象印マホービン(7965)が東証1部上場となります。
なぜ東証2部に居座るのか昔から疑問でしたが重い腰を上げたようです。2016年の株高で公募増資(売出)をすればよかったと思いますが、市場は好感しているようなので株価が急ピッチで上げているようです。






項目 内容
価格決定 1月24日~1月30日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日
受渡期日 2月05日
公募株数
売出株数 3,517,800株
オーバーアロットメント 527,600 株
主幹事 野村證券


【日本経済新聞】

東京証券取引所は15日、市場第二部上場で象印マホービン(7965)の市場区分を2月5日付で市場第一部に変更すると発表した。

併せて象印は同日、普通株351万7800株(議決権に対する割合5.22%)を売り出すと発表した。象印のオーナー一族が出資する協和興産が保有する同数の株式を野村証券が買い付け売り出す。売り出し価格は24日~30日のいずれかの日の株価をもとに決定する。オーバーアロットメントによる追加売り出し(52万7600株)も需要に応じて実施する。受け渡し日はいずれも2月5日


既に東証1部だと勘違いされるようなメジャー企業です。
なぜ東証2部なのか色々な雑誌等で紹介されていたように思います。アジアや北米の売上が好調のようです。
我が家でも子供の水筒で使っています。炊飯器も最近買い替えたので見てみると・・・パナソニックだった(笑)
前の炊飯器が象印だったみたいです。


売出しの目的は、株主を増やすことと流動性の向上を目的としています。
売出し人は協和興産の1社で、3,517,800株となります。
株価は高くなっているため今後の展開予想はしずらいように思います。出来高もあるため下ってくることは無いのかもしれません。