大英産業(2974)のIPOがいよいよ発進します。しかし、初値は公開価格割れの予想が出ているため当選者は厳しい環境のようです。不人気の不動産セクターでエイチ・エス証券主幹事になるためやや厳しい展開でしょうか。やはり福証で6.84億円の吸収は少し厳しいのかもしれません。


大英産業(2974)上場直前


項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,520円(公募・売出価格)
上限値段 3,500円(更新値幅76円、更新時間10分)
下限値段 1,140円(通常の更新値幅、更新時間5分)
注文受付価格の範囲 380円以上 6,080円以下
※初値決定後については、当該初値を基準値段として適用される制限値幅となります


上場直前の初値予想1,398円!


私は主幹事から参加していませんが、ネットでは当選者をお見かけしました。さらに当選者や落選者に営業の電話をかけて配分を行うような記事を見かけたのでもしかして割れるの?と考えていました。


そしてそれは明日現実となるかもしれません。なぜ1,398円なのかな?と考えたところ幹事引受価格が1,398.4円になっていることを発見しました。シンジケートカバーによる買い支えですね。


オーバーアロットメントは15,000株なのでどうなるのでしょうか?もしかしてこの地合いなので大きく割れる可能性も?この辺りは主幹事の考えようですが、地方上場で7億円弱の吸収額は無理があるのかもしれません。


このような予想が出ると積極的に買い向かう方も少なくなる傾向があるためヒヤヒヤします。今晩のNYダウ平均が爆上げでもそれほど買われないと考えています。精神的には安定する投資家も多そうですが、わざわざ大英産業を買う投資家は少ないでしょう。


ただ、知らないうちに上げてくるパターンが地方上場銘柄では多いため長期ホールドなら勝てるのかもしれません。すべては投資家の判断によるものですが、不動産セクターは現在のところ厳しい環境にあります。


また、余談ですがネオモバイル証券の200Pが今月も反映されたので余っているTポイントを使ってディア・ライフ(3245)を2株注文してみました。先日はタマホームを1株売却し少し利益が出ました。


気が付いたことは、端株を50万円までなら何度でも売却できるので売買を繰り返さないと損です!ただ面倒なので放置することも多くなりそうです。結構入れ替えすると思いますが、権利確定月をまたいで損失になった銘柄もあります。


権利日前に売ったほうが利益が出ますね。損失額は64円なのでしれてますが、Tポイントで利益を求めると大金です。


日本初のTポイントで投資ができるサービスが開始です! 【月額16円の管理料からOK】
⇒ SBIネオモバイル証券公式

SBIネオモバイル証券






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事