霞ヶ関キャピタル(3498)最終初値予想と気配運用記事になります。公開株式が少ないため初値もぶっ飛びとなりそうです。同社はマザーズ市場へ上場し、業績の急拡大もあり注目されているようです。自然エネルギー事業というテーマと急成長している業績がポイントです。ただ類似企業も存在し、今ではそれほど珍しくない太陽光発電(再生エネルギー)となっています。


IPO空白期間がしばらく空いたことにより、投資家の関心は高いようです。上場後も2週間ほど空白期間が生まれるため日程でも妙味ありです。個人的にもこれから上場ラッシュに入るため、ぜひ頑張ってほしい銘柄です。抽選結果は落選となりました。


霞ヶ関キャピタル(3498)気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 3,240円(公募・売出価格)
上限値段 7,460円(更新値幅165円、更新時間10分)
下限値段 2,430円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 810円以上、12,960円以下


最終初値予想6,000円~7,000円


想定発行価格3,660円から仮条件が大きく引き下げられたことで、人気がないのか?と思いましたが、そうではなかったようです。自然エネルギーは2倍成長となるようですし、不動産コンサルティング事業も好調に推移する予定だそうです。平成29年11月に宅地建物取引業者免許を取得していることで、事業拡大が継続となるようですね。


再生エネルギーで株価が急上昇したレノバ(9519)を彷彿させる銘柄でまとまった買いが見込めるのか?というところにも注目しています。個人的にはセカンダリーに入ることはありませんが、値動きにドラマがあるため見ているだけでも面白いと思います。期待しています!


再生エネルギー銘柄レノバ(9515)


上記はレノバの1年チャートになります。PER94.96倍、PBR11.16倍となっています。比較するのもどうかと思いますが、参考に霞ヶ関キャピタルのPERを計算すると約12.30倍、PBR3.14倍になります。比較では割安になりますが、初値2倍でインできる方の精神力と経済力に頭が下がります。


今年も思いもよらない展開になる銘柄が多数出ていますが、年末も楽しませてくれそうです。霞ヶ関キャピタルを入れて年末までに20銘柄の上場があります。これから抽選が行われる銘柄も19銘柄あるため、まったく当選しないことはないでしょう。


数銘柄は当選できそうな銘柄があるため最後まで期待したいと思います。S級やA級銘柄に1つでも当選できれば年末年始の出費も怖くないかも?霞ヶ関キャピタルは7,000円を超えてくる可能性もあるためご当選された方はおめでとうございます。


IPO申込が前受け金不要の証券会社! 【幹事入りでこれから期待できる】
⇒ ライブスター証券公式サイト(特典付き)

ライブスター証券タイアップ