ファーストブラザーズ(3454)IPOが新規上場承認されました。なんと幹事が野村證券とマネックス証券の2社だけとは珍しいですね。株数は多めなので当選はしやすそうです。初値予想的にはあまり良いとは言えないでしょうか。この手のIPOは1年後くらいから面白いですが初値は微妙でしょう。


ファーストブラザーズ(3454)IPO初値予想IPO


業種:不動産業
市場:東証マザーズ
公開予定:02/18
BB期間:01/30~02/05


【事業内容】
当社グループは、当社(ファーストブラザーズ株式会社)及び連結子会社7社(ファーストブラザーズ投資顧問株式会社、ファーストブラザーズリアルエステート株式会社、ユニモマネジメント株式会社、エフビー企業投資株式会社、エフビーキャピタルインベストメント株式会社及びその他2社)により構成されており、投資運用事業及び投資銀行事業を行っております。

まとめると⇒ 投資運用事業及び投資銀行事業




【資金使途】
手取概算額2,959,040千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限859,050千円と合わせて、当社グループ(当社及び連結子会社7社)が行う投資運用事業及び投資銀行事業のうち、投資銀行事業における投資資金に充当する予定であります。
投資運用事業において私募ファンドの組成の促進を図るとともに、当社グループの有する運用力を活用してキャピタルゲインを獲得し、当社グループの成長を加速させる目的をもって、当社グループが組成するファンドに対し、顧客との共同投資(セイムボート投資)を行うための資金として、平成27年11月期において1,800,000千円を充当いたします。また、市況に左右されにくい収益基盤を早期に確立するため、安定的な収益を見込むことができる優良な投資案件(賃貸不動産等)に対し、自己勘定投資(自己資金による投資(セイムボート投資を除く))を行うための資金として、平成27年11月期において1,400,000千円、平成28年11月期において残額を充当いたします。




100株単位
公募株数 1,300,000株
売出株数 1,200,000株
合計株数 2,500,000株(25000枚)


想定価格 2490円 ⇒ 24.9万円必要!
仮条件  1,920円~2,040円に決定しました!


【幹事団】
野村證券
マネックス証券   ←期間限定タイアップで3000円or書籍


■ ファーストブラザーズ(3454)IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し375,000株
想定発行価格2490円を基に吸収金額を算出すると約62.2億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約71.6億円と結構マザーズにしては大きな吸収規模
となっています。
ファーストブラザーズHP⇒ 最高のプロフェッショナルであり続けるそうだ


ファーストブラザーズ(3454)IPO 売上と利益
↑クリックで拡大します


ファーストブラザーズ(3454)業績予想 


売上は格段伸びてはいますが、赤字から脱した企業で財務に不安定さが感じられます。
投資運用事業及び投資銀行事業を行っているという事ですが、分析は考察記事でしたいと
思います。同日上場がもう1社ありますが名前が被っており私も間違いそうです(笑)
ちなみにもう1社はファーストロジック(6037)でサービス業のマザーズ上場案件となります。


会社設立は2004年となっており、東京都千代田区に本社を構えています。
社長は吉原知紀氏となり44歳となります。
従業員数は15人で、平均年齢は33.1歳、平均勤続年数は2.5年、平均年間給与は約687万円
となっています。
監査法人が清友監査法人となっていますがあまり見ませんよね。
目論見書の成長戦略には「最も適切と判断したタイミングにおいて投資案件の売買を行っている」
とありますが、それが解れば投資は簡単なんだけどね 


ファーストブラザーズ(3454)IPO 株主状況 ロックアップ 
↑クリックで拡大します


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である吉原知紀及び売出人である堀田佳延、当社株主である有限会社エーシーアイ、辻野和孝、佐藤昌彦、田村幸太郎、片山実及び村田千晶は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成27年5月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)は行わない旨合意しております。
 また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成27年8月16日までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等を行わない旨合意しております。




ロックアップは90日間で、ベンチャーキャピタルは見当たりません。
需給に関してはやや疑問が残る気がしますが、IPOの申込は野村證券とマネックス証券だけ
の取扱です。吸収金額もマザーズにしては大きく71.6億円規模ですよね・・・
あまりIPO的には良いと言えないと思われます。
他のIPOブロガーの評判も気にしたいところですすね。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!