カウリス(153A)がグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。売出株中心のIPOになりますが利益見込みがあると考えています。


主幹事はSBI証券と大和証券が共同で務めます。公開株数1,590,700株、オーバーアロットメント238,600株です。上場規模は想定発行価格1,440円から計算すると約26.3億円になります。


カウリス(153A)IPOが上場承認
※カウリス公式サイト引用


同社は法人向けにクラウド型不正アクセス検知サービスを提供しています。


急激なデジタル化やインターネットサービスの利活用などにより、国民生活におけるデジタル化や企業活動におけるデジタル・トランスフォーメーションが進んでいます。


一方サイバー攻撃の増加等を背景に、特殊詐欺やクレジットカードの不正利用被害が増加傾向にあり社会経済活動に大きな影響を及ぼしています。


キャッシュレス決済比率が高まるにつれ、サイバー攻撃関連通信も増加している現状があります。


目論見によれば同社の市場規模が拡大し高い成長率を維持できると予想されています!


カウリス(153A)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日3月28日
市場グロース市場
業種情報・通信業
事業内容法人向けクラウド型不正アクセス検知サービスの提供等
ブックビルディング3月12日~3月18日
想定価格1,440円
仮条件1,440円~1,530円
公開価格1,530円
初値結果2,875円(公開価格1.88倍)
企業情報https://caulis.jp/
監査人EY新日本有限責任監査法人
手取金の使途
  • 人材への投資
  • セキュリティ投資
  • 借入金の返済


項目株数データ
公募株数380,000株
売出株数1,210,700株
公開株数(合計)1,590,700株
オーバーアロットメント238,600株
上場時発行済み株数6,086,700株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約87.6億円
幹事団SBI証券(共同主幹事)
大和証券(共同主幹事)
楽天証券
マネックス証券
SMBC日興証券
岡三証券
松井証券
委託見込SBIネオトレード証券
大和コネクト証券
岡三オンライン


カウリス(153A)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,440円を基に吸収金額を算出すると約22.9億円となり、オーバーアロットメントを含めると約26.3億円規模の上場となります。


同社は先端技術を活用した実用的なサービスを創り続け、犯罪のビッグデータをアルゴリズムと掛け合わせることで、SaaS型アルゴリズムサービスを提供する事業モデルを構築しています。


具体的なサービスは法人向けクラウド型不正アクセス検知サービスのFraud Alert(フロードアラート)を提供しています。


カウリス(153A)の業績
※有価証券届出書引用


Fraud Alertはマネー・ローンダリング対策やサイバーセキュリティ対策等として利用されています。


銀行、証券会社等の資金移動業、膨大な個人ユーザーを有する通信キャリア、ガス等のインフラ事業者、その他のサービス事業者に対してサービスを提供しています。


端末から取得される情報をFraud Alertのアルゴリズムで算出し、なりすましではないか、自社・他社において不正利用履歴がないかなどを算定し、法人顧客にリアルタイムでアラートを上げるサービスです。


特に資金移動業社において自社に還流するキャッシュが正当なものかどうかを判断する要素が限られるため、送金元における利用履歴を活用することで判定精度を向上させたいと言ったニーズから同社サービスが生まれたそうです。


カウリス(153A)のサービス概要
※有価証券届出書引用


利用実績としては2023年8月は月間約4億件のログインのモニタリングを行い、そのうち約0.3%~0.7%のアクセスは本人らしさが低いものとして検知されたそうです。


警視庁・各県警から、同社顧客に凍結依頼があった銀行口座に紐づく端末情報をブラックリストデータベースに登録も行います。


また、総務省や警察庁及び経済産業省の調査によると、2022年の不正アクセス行為の認知件数は2,200件あり、そのうち約半数がインターネットバンキングでの不正送金等につながっているそうです。


ログインの際に、不正なエンドユーザーを検知し水際で防ぐ対策が求められるため同社サービス等の利用が必要のようです。


カウリス(153A)の販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


同社のFraud Alert(フロードアラート)は、「月間数億件のモニタリング」「モニタリング運用支援のコンサルティングサービス」「業界ごとのガイドラインに準拠した導入実績」「不正アクセス状況が分かりやすく可視化された管理画面」といった特徴があるそうです。


Fraud Alertはインターネットバンキングなどの各種サービスにおけるWEBサイトに、JavaScriptのコードを数行埋め込むことでアクセス解析されたデータを取得します。


その解析結果を元にした追加認証やメール通知など、ログイン後の挙動をカスタマイズできるサービスになります。


カウリス(153A)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2015年12月04日、東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル4階FINOLABに本社を構えます。社長は島津敦好氏(1978年11月17日生まれ)、株式保有率は8.88%(576,900株)です。※株式会社rhizome所有分は除く


従業員数43人で臨時雇用者1人、平均年齢37.6歳、平均勤続年数2.7年、平均年間給与6,827,056円です。


セグメント別従業員数は営業部13人(臨時1人)、開発部18人(臨時0人)、海外・技術研究部3人(臨時0人)、バックオフィス9人(臨時0人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社rhizome3,252,900株50.14%
島津 敦好576,900株8.88%
造田 洋典300,000株4.61%
Salesforce Ventures LLC293,400株4.51%
安藤 洋輔280,000株4.32%
大久保 久幸189,400株2.92%
ソニーグループ株式会社188,600株2.91%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2024年9月23日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


Salesforce Ventures LLC、ソニーグループ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル5号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合にはロックアップ90日間(2024年6月25日まで)、ロックアップ解除倍率は発行価格(売出価格)の1.5倍以上となっています。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けは取得金額2,000万円に相当する株式数を上限として従業員持株会が要請予定となっています。


カウリス(153A)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が1,440円~1,530円に決定し上場による吸収金額は最大で約28.0億円、時価総額は約93.1億円になります。


大手の予想値がかなり上がったためなぜなのか調べると関心の表明が発表されていました。


アセットマネジメントOneが運用するファンドが3.3億円、りそなアセットマネジメントが運用するファンドが4.0億円を取得する予定となっています。


関心の表明は法的拘束力はありませんが、これまでのIPOから初値高騰となる可能性が高いと思います。


業績水準は低いもののしっかりとした利益を計上しているため評価されています。また、某紙によれば「AIベンチャー企業」に匹敵する評価を受けてもおかしくないそうです。


理由としては金融機関だけでなく捜査当局との連携がポイントだそうです。不正検知サービスとしてレベルの高いサービスを提供しているようです!


大手初値予想2,500円~3,000円
修正値3,100円~3,500円
最終予想3,500円

※注目度A


業績を確認すると2024年12月期の単独予想を確認することができました。売上13.60億円となり前期比36.82%増、経常利益4.63億円となり前期比58.02%増となります。


四半期利益は3.10億円となり前期比19.23%増を予想しています。


公開価格が1,530円決定の場合の指標はEPS51.86からPER29.50倍、BPS207.47からPBR7.37倍になります。配当や株主優待の設定は現時点でありません。


米セールスフォースが同社に出資していることも初値高騰要因の一つになりそうです。売買に機関投資家の需要が見込めそうなんですよね。


kimukimu

複数のファンドが同社株を取得したいと伝わったことで機関投資家を巻き込んだ初値形成が期待できそうです。セカンダリーも強いと嬉しいですね!



類似企業は赤字に陥っている企業もありますが、現時点でカリウスは成長期にあるため期待できそうです。


ベンチャーキャピタル(VC)3社とソニーグループは公開価格1.5倍の2,295円以上で売却できます。「連売り」ではなくうまい具合捌いてくれると面白そうです。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(共同主幹事)1,249,100株78.53%
大和証券(共同主幹事)238,600株15.00%
楽天証券47,700株3.00%
マネックス証券27,000株1.70%
SMBC日興証券23,900株1.50%
岡三証券3,000株0.19%
松井証券1,400株0.09%


吸収金額から考えると共同主幹事は「どうなの?」と思うところもあります。これってもしかして期待して良いIPOなのかもしれません。


事業的にはIPOに好まれそうです。幹事構成は申込みやすいため全力で当選を狙うつもりです。


SBI証券メインなのでSBIネオトレード証券からも申込を行っておきたいと思います。


また、大和コネクト証券も申込を行っておきましょう。今年も個人的に当選を狙っています!


口座開設してから毎年IPO当選を頂いているので今年も狙いたいと思います。2,500円分の株式を貰えるので頂いておきましょう。IPOルールは下記記事でまとめています。




株高で個別株に手を出しにくいと思っている方はROBOPROに投資してみませんか?私も投資しています。


積立投資が行えるため手間もかかりません。記事作成時点では金融庁が公表したロボアド過去3年でパフォーマンスN0.1となっています。


詳しい内容は下記記事にまとめています。もちろん含み益となっています!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
デジタルアーツ(2326)PER13.88倍PBR4.40倍
アズジェント(4288)PER-倍PBR2.12倍
サイバーセキュリティクラウド(4493)PER50.37倍PBR15.05倍
※2024年3月12日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2018年10月02日~2025年9月30日56,500株18円
2019年6月02日~2026年5月31日91,000株190円
2019年6月02日~2026年5月31日65,000株190円
2024年3月26日~2030年12月28日256,800株295円
2025年6月16日~2032年3月25日128,600株300円
2025年7月21日~2032年3月25日28,500株300円
2025年12月22日~2032年3月25日20,500株300円
2026年9月21日~2033年3月24日50,000株450円
2026年10月14日~2033年10月13日10,000株450円
2018年8月09日~2025年8月10日50,000株600円
2019年12月26日~2026年12月10日23,200株648円


ストックオプション(新株予約権)は542,500株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数5,706,700株に対する新株予約権の割合は13.67%に相当します。新株予約権による潜在株式数は780,100株です。


カウリス(153A)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

カウリス(153A)のIPOは上場時に関しては人気が見込めると考えています。


新株予約権の取得価格が低いため将来的にガンガン売ってきそうです。


カウリス(153A)IPOのまとめ
※カウリス公式サイト引用


取引先大手の名前に三井住友銀行や楽天証券の名前を確認できます。そのため技術力は高いと考えられます。


直近で「SBI FXトレード」もカウリスのシステムを導入したと発表が行われています。主幹事絡みでしょうか。


収益構造の特徴ではフロー型収益とストック型収益の両方を得ているそうです。大部分がFraud Alert利用料等のストック型収益になり安定的な経営となっているようです。


kimukimu

先行投資で赤字が続いていたようですが現在は黒字化しています。売出株が多くても今の地合いなら難なく吸収してしまいそうです!



AGクラウドファンディングで2,000円分の特典をプレゼントしています。期間限定のタイアップになります!


締め切り日が近づいているためよかったらお早めにご参加いただければと思います。既存口座開設者にVプリカプレゼントCPが行われることもあります。


詳しくは下記記事にまとめています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。