日興アセットマネジメントが年内にもIPOとして上場する記事が載っていました。さらには年内に15社程度の上場観測があり、IPO投資家的にはとてもありがたい記事です。年内に15社が本当に上場するならばそれなりに収益のチャンスがあるので非常に助かります。落選が続くと悔やまれますが、15社のうちネット証券が主幹事をしてくれると貧乏人にもチャンスがあります。

副幹事でもいいので何とかチャンスください~
マネックス証券さんがしてくれると、数年前みたいに爆益?

そう言えば最近は幹事に入らない松井証券も来るかも?
私の勝手な妄想ですけどね。。。
SBI証券は確かに幹事になる事も多いですが口座数が多く当選は厳しい
現実があります。資金が5000万円とか集中できる方はSBI証券でもすぐに
当選できますが、庶民には厳しい現実です。


【トレーダーズ・ウェブ参照】

秋以降の上場観測が慌ただしくなってきた。今のところ9月中に上場する3社が決まっているだけで、10月以降は白紙だが、ブルームバーグは8日、15社が年内に新規上場を計画していると報道。9日には日興アセットマネジメントが主幹事を選定し、年内にも今年最大のIPOとして上場すると伝えた。

親会社は変わったものの、大手系列の運用会社としては初のIPOとなり、グローバルオファリングが前提とのことで規模が大きい。成功すればそのほかの証券会社系列などの運用会社も続く可能性が出てくるだけに、注目される案件となりそうだ。運用会社のIPOということでは、米未公開株投資ファンドのカーライル・グループもIPOを申請した。2社の運用形態は異なるものの、ファンドビジネスが上場するのは世界的潮流のようだ。

また、政府が東日本大震災の復興財源として、東京メトロや日本郵政、JTなど政府保有株の売却を検討するという。売却はまず、既に上場している企業が対象になるだろうが、政権交代以降ストップしていた民営化案件のIPOが進む可能性が出てきた。

そのほかの政府保有の未上場株には、JR4社(北海道、四国、九州、貨物)や成田国際空港、日本航空、高速道路6社(東日本、中日本、西日本、首都、阪神、本州四国連絡)などがある。政策が絡んで難しい案件が多いが、民営化案件は規模が大きいだけに、何とか進んでほしいところだ。



ともかく年末までにIPOで30万円取れたら今年も有難い年となります。なんとなく30万円程度なら儲かりそうな気がしたので30万円です。klabで取り合えず10万は行くのでは?皆さんも一緒に儲かりましょう!

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!