ナレルグループ(9163)のIPOがグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。VCによる売出株中心のIPOになります!


主幹事は大和証券とみずほ証券が共同で務めます。


公開株数3,481,800株、オーバーアロットメント522,200株です。上場規模は想定発行価格2,560円から計算すると約102.5億円になります。


ナレルグループ(9163)IPOが上場承認
※ナレルグループ公式サイト引用


ナレルグループは「プロ人材不足による問題」を解決できる企業となっており、日本を「課題解決の先進国」に押し上げるという強い意思をミッションに込めています。


業績規模も大きめですが未経験者採用が中心なのは少し驚きました。


昨今は既存プロ人材も高齢化が進んでいるため技術の継承も課題としてあります。


同社ではITやDX(デジタルトランスフォーメーション)による業務効率化等も手掛けているそうなので少しはIPOで注目されそうな気がします。


ただ売出人の多くがVCなのでイグジット案件と言えます。普通に考えると厳しいかもですね!


ナレルグループ(9163)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日7月21日
市場グロース市場
業種サービス業
事業内容建設技術者派遣、ITエンジニア派遣・システムエンジニアリングサービス等
ブックビルディング7月05日~7月11日
想定価格2,560円
仮条件2,560円~2,690円
公開価格2,690円
初値結果2,540円(騰落率-5.58%)
企業情報https://nareru-group.co.jp/
監査人監査法人A&Aパートナーズ
手取金の使途連結子会社である株式会社ワールドコーポレーション及び株式会社ATJCへの投融資資金に充当予定


項目株数データ
公募株数150,000株
売出株数3,331,800株
公開株数(合計)3,481,800株
オーバーアロットメント522,200株
上場時発行済み株数8,402,630株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約215.1億円
幹事団大和証券(共同主幹事)
みずほ証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
委託見込大和コネクト証券
auカブコム証券
DMM.com証券


ナレルグループ(9163)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格2,560円を基に吸収金額を算出すると約89.1億円となり、オーバーアロットメントを含めると約102.5億円規模の上場となります。


同社グループは、持株会社であるナレルグループと連結子会社3社(株式会社ワールドコーポレーション、株式会社ATJC、株式会社コントラフト)、非連結子会社1社(一般社団法人全国建設請負業協会)で構成されています。


同社は純粋持株会社としてグループ内の経営管理と経営指導等を行います。


グループ企業では「建設業向けの技術者派遣」「IT業界向けの技術者派遣・システムエンジニアリングサービス」の提供を主な事業としています。


ナレルグループ(9163)の業績
※有価証券届出書引用


建設ソリューションでは、連結子会社のワールドコーポレーションが主に建築や土木、空調衛生、電気設備を受注領域としています。


東京の他、北海道や東北、中部、関西、九州に事業拠点を事業拠点を有し全国的にサービス提供を行っています。


営業活動においては現場への直接営業に注力しており、決定権の大きい現場所長に対して直接的な受注・価格交渉を行います。


ナレルグループIPOの建設ソリューション事業
※有価証券届出書引用


具体的な派遣現場事例では、TSMCの熊本工場建設工事や東京オリンピック関連施設建設工事、大都市における再開発案件、リニア中央新幹線や各種風力発電所の建設工事などが挙げられます。


私の住む熊本県ではTSMC関連のニュースが多くあるため親近感を覚えます。


大手求人メディアを活用した未経験者採用を中心としており、自社メディア等による経験者採用も行っているそうです。


ナレルグループIPOの販売実績
※有価証券届出書引用


ITソリューションでは連結子会社のATJCで事業を展開しています。


ATJCではSIer(エスアイヤー)等の開発案件・インフラ管理業務に対して、IT技術者等の人材派遣やSES(システムエンジニアリングサービス)契約による受託を行っています。


主なエンドユーザーとしては通信業や金融業向けの開発案件となっています。また、採用においては未経験者採用を中心としているそうです。


ナレルグループ(9163)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2019年5月27日、東京都千代田区二番町3番地5に本社を構えます。代表取締役は小林良氏(1972年9月20日生まれ)、株式保有率は34.02%(2,952,630株)です。※資産管理会社の株式を含む


従業員数21人で臨時雇用者0人、平均年齢42.9歳、平均勤続年数4.4年、平均年間給与11,153,000円です。連結従業員数は3,138人で臨時雇用者は0人です。


連結のセグメント別従業員数は建設ソリューション事業2,729人、ITソリューション事業388人、全社共通21人です。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
投資事業有限責任組合アドバンテッジパートナーズV号3,430,255株39.52%
株式会社村松屋商店2,952,630株34.02%
AP Cayman Partners III, L.P.1,173,076株13.52%
Japan Fund V, L.P.302,874株3.49%
沓澤 広道200,000株2.30%
アドバンテッジパートナーズ投資組合80号193,795株2.23%
柴田 直樹119,139株1.37%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2024年1月16日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


新株予約権を保有する柴田直樹、野尻悠太及びその他48名は売出価格の1.5倍以上であればロックアップが解除され売却可能となります。ロックアップ期間は180日間です。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けは行われません。


ナレルグループ(9163)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が2,560円~2,690円と上振れ決定しています。上場による吸収金額は最大で約107.7億円、時価総額は約226.0億円です。


ファンド出口案件のため警戒している投資家が多いと思います。しかし株価設定が割安で配当も出ることから競合に引けを取らない内容となっています。


同日上場のホロスホールディングス(5839)よりも期待されているため、リスクを取るのであればナレルグループのほうがよさそうです。


ただ油断はできないため地合いが悪ければ簡単に割れる可能性もあります。値がさ株のためIPO初心者はBBに参加しないかもしれませんね。


大手初値予想2,500円~3,000円
修正値3,000円前後
最終予想3,000円

※注目度B


業績を確認すると2023年10月期の連結予想を確認することができました。売上収益174.82億円となり前期比20.23%増、税引き前利益21.11億円となり前期比13.98%増となります。


四半期利益は14.85億円となり前期比19.57%増を予想しています。


公開価格が2,690円決定の場合の指標はEPS179.05からPER15.02倍、BPS1,409.54からPBR1.91倍になります。配当金が90円出るため配当利回りは3.35%になります。


類似企業比較で割安な株価設定となっているため初値利益が出ると予想されています。


某紙ではのれん倍率1.02倍、有利子負債比率33%と修正値が出ています。トータル的に強気相場であれば利益が見込めると観測されています。


絶対にIPOで損失を出したくない方にはお勧めできませんが、多少リスクを取れる方は面白い案件のようです。上場承認時よりも印象がよさそうですね!!


幹事名割当株数引受割合
大和証券(共同主幹事)2,785,500株80.00%
みずほ証券(共同主幹事)539,700株15.50%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券52,200株1.50%
野村證券34,800株1.00%
SBI証券17,400株0.50%
楽天証券17,400株0.50%
マネックス証券17,400株0.50%
松井証券17,400株0.50%


堰を切ったようにVC売出し案件が登場しています。仮条件時の機関投資家の反応を待って抽選に参加することになりそうです。


大和証券とみずほ証券、大和コネクト証券からの申込みを行っておけば良いかもしれません。人気化することはないでしょう。


新奇性はなさそうですが建設・プラント業界に強みを持つ派遣業になります。しばらく監視しておきたいと思います。


大和コネクト証券のIPOルールは下記記事にまとめています。読者の方は当選できているようですが私が2023年はまだ当選をいただいていません!




期間限定でバンカーズに口座開設すると選べるe-GIFT1,500円分が貰えます。投資を10万円行うとさらに2,000円分貰えて合計3,500円分になります。


30万円投資を行うとさらに貰えるため下記記事にまとめてみました。ステップしながら貰えるキャンペーンとなっています!!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
オープンアップグループ(2154)PER20.78倍PBR2.83倍
コプロ・ホールディングス(7059)PER16.25倍PBR2.7倍
ジャパニアス(9558)PER18.78倍PBR4.45倍
※2023年7月05日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2022年12月22日~2030年12月13日151,560株1,000円
2022年12月22日~2030年12月13日119,139株1,000円
2023年12月31日~2031年12月12日110,640株1,000円
2024年10月08日~2032年9月14日44,941株1.000円


ストックオプション(新株予約権)は270,699株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数8,402,630株に対する新株予約権の割合は5.07%に相当します。新株予約権による潜在株式数は426,280株です。


ナレルグループ(9163)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

ナレルグループのIPOは上場規模が大きいため懸念材料があります。


あとは1株あたりのVC出資金額やどのくらい類似企業と比較して割安なのか?と言ったあたりが気になります。


ナレルグループ(9163)IPOのまとめ
※ナレルグループ公式サイト引用


同社は労働者派遣事業者、有料職業紹介事業者になり事業許可等の取消しや事業の停止等などがリスクとなりそうです。


後程調べたいと思いますが借入金が多い事、のれんがある事なども詳しく調べてから投資したいと思います。


財務の見た目は良くても「のれん」が多いと投資する気になりませんからね。


目論見では2022年10月期末時点での総資産に占める借入金残高は34.7%となっています。また、総資産に対するのれん比率69.8%だそうです。なんかヤバそうですね。


ファンドが儲かるだけのIPOであればIPOに参加しないほうが賢明でしょう!


クラウドバンクに1万円投資を行うと楽天ポイントが2,500円分貰えます。即時入金があるため入出金を無料にできます!


毎日ログインするだけでも1ポイント貰えます。最大4,500円分の楽天ポイントが貰えるため詳しくまとめてみました。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。