紀文食品(2933)が明日上場するため最終初値予想と気配運用を調べてみました。10分間に58円の更新となっているためすぐに初値が付きそうです。公募組はこの株価で手放すのか?と少し気になります。


上場承認時は2,000円と言った初値予想も出ていたため多少売渋りの展開になる気がしています。ただし需要がなければ売り気配で始まる可能性も否定できません。


株価が低いため個人的には放置作戦で様子を行う可能性が高そうです。100株当選となり補欠100株は繰り上がりませんでした!


紀文食品(2933)IPOの最終初値予想
※紀文食品公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,160円(公募・売出価格)
上限値段2,668円(更新値幅58円、更新時間10分)
下限値段870円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲290円以上、4,640円以下


練り製品世界最大手になり、健康ブームやコロナ禍による業績押し上げで今期は増収増益となります。決算は3月末になり来期業績予想が未発表となっています。


そのた今期の業績が増収になるのかはっきりわかりません。比較企業では一正蒲鉾(2904)が参考になるため業績予想を確認すると増収増益になると四季報では書かれているようです。


ただ某企業では5%程度の営業利益減となる情報が伝えられています。


また一正蒲鉾の株価1,311円のPERは18.6倍、PBRは1.95倍になります。紀文食品は公開価格1,160円算出のPERが10.9倍、PBRは4.33倍なので割安と言えそうです。


しかし、有利子負債が大きくのしかかり紀文食品の公開価格が引き下げられたようだと言われています。財務面の問題があり期待されたほどのパフォーマンスを出すことが難しいようですね。


有利子負債が大きい雪国まいたけ(1375)を見れば納得できると言った情報もあるようです。雪国まいたけはファンド案件だったため何とも言えませんが、長期投資を前提とした投資家は有利子負債が大きいと嫌いますからね。


東証1部への直接上場のためインデックス買いの需要も見込めます。公開価格1,160円の時価総額が257.6億円、上場による吸収額が55.3億円になります。指数買いも不発に終わることがありますから難しいですよね。


事業内容やこれまでの業績、株主構成などは下記記事でまとめています。

紀文食品(2933)IPOの初値予想


紀文食品(2933)の最終初値予想はこうなる!

大手の最終初値予想とこれまでの数値を確認してみました。


最終初値予想



  1. 上場承認時1,500円~2,000円
  2. 仮条件発表後1,300円~1,500円
  3. 最終予想1,280円
※別企業では最終予想1,400円となっていました


最終予想は初値1,280円となっています。マジか、そんなに低いと売れないじゃんか!と思ってしまいました。


ただセカンダリーを考えると低く寄ったほうがよいと思います。


東証1部へ直接上場する案件の中では上場規模が小さいため、公開価格割れはないと思いますが、初値で買われるような材料も特別なさそうです。一見割安でも有利負債の影響により上値も限定的のようです。


知名度が高く水産練り製品としては世界1位と言ってよい企業です。そして一正蒲鉾が2位になるはずです。また一正蒲鉾には株主優待があり、同社には株主優待の設定がありません。


となれば1位の企業で優待設定がないとは考えられないでしょう。


どのタイミングで株主優待の発表が行われるのかわかりませんが、3月本決算と考えると長いですよね。中間決算の9月になれば嬉しいですけどそこまで株主ファーストを考えるかな?と思うところがあります。


株価をさらに上げたいときに優待や増配の発表が行われるかもしれませんし、逆に株価が暴落している時の材料として使われるかもしれません。


kimukimu

一正蒲鉾の優待は100株からなので、紀文食品も最低単元の100株から優待設定を行ってくると個人的に考えています!!



また、指摘として株価設定が低くなり時価総額が東証1部判定のギリギリになるようです。


実際には想定発行価格算出に2021年から切り替わったため問題は起きませんが、東証1部へ上場するのであれば時価総額問題は企業側も気にしてくるでしょう。


少し拍子抜けの初値予想が出ていますが、食品株でベンチャーキャピタル保有株が合計で23万株程度とあまり多くないため上場後はヨコヨコ、もしくはジリジリ上昇?と考えています。まあどうなるのか明日わかるでしょう。


食品関係だと直近上場のアイスコ(7698)の株価も下落傾向にあり少し心配しています。長期投資組も日経平均が高値にあり、いつ暴落するのか冷や冷やですよね。


FXトレード・フィナンシャルで新キャンペーンが始まりました。新規口座開設だけで3,000円が貰えて対象通貨ペア新規1取引で7,000円が貰えます。合計1万円を貰えるために必要な資金も7,000円程度なので取り組みやすいキャンペーンだと思います。


しかもドル円のスプレッドは0.1銭ですからね。1,000通貨単位の取引だとドル円110円のレートで4,400円あれば取引が開始できます!タイアップ特典もついたため下記記事でまとめています。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!