Link-U(リンクユー)がいよいよ上場となります。主幹事はSMBC日興証券になり応募者が殺到していた銘柄です。直近でこれほど申込者が多かった銘柄は珍しいようです。同社はマンガアプリの開発や運営を行っている企業になり、小学館と共同運営している「マンガワン」により軌道にのりました。


この他にも大手出版社とマンガアプリを通じて取引があり、自社設計のオリジナルサーバーを基軸としたデータ配信も行っています。


Link-U(リンクユー)気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 2,820円(公募・売出価格)
上限値段 6,490円(更新値幅141円、更新時間10分)
下限値段 2,115円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 705円以上、11,280円以下


初値予想最終価格6,000円!


IPOでは電子書籍やマンガを扱っていることから、かなり人気となる予想が上場承認時から発表されています。しかし、海賊版の漫画運営サイトに関与したとされる逮捕者が出たころから電子書籍関係に良くも悪くも注目があるようです。


同社にとっては初値高騰に結び付くのか現段階ではわかりません。ただブックビルディング参加者が多かった事を考えればセカンダリーも賑わう可能性があるように思います。


ベンチャーキャピタル保有株はなく、売出人や役員などに180日間のロックアップ、新株予約権者には90日間ロックアップで解除倍率が1.5倍となっています。上場規模はOAを含め約16.6億円と規模が大きいため初値2倍程度の予想が出ているようです。


想定発行価格2,580円から公開価格2,820円とだいぶ引き上げられ、一時は7,000円予想もあったようですがやはり上場規模が大きいため6,000円目途となっているようです。上場してみなければわかりませんが差引31.8万円の利益予想となります。


maronmaron

1回の当選で30万円以上の利益見込みは凄いよね。

もしかすると初値持越しとなる可能性だって残っています。上場1日目の上限価格は6,490円だよ!


私は当選していませんが続くブシロードIPOのためにセカンダリーも賑わって欲しいと願うばかりです。リビン・テクノロジーズ(4445)やフィードフォース(7068)は上場後あまり元気がないため同社でIPO市場に資金が流れてくれると嬉しく思います。


ここ最近はあまりIPO市場に資金が入らず、逆にユーピーアール(7065)やヤシマキザイ(7677)など地味だった銘柄の株高が目立ちます。地方上場だった大英産業や日本グランデなども動いているようです。


Link-U(リンクユー)がこのまま成長を続けることが出来るのか不安なところも多いようですが、会社設立からわずか6年のスピード上場はインパクトがあります。しかも第1期から黒字運営なのは驚きでしょう。ただ、公募組もセカンダリー組も逃げ足が速いサイクルが続いているので株価急落には気を付けておきたいところです。


雰囲気的に上場初日に初値が付かないと上場2日目は即金規制などがあり、売り気配から始まる可能性もあり得るのかもしれません。ツクルバのスタンス引き下げも市場の雰囲気を考慮したものかもしれませんね。


ブシロード(7803)IPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト



※SMBC日興証券のIPO概要と当選履歴の記事へ






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事