マーソ(5619)IPOの抽選結果が出ました。主幹事のSBI証券と平幹事の野村證券からしか申込んでいませんでした。


状況的に公開価格割れなのでは?と思っているため購入を辞退したいと思います!


マーソ(5619)IPOの抽選結果


同社は医療予約プラットフォームの運営を行い減収減益予想が出ています。


さらにSBI証券に対し証券取引等監視委員会が行政処分を行うよう金融庁に勧告しているタイミングになります。SBIHDからも報道についてニュース欄で案内が行われています。


何が事実なのかわかりませんが証券会社の対立も関係があるのかもしれません。また、昨今のIPOルール変更も何かしら関係があるのかもしれませんよね!


と言うことでせっかく当選しましたが状況が悪いと判断したため購入を辞退したいと思います。今はIPOに資金が向かっていませんからね。


同社の上場規模は約20.0億円、時価総額は約79.8億円になります。


SBI証券は約13.5億円規模のアスマーク(4197)でさえ公開価格割れしています。ここは無理をしないことを選択しました!!


マーソ(5619)IPOの公開価格が決定しました

公開価格は仮条件の上限2,260円に決定しています。


目論見によれば申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。


また、申告された総需要件数が多数にわたり、需要の価格毎の分布状況は仮条件の上限に集中していたとあります。


幹事引受け価額は2,079.20円に決定しています。上場承認時の基本データや業績などは下記記事でまとめています。

「IPO承認」マーソ(5619)の上場データと初値予想を考察!コロナ特需案件


マーソ(5619)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

マーソIPOの幹事別抽選結果を確認してみました。


幹事名抽選結果
SBI証券(主幹事)当選
野村證券落選
三菱UFJモルガン・スタンレー証券不参加
SMBC日興証券不参加
東海東京証券不参加
松井証券不参加


マーソ(5619)IPOがSBI証券で当選


かなり悩みましたがIPOにあまり資金が入っていない状況が続いているため購入を辞退したいと思います。


100株申込にしておけば良かったんですけどね。BB時は利益が出るかも?と思っていましたが流石に行政処分の話が出てくると考えます。


毎日利用しているSBI証券なのでモヤモヤします。


仮条件が想定発行価格から引き上げられ機関投資家の評価はそれなりだと思いますが安全策を取りたいと思います!


マーソ(5619)IPOの最新の初値予想は?

マーソIPOの最新の初値予想について調べてみました。


最新のIPO初値予想


大手の最新の初値予想は2,200円~2,500円となっています。


この価格は公開価格決定後の数値となっています。どうも割れそうな気がしてなりません。大手も値付けへの信頼性について言及があるようです。


FIXER(5129)のような展開を期待していましたが厳しそうです。SBI証券主幹事が急激に増えたのも何か関係があるのか?と考えてしまいます。


kimukimu

SBI証券が株式売却手数料を無料にしたため敵視している証券会社も多いのかもしれません。某証券は厳しそうですからね。



利回り不動産でワイズコイン2,000円分が貰えるキャンペーンが行われています。利回りが高いためサブ口座として利用すればお得だと思います。


ワイズコインはAmazonギフト券にも交換できますが、そのまま投資に利用したほうがお得です。詳しくは下記記事にまとめています!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。