ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)が公募増資を発表しました。ジャパン・インフラファンド・アドバイザーズが運営する上場インフラ投資法人で丸紅系企業になります。


インフラファンドとネーミングされているように再生可能エネルギー発電設備等への投資を行います。主に太陽光発電施設に投資を行っています。


ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の公募増資情報
※ジャパン・インフラファンド投資法人公式サイト引用


インフラファンドとしては7本目の上場になります。上場日は2020年2月20日になり公開価格95,000円で初値は101,000円でした。公開価格は想定発行価格100,000円からの大幅ディスカウントになっています。


事前人気は低く大手予想でも公開価格割れ予想となっていた銘柄です。主幹事がみずほ証券で引受け証券はSMBC日興証券1社でした。


スポンサーは丸紅、みずほ銀行、みずほ信託銀行となっています。分配利回りは他のインフラファンド比較では標準的な利回りとなります。


COZUCHIとのタイアップが始まり、口座開設だけでAmazonギフト券2,000円分を貰えることになりました。詳細は下記記事でまとめています!!



ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の公募増資(PO)の詳細を確認してみました

ジャパン・インフラファンド投資法人の公募増資(PO)における主幹事や公募口数などを確認してみました。


本公募増資の主幹事もみずほ証券になります。また、SBI証券が幹事入りしていました。


項 目その内容
銘柄名ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)
上場市場東証インフラ
主幹事みずほ証券
引受人
  • SMBC日興証券
  • SBI証券
公募口数80,000口
売出口数0口
オーバーアロッメント4,000口
合計84,000口
希薄化-%
仮条件2.5%~5.0%
決算月5月、11月
格付けA(R&I)
スポンサー
  • 丸紅
  • みずほ銀行
  • みずほ信託銀行


今回はグリーンエクイティとしての新投資口発行と投資口売出しを実施します。グリーンエクイティについては公式サイトに詳しく書かれています。


機関投資家の意思決定にESGが反映されることも多くなり、本投資法人でも意思尊重と言った形だと思います。詳しくは格付投資情報センター(PDF資料)で確認をお願い致します。


同投資法人は現時点で信用銘柄のためサヤ抜き投資家には人気がなさそうです。ヘッジできない銘柄へ積極的に参加する方も少ないからです。


新規上場時は69.3億円の資金を調達していますが、今回はその金額を上回る可能性があります。



ジャパン・インフラファンド投資法人(JIF)の株価推移
※ヤフーファイナンス公式サイト引用


上記は上場来の株価推移になります。


公開価格の95,000円を上回っている状況です。公募増資の発表が2021年11月12日となっていることから株価が動くのは15日からでしょう。


値決め日は11月24日に決定する可能性が高いと思います。


ジャパン・インフラファンド投資法人(JIF)の格付けは格付投資情報センター(R&I)から信用格付「A」を頂き現在も維持している状況です。


ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の公募増資(PO)日程と分配金を確認してみました

公募増資の日程につてい詳しく調べてみました。スルーする投資家も多いと思いますが丸紅と考えると安心して投資できると思います。


再生可能エネルギー関連は政府が後押しする政策になります。温室効果ガス削減を行うための手段として期待されています。


項 目その内容
価格決定日11月24日(水)~11月29日(月)
申込期日発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日2021年12月01日(水)~2021年12月03日(金)
※11月24日決定の場合は発行価格等決定日の5営業日後
受渡期日払込期日の翌営業日
発行価格90,944円
※割引率は2.50%に決定


公募増資により取得した金額の使途は特定資産の取得資金の一部に充当されます。また、有利子負債の返済資金の一部に充当される可能性があります。


あまり人気があるようにも思いませんが、割引率2.5%の下限決定になると思います。最近はIPOよりもPOのほうが人気があるのでは?と思うこともあります。


特にローリスク投資では分売も人気です。朝の忙しい時間対の取引になるため参加者は限られますが異常な人気だと感じます。


ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の分配金推移
※ジャパン・インフラファンド投資法人公式サイト引用


分配金の推移は上記のようになっています。直近2021年5月期分が1口当たり2,950円実績になります。


2021年11月30日期分の予想は2,924円になるようです。公式サイトでは2022年5月期予想が1口当たり2,950円、11月期2,932円となっています。分配金は利益超過分配金を含みます。


これまで上場したインフラファンドのなかでは、格付けAとなっていることから悪くない銘柄だと思います。


上場した時は人気がありませんでしたがその後は株価横ばいとなっています。コロナ禍でもそれほど大きな影響は受けていないようです。


値決め日までは株価変動が大きくなりがちなので公募増資(PO)に参加される方は気を付けましょう!


CAMPFIRE Ownersでは第3弾キャンペーンが行われています。今回も私は投資を行いAmazonギフト券を頂きたいと思います。


口座開設だけでも1,000円分のギフト券を貰えますが、10万円の投資で4,000円のアマギフになるためお得だと思います。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。