極東産機(6233)IPOがジャスダックに新規上場承認されました。主幹事はSMBC日興証券となり、公開株式数1,040,000株、オーバーアロットメント156,000株、上場による市場からの吸収額は想定発行価格ベースで約4.7億円と小粒上場になります。業績はやや不調のようですが、売上は拡大しています。


事業はニッチな分野になり、自動壁紙糊付機やコンピューター式畳製造装置等の自動化・省力化機器などを手掛けている企業です。販売対象の多くは事業者になり需要はそれなりにあるようです。その他、売電目的の太陽光発電や液晶・半導体製造ラインなども一部手掛けているようです。


極東産機(6233)の新規上場と初値予想


上場規模が小さく最低株数の単価も低いことから公開価格割れはないと思います。同日上場のSBIインシュアランスグループ(7326)よりは人気になるのではないでしょうか。単価が低いため利益も少ないと思いますが、なかなかIPOに当選できない方は当選チャンスかもしれません。


極東産機(6233)IPOの詳細データ

項目上場基本データ
市場JASDAQスタンダード
業種機械
事業内容自動壁紙糊付機・コンピューター式畳製造装置等の自動化・省力化機器、顧客仕様による各種産業機器、特殊機能畳等の開発・販売、内装施工工具等のカタログ販売
公開予定9月27日
ブックビルディング期間9月10日~9月14日
想定価格395円
仮条件395円~405円
公開価格9月18日
企業情報https://www.kyokuto-sanki.co.jp/


【手取金の使途】

差引手取概算額354,000千円及び本第三者割当増資の手取概算額上限56,090千円と合わせた、手取概算額合計上限410,090千円については、①設備資金、②運転資金及び③借入金返済として以下のとおり充当する予定であります。

①設備資金
イ.たつの市神岡工場の刷新を計画しており、ハイテク工場建設資金として176,000千円、工場隣接地の購入資金として25,000千円
ロ.神岡工場ハイテク第2工場の建屋改修費用として66,000千円
ハ.販売用のクラウドシステムによる販売管理ソフトの開発費用として50,000千円
ニ.各地営業所の効率向上、労務環境向上のための移転費用として20,000千円
ホ.業務効率化のためのワークフローシステムの購入費用として10,000千円

②運転資金
人材採用のための紹介手数料として6,000千円を充当する予定であります。

③借入金返済
残額につきましては、金融機関からの短期借入金の返済に充当する予定であります。当社は、平成30年5月にたつの市神岡工場を将来整備することを目的に、隣接地を150,000千円で取得しており、その取得資金全額を金融機関から調達しております。財務の健全性確保等の観点から、当該借入金相当額を含めて借入金を返済するものであります。

※上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



項目株数データ
公募株数1,000,000株
売出株数40,000株
公開株数(合計)1,040,000株
オーバーアロットメント156,000株
上場時発行済み株数5,235,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約20.7億円
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
岩井コスモ証券 ←当選しやすいかも
エース証券
極東証券
SBI証券


極東産機(6233)上場評判とIPO分析

想定発行価格395円を基に吸収金額を算出すると約4.1億円となり、オーバーアロットメントを含めると約4.7億円規模の上場となります。上場規模は小さいようですがIPOにおいて人気とは言えない業種になります。


事業は「プロフェッショナル」「コンシューマ」「インダストリー」の3セグメントで事業を行っており、BtoBビジネスの売上高(プロフェッショナルセグメント・インダストリーセグメントの売上高)が約87%となっているそうです。


プロフェッショナルセグメントは、インテリア事業部門と畳事業部門で構成し、売上高の約75%を占めています。インテリア事業部門は、内装工事業者向けの自動壁紙糊付機等のインテリア内装施工機器や施工工具、内装工事用テープ等の資材を販売するほか、内装工事の近接市場である建機レンタル市場やデジタルプリンティング壁紙市場等に機器、工具を販売しています。畳事業部門は、畳店にコンピュータ式畳製造システム等の畳製造装置並びに関連する工具・副資材等の販売となります。


極東産機(6233)上場評判と分析


コンシューマセグメントは、BtoCビジネスの位置づけで「コンシューマ事業部門」「ソーラー・エネルギー事業部門」「三日月サンシャインパーク(売電)」で構成し、売上高の約13%を占めています。コンシューマ事業部門は、特殊機能畳(葬祭用畳・柔道畳・お風呂用畳・リバーシブル畳他)などのインテリア商品の販売、各地のJA等を窓口とした一般家庭向け畳替え・襖替え工事の仲介事業を行っています。


ソーラー・エネルギー事業部門は、産業用・家庭用ソーラー発電システムや蓄電池等の販売や住宅リフォーム工事を行い、三日月サンシャインパークではメガソーラー発電所を、兵庫県佐用郡佐用町の自社所有地に設置し売電事業を行っています。


極東産機(6233)IPOの事業内容


インダストリーセグメントは、産業機器事業部門と食品機器事業部門で構成し、売上高の約12%を占めています。産業機器事業部門は顧客の要求仕様に基づくオーダーメイド産業機器の提供事業で、二次電池製造ラインや、液晶・半導体製造ラインの一部機械等を設計、開発、製造を行います。


事業の特徴は、職人技術の自動化や省力化のノウハウ、新商品開発力などがあるそうです。中でも畳店に対する「構造改革提案」は、同社のコンピュータ式畳製造システム導入による畳店経営の超近代化を提案し、生産の効率化に止まらず、広告や営業活動によって導入畳店が個人顧客の新規開拓を推進し、業績向上を目指すことを指導することで畳業界全体の活性化までも目指す、他社には真似ができない極めて特徴的な提案営業となっているそうです。


極東産機(6233)IPOの販売実績

極東産機(6233)の企業財務情報と配当性向

回次第68期第69期
決算年月平成28年9月平成29年9月
売上高8,687,5038,891,042
経常利益280,086389,101
当期純利益174,634244,596
資本金415,750415,750
純資産額1,653,7381,906,432
総資産額7,587,5227,510,556
1株当たり純資産額390.49450.16
1株当たり当期純利益金額41.2457.76
自己資本比率(%)21.825.4
自己資本利益率(%)11.113.7
株価収益率(倍)
配当性向(%)12.18.7
営業活動によるキャッシュ・フロー556,935431,823
投資活動によるキャッシュ・フロー△207,884△112,678
財務活動によるキャッシュ・フロー△449,328△422,355
現金及び現金同等物の期末残高1,082,549979,339
※数値は千円単位


第70期第3四半期累計期間(平成29年10月01日~平成30年6月30日)
売上高6,553百万円
営業利益296百万円
経常利益271百万円
四半期純利益171百万円


当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、企業の設備投資が増加基調にあるほか、個人消費も緩やかに回復し、景気は回復基調でありましたが、当社の業績に影響が大きい新設住宅着工戸数は昨年7月から本年3月まで9ヶ月連続前年同期比で減少を続け、その後の4月及び5月は前年同月比増加となったものの、本格的な回復基調といえる状況にはありません。このような経済状況のもとで、当社は新製品の開発や原価低減努力による売上総利益率の改善や、業務の効率化を進めてまいりました。



極東産機(6233)従業員と株主の状況

会社設立は1948年10月18日、兵庫県たつの市龍野町日飼190番地に本社を構えます。
社長は頃安雅樹氏(昭和31年5月15日生まれ)、株式保有率は6.43%です。従業員数は261人で臨時雇用者24人、平均年齢42.3歳、平均勤続年数17.5年、平均年間給与5,311,995円となります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)
頃安 憲司813,00019.20
三井住友信託銀行株式会社 信託口(K3M)600,00014.17
頃安 英毅500,00011.81
大阪中小企業投資育成株式会社360,0008.50
極東産機従業員持株会348,2008.22
頃安 雅樹(社長)272,2006.43
安積 美奈子210,0004.96
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、売出人である頃安憲司、SMBCベンチャーキャピタル株式会社及びみなとエクイティサポート投資事業有限責任組合、当社役員である西川智、曽谷雅俊、前川良一、前川幹人及び水田一久並びに当社株主である頃安英毅、大阪中小企業投資育成株式会社、極東産機従業員持株会、安積美奈子、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行、松井康明、頃安由紀子、オリックス株式会社、原田敏行、株式会社みなと銀行、「~省略~」、千種秀行及び野原康司は、SMBC日興証券株式会社(以下「主幹事会社」という。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しにかかる元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成31年3月25日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式の売却等を行わない旨を約束しております。

貸株人であり、三井住友信託銀行株式会社信託口(K3M)における委託者兼議決権等行使指図代理人である頃安雅樹は、主幹事会社に対して、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、(1)元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却を行わないこと、及び(2)当該信託の解約を行わないこと、受益者による議決権等行使指図代理人の解任を承諾しないこと、並びに元引受契約締結日に信託財産として信託されている当社普通株式を三井住友信託銀行株式会社に譲渡又は売却を行わせない旨を約束しております。



上位株主には180日間(平成31年3月25日まで)のロックアップが付与されており、ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。また、頃安一族やベンチャーキャピタルが大株主となっています。


極東産機(6233)IPO大手初値予想と各社配分

仮条件は想定発行価格を下限として引き上げられ395円~405円に決定しました。上限の405円算出による吸収金額は約4.2億円、オーバーアロットメントを含めて約4.8億円です。設立70年を迎え上場するわけですが、それほど需要があるようにも思えないため上場後も業績はあまり変化なしの可能性があります。


ただ、新製品開発や原価低減努力による売上総利益率の改善などを積極的に行い、業務効率化が出来ているとのことです。新築住宅着工数の減少により業績の伸び悩みも伺えるようです。補助金事業者対象などにより畳製造機器の買い換えを検討している企業も多くなっているようなのでこちらは期待ができます。国内需要だけでは厳しいと思われるため、今後の努力はさらに必要だと感じます。


初値予想500円~600円

初値予想(第2弾)490円~580円


2018年9月単体業績は売上1.68%増、経常利益2.3%減(900万円減)の見込みです。EPS57.35を基にPERを算出すると約7.06倍、配当は10円となり配当利回り2.47%になります。2.4億円程は純利益が出るようですが、平成27年(第68期)は3.3億円以上の純利益でした。過去比較ではここ3年間低迷しているようです。


幹事名配分単位(株)
SMBC日興証券(主幹事)998,400
岩井コスモ証券10,400
エース証券10,400
極東証券10,400
SBI証券10,400


類似企業PER
PBR
住江織物(3501)PER10.96倍PBR0.61倍
セーレン(3569)PER14.01倍PBR1.4倍
東リ(7971)PER10.41倍PBR0.61倍


当選を狙うならSMBC日興証券からの申込みは必須でしょう。普段のIPOよりもかなり当選しやすいと思います。また、岩井コスモ証券からの申込みも今回は当選期待は高そうです!


SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いに徹することになりそうです。エース証券や極東証券の口座を開設している方は非常に少ないと思われます(店頭口座のみ)


SMBC日興証券IPO抽選ルール完全版


岩井コスモ証券のIPO抽選ルール


極東産機のストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間株式の数(株)発行価格(円)
ストックオプションはありません


新株発行予約権(ストックオプション)を調べたところ該当事項なしとなっていました。


極東産機(6233)IPO私見と申し込みスタンス

極東産機のIPOは地味な機械を販売している企業になりあまりぱっとしません。しかし、JASDAQスタンダードへの上場と上場規模が小さいことから公開価格割れは考えにくいと個人的に考えています。ただ利益が大きく出るような銘柄でもないと思われるため最終的には地合いが左右するように思います。


公開株数が100万株を超えているため主幹事からの当選期待は大きいと思います。ベンチャーキャピタル出資もありますが、初値形成時ではロックアップがかけられています。


畳製造装置や壁紙糊付機械などの職人向け装置を開発している企業が上場するということは、今後のシェア拡大を狙ったものでしょうか。上場によって得る資金も設備資金や運転資金へ回すようです。


極東産機(6233)IPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト



※SMBC日興証券のIPO概要と当選履歴【画像あり】

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!