ジャパンケーブルキャスト(9415)IPOが新規上場承認されました。


業種:情報・通信業
市場:マザーズ
公開予定:06/26
BB期間:06/11~06/17


【事業内容】
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び関連会社2社の合計3社で構成され、当社は主に日本全国のケーブルテレビ事業者及び番組供給事業者向けの通信ネットワーク事業を行っております。関連会社2社のうち1社は本届出書提出日現在では特段の事業を営んでおりませんが、株式会社J.COTT(当社出資比率38.8%)につきましては、平成26年4月よりケーブルテレビ向けスマートTVサービスを開始する予定であります。また、当社は、平成25年12月3日付で、連結子会社である良品プラス株式会社を売却しております。良品プラス株式会社では主にテレビ通販・インターネット通販事業を行っておりましたが、本売却により、当社グループは通信ネットワーク事業に特化した事業展開を行っております。

まとめると⇒ 映像、音声、データ配信の専用プラットフォームサービスの提供、ケーブルテレビ専用チャンネルの配信サービス、広告配信サービスの提供等


ジャパンケーブルキャスト初値予想
↑クリックで拡大します


【資金使途】
手取概算額302,331千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限46,297千円については、平成27年3月期中に、HD6チャンネルの配信機能増設のためのデジタルハイビジョンエンコーダーを始めとする番組送出設備関連機材等の購入資金として103,200千円、4K試験放送配信設備新設のための番組送出設備関連機材等の購入資金として94,000千円、IP放送送出システム新設のためのIP放送送出サーバー等の購入資金として25,000千円、残額はスマートTVサービスに係る管理システム新設のための顧客・課金管理インターフェース機能及びサービスプロバイダ料金精算機能の構築に向けたシステム開発資金130,000千円の一部に充当する予定であります。
なお、上記調達資金は、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。 




100株単位
公募株数 307,300株
売出株数 0株
合計枚数 307,300株(3073枚)


想定価格 1010円 ⇒ 10.1万円必要!
仮条件  940円~1010円


【幹事団】
大和証券
野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
水戸証券
SMBCフレンド
東海東京証券
マネックス証券
いちよし証券
東洋証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券


■ ジャパンケーブルキャストのポイント
オーバーアロットメントによる売出し46,000株
想定発行価格1010円を基に吸収金額を算出すると約3.1億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約3.7億円となります。
ジャパンケーブルキャストHP⇒ 放送サービスで地域を元気にします


ジャパンケーブルキャストIPO 業績
↑クリックで拡大します


売上は増益傾向で利益も回復しているようです。
平成24年度は大きな赤字となっていますが、急回復しています。
業績ポイントは、デジタル多チャンネル配信プラットフォームサービスの「JC-HITS」
とHDチャンネル配信数の拡大、データ放送サービス「JC-data」などの拡大
となっています。(独自番組のチャンネル700あり)


会社設立は2002年となり社長は田中慶彦氏です(54歳)
東京都千代田区に本拠地をおいています。
従業員数は49名で平均年齢は36.4歳、平均勤務年数は3.8年
平均年間給与数は約687万円となります。
配当金はありません。


ジャパンケーブルキャスト ロックアップ情報
↑クリックで拡大します


【ロックアップについて】
本募集に関連して、当社の株主であるジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合、創業基金イー投資事業組合、ソネットエンタテインメント株式会社、SBIビービー・モバイル投資事業有限責任組合、起業投資事業有限責任組合1号、創業基金エー投資事業組合、創業基金ビー投資事業組合、創業基金シー投資事業組合、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ アイ五号投資事業有限責任組合、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ アイ六号投資事業有限責任組合、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ i-S2号投資事業有限責任組合、日本生命保険相互会社、ニッセイ・キャピタル3号投資事業有限責任組合、日本電気株式会社、村口和孝、株式会社渋谷ビデオスタジオ、りそなキャピタル成長支援投資事業有限責任組合、株式会社ヒューマックスコミュニケーションズ、ブロードメディア株式会社、松竹ブロードキャスティング株式会社、株式会社東北新社、日活株式会社、りそなキャピタル株式会社、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ i-S3号投資事業有限責任組合、株式会社IMAGICA ティーヴィー及び日本テクノロジーベンチャーパートナーズ i-S1号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成26年9月23日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。 



ロックアップは90日間で1.5倍で解除となっています。
VCがいますので注意したいところですが、人気IPOとなると思いますので
まずは当選する事を考えた方がいいでしょう。
フリークアウト(6094)の次に盛り上がりそうです ^^
上場日近辺には他の銘柄もあり少し損をしそうですが、全力で取りに行きます!
公開株数が少ないので容易には当選できませんが、直近上場のマザーズ小粒
IPOは欲しいです。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事