SBI証券で三井住友カードを利用して投資信託の積立ができるようになりました。いわゆるクレジットカード払いを利用したクレカ積立になります。


楽天証券では以前より楽天カードを利用したクレジット払いで積立ができていたため、個人的に驚きはありません。


逆についに登場したんだと感じる程度でした。しかし内容を詳しく確認すると「これってお得じゃん?」と思ったため情報共有したいと思います!!


SBI証券で三井住友カードを利用したクレジットカード積立
※SBI証券公式サイト引用


クレジットカードを利用した投資信託購入の醍醐味はポイ活ができることです。現金で投資信託の積立を行ってもクレカポイントは貰えませんからね。


またクレジットカード積立の最低投資金額が100円からとなっていることから小額投資が可能です。貯まるポイントは「Vポイント」になります。


ポイントは投信マイレージによるポイントをダブルで獲得できる仕組みとなっているため、三井住友カードを持っている方にメリットが高いと思います。


これからクレジットカードを利用して投資信託を積立たいと思う方も多いでしょう。


SBI証券で三井住友カードを利用し投資信託を購入するメリットを調べてみた

SBI証券で三井住友カードが使えることは大手メディアで既に公開されいたため驚きはありませんでした。


そこでクレジットカードを利用した積立のメリットをピックアップしてみます。投資信託を非課税で積立てることもできるためメリットが高そうです。


三井住友カードでSBI証券の投資信託が買える
※三井住友カード公式PDFから引用


  1. 一度設定を行うと毎月自動で積立が可能
  2. NISA、つみたてNISA預りによる投信積立ができる
  3. クレジットカード決済による「Vポイント」と投信マイレージによるポイントをダブル獲得できる


NISA、つみたてNISA預りを利用した投資は将来的にメリットがありそうです。非課税になるためリータン期待が高くなります。


逆に損失の場合は非課税だと損益通算の面で困ることがあります。この辺りは投資家のスタンスだと思います。


また三井住友カードに新しいクレジットカードが登場しています。年間費が永久無料になり、最大5%のポイント還元となっています。CMでも大々的に宣伝しているためご存知の方も多いと思います。


大型のキャンペーンも行われているため、投資信託の積立を考えている方は今がチャンスだと思います。

投資信託って儲かるの?シュミレーションを確認してみました

投資信託は株と一緒で銘柄により値動きが異なります。ネット検索を行うと有名な投資信託がすぐ出てくるため初心者の方は比較サイトなどで調べるとよいと思います。


SBI証券の公式サイトには「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」を例として積立イメージ画像が出ています。


SBI・V・S&P500インデックス・ファンド積立シュミレーション
※SBI証券公式サイト引用


シュミレーションでは210,000円の投資金額が278,524円になり、32.6%増という結果が出ています。


毎月1万円を積立ていただけでこの結果は素晴らしいと思います。市場動向に関係があるためこのような結果になるとは言えませんが、その期待はあると思います。


SBI証券の三井住友カードを利用した積立投資ができる対象顧客を調べました

これからSBI証券で三井住友カードを利用しようと考えている方に向けて、クレジットカードで投資信託の積立ができる条件を調べてみました。


項 目その内容
対象となるお客さまSBI証券の証券総合口座をお持ちの個人のお客さま
対象商品SBI証券が取り扱う積立買付が可能な投資信託すべて
使用可能なクレジットカード三井住友カードが発行するクレジットカード
※提携カードを含む
預り区分特定、一般、NISA、つみたてNISA
※ジュニアNISAは対象外
積立設定金額毎月100円から50,000円まで
積立設定締切日および発注タイミング毎月10日に積立設定申込を締め切り、翌月1日に発注
クレジットカード決済によるポイント付与投信積立額の0.5%のVポイント
スタートダッシュキャンペーン期間は終了
Vポイント付与日積立設定締切日の当月末頃


毎月100円~50,000円までの積立金額になります。


また注意点として、Vポイント以外の独自ポイントが貯まるカードは「三井住友カード つみたて投資」の決済は可能だけど、Vポイントの付与は行われません。


預かり区分も柔軟に対応しているためデメリットと言えるようなところはなさそうです。


ただし、対象顧客は個人だけとなり法人口座の方は対象外となっています。


SBI証券で三井住友カードを登録する方法を調べてみました

クレジットカードの登録方法は、SBI証券の公式サイトに詳しく書かれているため、その手順に従い申込を完了させれば簡単だと思います。


多くの方は確認しなくても画面に従えばわかるはずです。そのため要点だけ書いておきたいと思います!


SBI証券クレジットカード登録画面
※SBI証券公式サイト引用


投資信託買付けのタブでクレジットカードを選択する流れになります。「登録する」のボタンを押すとクレジットカード登録画面に進みます。


【クレジットカード登録方法】
  1. クレジットカード登録画面を表示
  2. サービスに関する規約の確認と同意
  3. VpassID・パスワードでログインし、本人確認を行う
  4. 本人確認ができたカード番号を入力して完了


投資信託を買い付ける場合は買付け銘柄に移動し、決済方法をクレジットカードにするだけです。


発注画面で積立の設定もできます。


SBI証券で投資信託をクレジットカードで注文する画像
※SBI証券公式サイト引用



クレジットカードを登録する作業が済めばあとは簡単だと思います。


三井住友カードのVポイントはどうやって使うのか?

三井住友カードのVポイントのことを知らない方もいるかもしれません。そもそもポイントを貰ってどんな事ができるのかわかりませんよね。


三井住友カードでVポイントを使う方法
※三井住友カード公式サイト引用


Vポイントはネットショッピング店舗、コンビニなどで利用でき、1ポイント1円で利用することができます。


この他にもVisaプリペイドカードへチャージしたり、クレジットカードの支払金額にキャッシュバック(充当)することも可能です。


また、景品や他社ポイントにも交換可能となっており、使い方次第では強い味方になりそうです。ただポイントってたくさん種類があるためコンビニなどで利用したほうが便利だと思います。


ライフスタイル次第でしょう。Vポイントの利用には専用スマートフォンアプリが必要になるため覚えておきましょう!!


SBI証券のクレカ積立でVポイント付与率が最大5.0%へ大幅引上げ!

SBI証券でクレカ積立が始まっています。気になっている方は詳細を確認して申込を行うとお得だと思います!


SBI証券でつみたて投資を行うとVポイント付与率が最大5.0%


三井住友カード プラチナプリファードのVポイント付与率が2.0%から業界最高の5.0%に引き上げることが決定しました。


通常の年間費無料カードは対象となっていません。この辺りは残念かもしれません。キャンペーンが短期的に行われる可能性も今後あるかもしれません!


項 目その内容
キャンペーン期間2023年1月10日(火)の積立設定分から
キャンペーン対象者プラチナプリファードで「三井住友カード つみたて投資」を利用している方、および新しくプラチナプリファードで「三井住友カード つみたて投資」を始める方が対象
キャンペーン内容三井住友カード プラチナプリファードの場合は5.0%


キャンペーン期間は継続となるようですが、お申込み前に確認しておきましょう。


特段のお手続きは不要となっています。


プラチナプリファードへ切替えを行う場合には、SBI証券のクレジットカード登録画面で手続きが必要だそうです。


【追記】
新しいキャンペーンが始まっているためご紹介します。2022年12月21日~2023年4月30日まで最大8,000円相当のプレゼントが行われています。定期的に内容が更新されているため詳細は公式サイトで確認したほうがよさそうです。学生の方には別途お得なキャンペーンが行われている場合があります。


三井住友カードでキャンペーンが行われていた!投信積立の前にチェック

SBI証券に口座開設している方はクレジットカードによる投資信託積立は見逃せないかもしれません。


また、三井住友カード公式ページではキャッシュレスプランについて案内がありました。


三井住友カード年間費無料でVポイント貰える
※三井住友カード公式サイト引用


期間については公式サイトで確認をお願い致します。キャンペーン期間は長く設定されていますが延長や変更の可能性があります。


【三井住友カードキャンペーン】
  • 申込期間は2022年12月21日(水)~2023年4月30日(日)
  • 最大15,000円相当のVポイントプレゼント
  • さらにVポイントギフトコード1,000円分
  • カード入会月+2ヶ月後末までカード利用金額に対し15%を乗じた金額相当のVポイントを利用月の翌月末までにプレゼント


プラチナカードやゴールドカード以外のカードだと年会費が無料になります。


そして入会月+2ヶ月後末までカード利用金額に対して15%のVポイントが貰えます。上限が15,000円となっているため気を付けましょう。


Vポイントギフトコードは、スマートフォンアプリ「Vポイント」でチャージすることにより利用できるギフトコードです。多分、2種類用意されたのは利用者を増やす目的なのでしょう。


Vポイント最大5%還元
※三井住友カード公式サイト引用


それとコンビニやマクドナルドの支払いで三井住友カード(NL)を利用するとプラス還元となります。


さらにVisaのタッチ決済を使って支払うと利用金額200円につき4.5%ポイントが還元されます。条件があるため公式サイトで確認してください。


複合的にキャンペーンが行われているため面白いですよね。少し面倒だと思いますが利用者は大きなポイント還元を受けることができそうです。


SBI証券で三井住友カードを利用したクレカ積立のまとめ!!

SBI証券と三井住友カードがタッグを組み実現したサービスが開始されました。益々クレジットカードを利用した投資が加速化しそうです。


ポイ活を行っている方にはメリットしかなさそうです。ただポイント系は管理も重要になるため自分が参加しているキャンペーンの内容を常にチェックしておきましょう。


クレカ積立のまとめ
※三井住友カード公式サイト引用


今回のサービスをまとめると下記のことが言えると思います。


【まとめ】
  1. SBI証券の口座開設費用は無料
  2. 三井住友カードは年間費が永久無料
  3. クレジットカードを利用するとポイントが貰える
  4. 特定のお店ではポイント上乗せ
  5. キャンペーン利用でVポイントが上乗せされる!


今回のキャンペーンに参加される方はSBI証券の口座を既に持っている方が多いはずです。


また公式サイトでは複合的にキャンペーンが行われているため、ライフスタイルにより参加するとさらにポイント還元を受けることができます。


クレジットカード積立はサービスの一環であり、投資信託に興味がない方でもポイ活している方には面白いサービスだと思います。


クレジットカードをまだ持っていない方は今回のキャンペーンがクレカ作成のきっかけになるかもしれません。特にデメリットとなることはないと考えられるため興味があれば参加しておきましょう。


投資信託の積立だけがVポイント付与の対象ではないため私生活でも貯めておきましょう。詳しくは公式サイトで確認をお願い致します。キャンペーン内容が頻繁に入替っています!!


クラウドバンクに6年投資し元本回収率100%の実績

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。