2月20日の権利日獲得は15日となっています(2011年)
10銘柄ほど見ましたがあまり私には関係が無い優待が多かったので
1銘柄のみ取得することにしました。

イオンモール(8905)
100株→  3000円相当のギフトカードもしくはカタログギフト
500株→  5000円相当のギフトカードもしくはカタログギフト
1000株→ 10.000円相当のギフトカードもしくはカタログギフト
イオンモール (8905)

イオンモール株主優待をただ取りするには松井証券の一般信用を使います。
一般信用は逆日歩がかからないのでとても重宝しますね。
そもそも株主優待を取得するには現物株式を権利日に保有しておかなければいけません。
しかし、権利日の翌日は同じ考えの方が多く株価が下落する事が考えられます。
ここで信用取引を使った簡単な手法を使うのですね~

現物株式と信用取引を使って優待を取得します!

現物株式(買い)信用取引(売り)の株価が同値であれば損失はありません。
(厳密には手数料と配当調整・売建て金利が発生します)
と言うことで「寄り付き」や「引け」で同値注文を出せばよいわけです。
一般的には成行きで出す方法が好ましいと思いますが、慣れた方だと手数料なども
美味く利益を出しながら優待までただで取得できます。
私も何度かチャレンジしましたが損失になったことは運よくありません ^^
ただ仕事をしていると無理なので無難に成行き注文が望ましいかもしれませんね。

イオンモール
*525円の手数料で3.000円分の優待GET

美味く同値でポジションが持てたらその日(権利日)は終了です。
これにより株主優待を得ることが出来ます。
そして現渡し(無料)をすれば全てが完了します。
ここでお気づきだと思いますが、手数料がポジションを持った時にしか
発生していません。

また一つこの作業で重要な事があります。
それは一般信用を使うことです。信用取引には一般信用無期限)と制度信用
があります。制度信用を使うと逆日歩が発生してお金を徴収される事が
あり株主優待以上のお金を支払うこともまれにあります。
この辺りは経験が必要になってきます。
ともあれ一般信用が使える企業で株主優待を取得する方法を使うと株主優待
ただで貰える事になりますね。

あまり美味く記事を書けてはいませんが、イオンモール株主優待を例に「ひろみさん」からのご質問を記事にしてみました。
一般信用は、松井証券カブドットコム証券で使えますのでどちらも口座を開いておいた方が良いと思います。
どちらを使うかはご自分の取得したい銘柄と金額により選ぶ事をお勧めいたします。
制度信用では、GMOクリック証券や岡三オンライン証券などをお勧めいたします
(手数料的に優位)








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事