Retty(レッティ)が明日上場します。事前評価は買い上がると予想されていましたが、もしかすると売り気配で始まる可能性もあるそうです。基本的に利益が見込めるようですが公募組は心配しているかもしれません。


個人投資家には人気となっていますが、機関投資家の動向が読めないみたいです!買われる材料としては、上場後にVC保有が殆どないため安心できると言われています。


Retty(レッティ)IPOの最終初値予想
※Retty公式ページ引用


項 目気配運用の内容
板中心値段1,180円(公募・売出価格)
上限値段2,714円(更新値幅59円、更新時間10分)
下限値段885円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲295円以上、4,720円以下


東京証券取引所から発表された気配運用は上記のようになります。10分間で59円の気配更新となっています。


そもそもコロナ禍によりRettyの業績は黒字から赤字へ転落しています。無理やり上場する感がどうしても否めません。そして同社へ出資を行っていたベンチャーキャピタルの殆どが売出し株に応じています。


完全に売り抜けスタイルとなるIPOとなるためイメージが悪いと思います。上場規模はマザーズとしては大きく約65.4億円、時価総額は127.6億円になります。


マザーズ指数は1,350ポイントから1,200ポイントへ下落し何とか持ちこたえている状況です。NY市場が連日暴落となっても日本株が強く推移していることは安心材料です。


また競合会社にあたる、ぐるなび(2440)が2020年10月28日大引け後に決算を発表しています。21年3月期第2四半期累計の連結最終損益が54.4億円の赤字転落すると発表し、29日の株価が暴落しています。引け値で-17.33%もの下落となっています。


通期の業績予想は連結最終損益が95億円の赤字になる業績予想も発表しています。新型コロナウイルス感染症が直撃したためです。ぐるなびが赤字なので同社の業績も不安です。


この他、本来行われるはずだった親引けが減らされていることも悪材料になりそうです。さらに海外配分は全体の18.5%(1,026,300株)となっており、海外ではあまり人気とならなかったようです。


買われる材料としてはGoToイートへの期待や、Zホールディングス(4689)が同社を支援することを発表していることでしょう。


Retty(レッティ)の最終初値予想はこうなる!

Rettyの大手初値予想は1,500円となっていますが、何が起こってもおかしくないと言った表現が付け加えられています。


言い換えれば公開価格割れになってもおかしくないと言うことだと理解できます。


また、上場承認時から言われていますが同社は最後発企業になるため、ヤフー支援が行われると考えても成長に疑問が残ります。


「食べログ」「ぐるなび」と比較した場合は、売上が10分の1以下になっているため企業規模も不安があります。食べログ運営企業はカカクコム(2371)です。ついでに「ホットペッパー」はリクルート系列になります。


私は利益が出ると思いブックビルディングに積極的に参加を行いましたが、IPOに当選していません。読者の方は当選を頂いた方も多かったようです。


某紙の盛り上がっているのは個人投資家だけ?と言った内容が気になっています。詳しい事業内容や業績などは下記記事でまとめています。
Retty(レッティ)7356のIPO上場承認と初値予想


資金回転で安定的な資産をローリスクに手に入れる方法

IPOに当選できなかったためFunds(ファンズ)に投資を行ってみました。運用資産は512,747円になっています。


サービス開始時に50万円の入金を行い現在は12,747円増えています。税金は自動的に引かれるため確定値になります。


底地くんファンド#3に投資Funds(ファンズ)


抽選で5,000万円の募集が行われており、申込み者がまだ少なかったので当選できると考えました。総額1億円の募集になるため残りの5,000万円が先着順になります。


運用予定期間は11ヶ月となっています。別のファンドに申込を行うつもりでしたが申込みができなかったため、底地くんファンドへ投資を行いました。


その金額はわずか10万円です!利回りが低いと感じたたため何となくの金額です。最近は利回りが低くなっているため投資先を悩みます。3%位あれば嬉しいですね。


ただ上場企業が絡んだファンド組成になるため投資リスクは低いと思います。元金変動がないためお金が余っている方はお勧めの投資だと思います。


Funds(ファンズ)の藤田雄一郎氏に、利回りが高くならないのかお聞きしてみたので、よかったら下記記事も参考にしてください。


1円から投資できるため分配金も投資に回せる凄い企業なんです!利回りが低いけれど安全に資産運用ができる特徴があります。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!