アイリックコーポレーション(7325)が東証マザーズに新規上場承認されました。主幹事は野村證券となり公開株式数720,000株、オーバーアロットメント108,000株、上場に伴う市場からの吸収額は想定発行価格ベースで約11.7億円となります。保険業のIPOですが、他の事業売上もあり注目されると思われます。


株主には同業者の名前も多数あり、将来の売り圧力になるのか上位株主になるのかはわかりませんが面白そうな案件です。連結子会社ではシステム事業を行っており、金融機関や保険代理店などに対して、生命保険の現状把握・検索提案システム及び保険申込ナビゲーションシステムを提供しています。


アイリックコーポレーション(7325)新規上場と初値予想


ただの保険代理店(販売店)ではなく、フィンテック(FinTech)技術を取り入れており、スマートフォンアプリの提供や生命保険証券自動分析アプリの開発なども行っています。その他にもリモートコンサルティングなどもあるようです。


アイリックコーポレーション(7325)IPOの詳細データ

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 保険業
事業内容 個人及び法人向けの保険販売を行う保険販売事業、保険代理店やその他の保険販売会社に対して保険に関するソリューションを提供するソリューション事業及びシステム開発等を行っているシステム事業
公開予定 9月25日
ブックビルディング期間 9月05日~9月11日
想定価格 1,410円
仮条件 1,600円~1,770円
公開価格 9月12日
企業情報 https://www.irrc.co.jp/


【手取金の使途】

手取概算額794,264千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限140,097千円と合わせて、①既存システムの機能強化及び新たなシステムの研究・開発等に係る資金、②直営店の新規店舗の出店に係る資金、③事業拡大のための運転資金として、以下の通り充当する予定であります。

①保険分析・検索システム『保険IQシステム』、生命保険の現状把握・検索提案システム『ASシステム』、保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』及びAI(人工知能)技術を活用した「生命保険証券の自動分析サービス」等の既存システムの機能強化、並びに新たなシステム開発に係る設備投資資金として、216,000千円(平成31年6月期:108,000千円、平成32年6月期:108,000千円)を充当する予定であります。なお、各期の内訳は、既存システムの機能強化が86,400千円、新たなシステム開発が21,600千円であります。

②直営店の新規店舗(平成31年6月期に4店舗、平成32年6月期に4店舗)の出店に係る資金(保証金、設備投資、什器備品購入及びオープンイベント関係費用等)として、160,000千円(平成31年6月期:80,000千円、平成32年6月期:80,000千円)を充当する予定であります。なお、各期の内訳は、設備投資資金(什器備品購入を含む)が29,173千円、保証金及びオープンイベント関係費用等が50,827千円であります。

③事業拡大のための運転資金として、420,000千円(平成31年6月期:210,000千円、平成32年6月期:210,000千円)を充当する予定であります。なお、各期の内訳は、知名度向上や集客数増加等を目的とした広告宣伝費及び販売促進費が120,000千円、優秀な人材を確保するための採用活動費及び人件費等が90,000千円です。

※残額につきましては、将来における広告宣伝費及び販売促進費並びに採用活動費及び人件費等の運転資金に充当する方針であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



項目 株数データ
公募株数 620,000株
売出株数 100,000株
公開株数(合計) 720,000株
オーバーアロットメント 108,000株
上場時発行済み株数 4,046,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約57億円
幹事団 野村證券(主幹事)
いちよし証券
藍澤證券
エース証券
水戸証券
むさし証券
マネックス証券
SBI証券


アイリックコーポレーション(7325)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,410円を基に吸収金額を算出すると約10.2億円となり、オーバーアロットメントを含めると約11.7億円規模の上場となります。上場規模は通常よりもやや大きめですが荷もたれ感はないと思います。


グループ企業は同社と、連結子会社(インフォディオ)の2社構成になります。事業は個人及び法人向けの保険販売を行っている「保険販売事業」、保険代理店やその他の保険販売会社に対して保険に関するソリューションを提供する「ソリューション事業」、システム開発等を行っている「システム事業」となります。


保険販売事業は、来店型保険ショップである保険クリニック(直営店32店舗)において、保険分析・検索システム「保険IQシステム」を活用する事で、顧客が加入中の保険商品を分析し、複数の保険会社の保険商品の中から希望にあった保険商品をリストアップすることができます。また、絞り込みを行うことや視覚的に比べて選ぶことが出来るようなコンサルティングを通じて、最適な保険選びをサポートする保険販売を行っております。


集客方法は同社ホームページ経由や直接来店、アフィリエイト業者やリーズ業者を経由した誘導になります。また、法人、法人経営者および富裕層をサポートすべく、保険の有効活用等に関するご提案・保険販売を行う訪問型営業やWEBや電話による損害保険の通信販売もおこなっています。


アイリックコーポレーション(7325)上場評判とIPO分析


ソリューション事業はFC部門とAS部門から構成されており、FC部門は全国149店舗の保険クリニックFC店に対し、保険IQシステム及び保険申込ナビゲーションシステム「AS-BOX」を提供し、教育・研修や情報提供、店舗運営ノウハウ、プロモーション等のサポートを行い、直営店と同等のサービスを全国で展開しています。


同部門の収益源としては、FC運営代理店から支払われる「初期登録料・基本料金・店舗料金」、「ロイヤリティ」及びノベルティ売上・教育研修売上などとなります。また、アフィリエイト業者やリーズ業者から紹介された見込み客を、FC店に送客することもあるそうです。


AS部門は、金融機関・保険代理店・企業代理店等に対して、生命保険の現状把握・検索提案システム「ASシステム」及び「AS-BOX」を提供し教育研修サービスも提供しています。平成30年7月末で4,878IDに到達したそうです。収益の流れとしては、金融機関・保険代理店・企業代理店等とシステム利用契約を締結し、システムを提供することで、登録料と月額利用料が支払われ、教育研修サービスの提供に応じて教育研修売上を計上しています。


アイリックコーポレーション(7325)事業内容と連結子会社


システム事業では、保険分析・販売支援等のシステム開発及びその他ソフトウエア受託開発等を、連結子会社であるインフォディオにて行っています。同事業の収益源は、システム・ソフトウエアの開発に係る売上となります。同事業の収益の流れとしては、アイリックコーポレーション又はその他企業より、システム・ソフトウエアの開発を受注し、当該会社から開発費を受け取っています。


アイリックコーポレーション(7325)販売実績と取引先

アイリックコーポレーション(7325)の企業財務情報と配当性向

回次 第21期 第22期
決算年月 平成28年6月 平成29年6月
売上高 2,434,083 2,848,698
経常利益 111,285 213,200
親会社株主に帰属する当期純利益 126,406 186,063
包括利益 126,406 186,063
純資産額 879,448 1,065,512
総資産額 1,997,689 2,053,998
1株当たり純資産額 300.00 363.59
1株当たり当期純利益金額 43.20 63.59
自己資本比率(%) 43.9 51.8
自己資本利益率(%) 15.5 19.2
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー 310,106 305,099
投資活動によるキャッシュ・フロー △189,157 △208,498
財務活動によるキャッシュ・フロー 300,687 △154,219
現金及び現金同等物の期末残高 984,035 926,787
※数値は千円単位


第23期第3四半期連結累計期間(平成29年7月01日~平成30年3月31日)
売上高2,274,831千円
営業利益198,883千円
経常利益185,885千円
親会社株主に帰属する四半期純利益146,912千円


直営店については、集客力の高いショッピングモール等の物件から、収益性が高いと見られるものを精査・選別、2店舗を新規オープンし、直営店舗数は前期末の29店舗から31店舗に増加しました。既存店についても、2店舗の移転を実施しました。また、Webを活用したPR活動や各種イベントの実施等、効率的な広告宣伝活動を展開、OJTによる新しい研修制度も開始しました。AS部門は、地方銀行による新規導入が相次ぎ、銀行による導入は13行に到達したうえ、大手企業系の保険代理店による新規導入もありました。FC店に関しましては、店舗数が前期末152店舗から3月末現在145店舗と、7店舗の減少となったものの、大手企業系の保険代理店等へのアプローチを強化しております。

来店型保険ショップ『保険クリニック』は直営店・FC店合わせて平成30年3月末現在176店舗となり、『ASシステム』及び『AS-BOX』のID数は同4,259IDとなりました。



アイリックコーポレーション(7325)従業員と株主の状況

会社設立は1995年7月24日、東京都文京区本郷二丁目27番20号に本社を構えます。
社長は勝本竜二氏(昭和39年3月17日生まれ)、株式保有率は25.46%です。従業員数は228人で平均年齢40.2歳、平均勤続年数4.09年、平均年間給与4,506,133円になります。連結従業員数は252人、年間臨時雇用者数は20人です。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%)
Nihon IFA Partners Ltd 1,514,400 41.54
勝本 竜二 928,300 25.46
住友生命保険相互会社 234,000 6.42
勝本 伸弘 129,000 3.54
半澤 勝広 120,000 3.29
FWD富士生命保険株式会社 110,000 3.02
株式会社産業経済新聞社 50,000 1.37
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である勝本竜二、売出人である半澤勝広、勝本伸弘及び富山昇司並びに当社株主である大森学、青島一哲、清水照雄、鈴木康之、戸谷元彦、池田勉及び小池隆司は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31年3月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。

また、当社株主であるNihon IFA Partners Ltd、住友生命保険相互会社、FWD富士生命保険株式会社、株式会社産業経済新聞社、株式会社アエリア、ネオファースト生命保険株式会社、AIG損害保険株式会社及び東京海上日動あんしん生命保険株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年12月23日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。



上位株主には180日間(平成31年3月23日まで)のロックアップが付与されています。また、筆頭株主の「Nihon IFA Partners Ltd」や保険関係の株主には90日間(平成30年12月23日)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率は目論見に記載がありません。


アイリックコーポレーション(7325)IPO大手初値予想と各社配分

想定発行価格1,410円から大きく仮条件範囲が広げられ1,600円~1,770円となりました。これに伴い吸収額が約12.7億円となり、オーバーアロットメントを含めた金額は約14.7億円となります。約3億円弱の増加となっています!


2019年6月期の連結業績予想は売上15.9%増、経常利益75.7%増(1.9億円増)の増収増益となります。EPS78.50を基にPERを算出すると約22.55倍、BPS740.38を基にPBRを算出すると約2.39倍となります。配当はありません。


初値予想1,800円~2,100円

初値予想(第2弾)2,200円~2,500円


事前人気はそれほど高くありませんが、仮条件上限が大きく引き上げられているのは主幹事の野村證券が判断したことです。機関投資家からのヒアリングが良かったためでしょうか。VCが筆頭株主のため気になりますが、ロックアップが90日間かけられています。


幹事名 配分単位(株)
野村證券(主幹事) 662,400
いちよし証券 14,400
藍澤證券 10,800
エース証券 7,200
水戸証券 7,200
むさし証券 7,200
マネックス証券 7,200
SBI証券 3,600


類似企業 PER
PBR
キャピタル・アセット・プランニング(3965) PER52.39倍 PBR9.02倍
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(7169) PER13.32倍 PBR3.17倍
アドバンスクリエイト(8798) PER32.09倍 PBR5.24倍


野村證券が主幹事となり、店頭系の幹事が名を連ねています。当選期待は難しいように思いますが、申し込みが出来る企業からできるだけ申し込むスタンスを取りたいと思います。


公開株数はそれなりにあるため平幹事からの当選期待もできるかもしれません。いちよし証券は電話申し込みになりますが、できれば申し込みしておきたいところです。昨年は連続当選できましたが、今年はご縁がありません(涙)


マネックス証券のIPO配分は完全抽選だった


楽天証券IPO抽選ルール詳細


アイリックコーポレーションのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数(株) 発行価格(円)
平成24年8月15日~平成34年8月14日 200,000 839


ストックオプションは行使期限を迎えており、200,000株が対象となります。想定価格が1,410円と考えると発行価格839円はかなり高いとおもいます。上場ゴールと思えるような銘柄はストックオプションの発行価格がかなり低いことがざらにあります(個人的な感覚です)


アイリックコーポレーション(7325)IPO私見と申し込みスタンス

アイリックコーポレーションIPOは上場前に会計処理が行われ準備万端の上場だと感じます。保険代理店(販売店)ということですが積極的な店舗展開による収益期待が見込まれるのではないでしょうか。直営店はイオンタウンユーカリが丘とイオンモール神戸南店に新たに出店しています。


フランチャイズ店に関しては店舗数が減少しているようですが、大手企業系の保険代理店等へのアプローチも行っており上場効果が今後あるのではないでしょうか。創業から23年が経過しているため企業規模も大きく安定感があるように思います。


初値利益は獲得できると思いますので全力申し込みを予定しています。上場後は株主が入れ替わることで株価も安定すると思いますが、最終的には同業者とそれほど変わらない株価水準となりそうです。


テノ.ホールディングス取扱い決定の岡三オンライン証券! 【前受け金不要でIPO参加可能】
⇒ 岡三オンライン証券公式サイト