日総工産(6569)IPO申込スタンスを決めました。
みずほ証券主幹事なので申し込めば当選する可能性は高い気がしています。三菱UFJモルガン・スタンレー証券もそれなりに当選確率は高いと考えています。マネックス証券も13,700株あるためチャンスかもしれません。


日総工産IPO申込スタンス


日総工産(6569)の初値予想記事に詳細は書いていますが、業績見通しは良く、株主構成も問題ないため積極的に申込みを行っても良いと感じています。ただ心配なのは日々の株価変動率が大きいため、上場前に大きく崩れた場合の心配です。


2017年12月のようにイケイケ市場ではないためそのあたりが悩みどころですね。
詳しくは下記に記事を追記しました。
⇒ 日総工産(6569)IPO新規上場と初値予想


仮条件が引き下げらて予想下げていますが、個人的な意見では投資家が多きな下落に見舞われない限り公開価格を超えてくると感じています。Mマートヤやジェイテックコーポレーションの初値を見る限り投資家の参加意欲は高いように思います。
初値予想3,250円~3,600円


幹事名配分単位(株)
みずほ証券(主幹事)2,511,500
三菱UFJモルガン・スタンレー証券81,900
いちよし証券27,300
岡三証券27,300
岩井コスモ証券27,300
エース証券27,300
マネックス証券13,700
SBI証券13,700


au カブコム証券や岩井コスモ証券などの後期型IPO申し込みも上手に使うと良いかもしれません。こちらはすでに申込完了しています。店頭から申込むのかを現在考え中です。


岡三オンライン証券でも前受け金不要でIPOの申込ができるため申し込みをしました。初の当選を狙っています。いちよし証券からの申し込みは少ないと思うため当選狙いの方はチャンスなのかもしれません。みずほ証券ネットでもそれなりに当選確率は高そうですけどね。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!