アイリックコーポレーション(7325)の初値予想暫定記事になります。業績が伸びている割に予想は低いようです。野村證券主幹事で公開株式720,000株、OA108,000株の案件になり想定ベースの吸収額は約11.7億円となります。メイン事業は保険販売事業とソリューション事業を行っています。


保険ショップでのコンサルティング型保険を販売しており、個人や法人をターゲットとしています。来店型の「保険クリニック」では、複数の保険会社の商品の中から顧客にマッチする商品を選ぶ保険IQシステムがありコンサルティングを通した販売を行っています。


アイリックコーポレーション(7325)初値予想暫定


項目 株数データ
想定価格 1,410円
仮条件 9月03日
公開価格 9月12日
公募株数 620,000株
売出株数 100,000株
公開株数(合計) 720,000株
オーバーアロットメント 108,000株
幹事団 野村證券(主幹事)
いちよし証券
藍澤證券
エース証券
水戸証券
むさし証券
マネックス証券
SBI証券


初値予想1,800円~2,100円


2019年6月期の連結業績予想は売上15.9%増、経常利益75.7%増(1.9億円増)の増収増益見込みとなります。想定発行価格ベースのPERは17.96倍、PBRは2.01倍となります。業績は好調に推移するようですが、筆頭株主がベンチャーキャピタルになっているあたりも初値予想が低い要因だと思われます。


ロックアップは180日間と90日間になり、ファンドなどには90日間適用されます。ストックオプションは200,000株存在し、すべての株が行使期限を迎えています。アイリックコーポレーションの詳細は下記記事に書いているのでよかったら参考にしてください。

⇒ アイリックコーポレーション(7325)IPO新規上場と初値予想


今回の上場による吸収は想定ベースで約11.7億円となり、やや荷もたれ感があるようです。ITを取り入れた保険業ですが、現在のところ数万円が狙える程度のようです。公開株数が比較的多いため直近のIPOの中では当選しやすいかと考えていますが、野村證券主幹事のためそれも厳しいか?


来店型保険ショップの保険クリニックは直営店とフランチャイズ店を合わせて176店舗、ASシステム及びAS-BOXのID数は4,259IDとなるそうです。今後も集客力の高いショッピングモールへの出店や知名度向上目的の広告宣伝、新システム開発や人材確保など積極的に事業展開を行うようです。


デメリットは直近IPOの元気のなさと筆耕株主がファンド(VC)であることでしょう。個人的にはやや人気が薄い銘柄を狙うことでお小遣いが出ればうれしいと考えています。上場日の8月25日は同社のみの上場となり、予想よりも買い意欲が高まる可能性もまだ残っていると思います。日程的に連休明けになるため地合いも関係がありそうです。


最新四季報が無料で見れるなんて! 【立花証券は凄いんです】
⇒ 立花証券公式へ

立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

※最新四季報が立花証券で無料で見れる記事へ