シンプロメンテ(6089)IPO初値予想考察記事になります。
外食系のIPOだが市場からの吸い上げが少なく需給は良好になるでしょう。


業種:サービス業
市場:マザーズ
公開予定:12/19
BB期間:11/29~12/05


【事業内容】
当社は、大手飲食チェーンや物販・小売チェーンを主要顧客として、店舗における内外装及び各種設備・機器の不具合に対して、顧客本部に代ってメンテナンスを行うことを主たる業務としております。具体的には、全国の店舗からのメンテナンス依頼を当社で受け付け、依頼の種類、地域、内容等に応じて、全国の4,000社を超える当社協力業者(メンテキーパー(注1))から適切な業者を選定・手配し、店舗の各種設備等の不具合を解決するメンテナンスサービスをワンストップで提供しております。

まとめると⇒ 店舗、厨房設備の維持・保全の為のトータルメンテナンスサービス業


【資金使途】
手取概算額162,440千円及び「1新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取り概算額43,953千円と合わせた手取概算額合計206,393千円については、システム投資として50,000千円(平成27年2月期に30,000千円、平成28年2月期以降に20,000千円)、運転資金に156,393千円(平成27年2月期に35,000千円、平成28年2月期以降に121,393千円)に充当する予定であります。


100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 150,000株
合計枚数 350,000株(3500枚)


想定価格 910円 ⇒ 9.1万円必要!
仮条件  910円~950円


【幹事団】
みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
岩井コスモ証券
SBI証券
SMBCフレンド
岡三証券
いちよし証券
マネックス証券


ブログランキング~ >> 
-------------------------------------------------------


仮条件が910円~950円に決定しました。
これにより40円ですが想定発行価格よりも高く設定されております。
吸収金額もオーバーアロットメントを含めて約3.7億円から約3.8億円と
なります。


シンプロメンテ IPO 初値予想
↑クリックで拡大します


大手飲食チェーン店や小売チェーン店に対して店舗内外の設備や器具のメンテ
をしている企業でメンテナンスキーパーと呼ばれているそうです。
メンテには緊急メンテと予防メンテがあり、トラブルや依頼により異なる。


シンプロメンテIPO 取引先
↑クリックで拡大します


外食産業分野のIPOの初値ってあまり上がらないのですが、今回は便乗で
多少人気になるのではないかと思っています。
シンプロメンテIPOの初値予想は2倍の1900円
今期は増益みたいですが成長力が弱いようです(メンテですもんね・・・)


【幹事配分】
みずほ証券(主幹事)  280,000株
SMBC日興証券(副幹事) 24,500株
岩井コスモ証券 14,000株
SBI証券     10,500株
SMBCフレンド  7,000株
岡三証券      7,000株
いちよし証券    3,500株
マネックス証券  3,500株


【業績等の概要】
売上高は2,874,704千円(前年同期比15.8%増)
経常利益102,580千円(前年同期比44.9%増)
当期純利益は53,195千円(前年同期比46.7%増)


【類似企業】
インターライフホールディングス(1418)PER19.81倍
ジャパンベストレスキューシステム(2453)PER47.24倍
日本空調サービス(4658)PER12.57倍


シンプロメンテPERは11.7倍程度になります。
ロックアップは90日間で1.5倍解除となっています。
確認⇒ シンプロメンテ(6089)IPO新規上場承認されました記事へ
吸収金額が少なく枚数もそこそこなので4社同日上場でも大丈夫でしょう。
あまり魅力もありませんが低単価で好む方もいるかもしれませんね~


シンプロメンテ副幹事のSMBC日興証券 私はネットだけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!