バルテスIPOがいよいよ上場します!そして東証から気配運用が発表されました。また大手予想の最終判断は上場当日に初値が付く見通しとなっています。持ち越すと逆に売り気配濃厚のようです。660円の株は当日上限の2.3倍あたりまで上昇するのか?令和IPOとして初の銘柄の爆上げを期待したい。


バルテスIPOの最終予想


項 目 気配運用の内容
板中心値段 660円(公募・売出価格)
上限値段 1,518円(更新値幅33円、更新時間10分)
下限値段 495円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 165円以上、2,640円以下


初値予想最終1,558円!


SBI証券でIPOチャレンジポイント当選は200株となってしまいました。100株につき89,800円の利益見込みです。そして当選ボーダーが295Pあたりになるそうです。ポイントボーダーが引き上がっていることが気がかりですね。


同じくSBI証券が主幹事を引受けているブランディングテクノロジーインフォネットはどうなるでしょうか。アンケートを取らせて頂いた感じではブランディングテクノロジーが400Pを超えてくるという方が多いようです。


2018年のIPOチャレンジポイント全プレ移行確実にインフレ状態にありますが、先に使ってしまった方が沢山いることを願いたいです。400Pは遠い道のりです。


クラウドバンク


ところでバルテスIPOは1ヶ月間の空白期間があり、令和1号案件のご祝儀相場になる可能性もあり注目を集めているそうです。直近に上場した銘柄の中には大きく育ったものもあります。既に公開価格に対して3倍以上の銘柄もあります。


バルテスはロックアップが1.5倍で解除され、85万株程度のロックが外れるため大きな売り圧力となります。ミンカブ・ジ・インフォノイドのように売りに押されるだけではないと思いますが、VC保有分の株主が入れ替わった後の動向は注目ポイントだと思います。


同社事業は「ソフトウェアテストを中心としたソフトウェアの品質に関する総合的なサービスの提供」となっているためIPOにおいては人気です。しかし人材問題が重くのしかかり利益を今後も圧迫する可能性があります。新人の研修費用に経費が掛かりすぎるようです。


結局どうなるのかわかりませんが、IPOに当選された方は承認時点よりも利益が出そうです。おめでとうございます!初値は公開価格2.3倍プラス1回分の更新を入れた1,558円以下で成立予想となっています。


DMM.com証券がIPO取扱いをついに発表しました! 【前受け金不要で抽選に参加できる】
⇒ 株をはじめるなら、DMM.com証券

【DMM 株】口座開設

※DMM.com証券のIPO抽選ルール完全版【DMM株は抽選に前受け金不要だ】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事