益のようです。
(売上構成は、ベルト関連53.2%、研磨関連33.1%、その他13.7%)


ポバール興業初値予想1020円!


           


ポバール興業配当金は30円と予定されており、仮条件上限算出で
約3%程度となっています。
主要取引先は旭硝子株式会社やクラレトレーディング株式会社等


【幹事配分】
東海東京証券 225,000株
東洋証券    12,500株
安藤証券    7,500株 
マネックス証券 5,000株


【業績等の概要】
当連結会計年度の売上高は2,277百万円(前年同期比6.2%増)
営業利益は260百万円(前年同期比52.9%増)
経常利益は274百万円(前年同期比51.4%増)
当期純利益は179百万円(前年同期比165.4%増)


【類似企業】
ニッタ (5186)PER10.84倍
三ツ星ベルト (5192)PER9.07倍
バンドー化学 (5195)PER8.05倍


PERはEPS156.95を基に算出すると約6.24倍となり下値不安はなさそうです。
ただ証券会社によっては取引が出来ない企業もありデメリットですね。
⇒ ポバール興業(4247)IPOが新規上場承認された記事へ


細かく分析をする銘柄でもありません。。。名証の2部は流石に・・・・
と言った感じですし、どうせなら他のIPOでリスクを取りたいと個人的に
思います。公募同値なら御の字でしょうか。


入金10万円+1回取引きで5000円 立花証券IPO取扱いあり
立花証券ストックハウス公式へ
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

※立花証券のIPO口座についてはこちら(四季報最新版)

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】
④ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】