ソフトバンク仮条件がついに決定しました。承認時に公開された情報と株数などの変更は行われないようです。そして仮条件範囲は存在せず1,500円の設定なのか?東証からまだ発表が行われていませんが、ソフトバンクグループから既にIRにて発表されています。ひょっとしてイレギュラー発表?


東証から15時30分あたりに仮条件が更新され、1,500円の一本に決定しました。ワンプラス仮条件はこれまでIPO投資を行ってきて初めての出来事だと思いいます。ちょっと新鮮ですが、これで公開価格以上の初値が付きそうな気がします。配当利回り5%は凄いですね。


ソフトバンク仮条件決定


【ソフトバンクグループ公式サイト抜粋】

2018年11月12日開催の当社取締役会において承認いたしました株式の売出しにつきまして、ブックビルディングの仮条件等が未定でありましたが、本日開催の取締役会において、下記のとおり承認する旨決議いたしましたので、お知らせいたします。仮条件1株につき1,500円

売出価格は、上記仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2018年12月10日に決定されます。当該仮条件が今後変更される場合は、その変更の承認について当社代表取締役 社長執行役員兼CEO宮内謙に一任いたします。また、売出株式数についても今後変更される可能性があり、その承認についても当社代表取締役社長執行役員兼CEO宮内謙に一任いたします。売出価格及び引受価額の承認についても、当社代表取締役社長執行役員兼CEO宮内謙に一任いたします。

①当社普通株式 1,603,693,700 株(引受人の買取引受けによる売出し)(うち引受人の買取引受けによる国内売出し1,427,287,400株、海外売出し176,406,300株)最終的な内訳は、上記総売出株式数の範囲内で、需要状況等を勘案の上、売出価格決定日(2018年12月10日)に決定される予定であります。また、総売出株式数については変更となる可能性があります。②当社普通株式 上限160,369,400株(オーバーアロットメントによる売出し)



上場規模や海外配分なども承認時のままで上場に挑むようです。高配当により個人資産を取り込むために仮条件引き上げは行われなかったようです。某社の1,700円説は何だったんでしょうか?


2018年11月30日のNTT(9432)の配当利回りは3.63%になり、KDDIは3.75%になります。ソフトバンクをあてはめると19万円初値も見えてくる?それは無いと思いますが、初値17万円として配当利回りは4.41%になります。配当だけ見れは面白い展開が期待できますが、どうなるでしょうね。


【追記】
日本経済新聞を見て初めて知りましたが、仮条件が一本値になるのは現行の制度では初めての出来事になるそうです。特例と言うことだと思いますが、仮条件が数十円ブレるだけでも数億円が変わってくるため様々な問題があるようです。安定的に株を販売したい証券会社の思惑もあるようです。


これにより公開価格超えになりそうだと考えていますが、配当利回りや今後の株主優待設定などの思惑も交差し初値が高くなると嬉しく思います。証券会社にっては「販売に目途が付いた」企業もあるようです。ブックビルディングは12月03日から開始されるため支店に電話をして情報を引き出してみます!


ソフトバンク(9434)IPO幹事入りしました! 【完全平等抽選のマネックス証券】
⇒ マネックス証券公式へ