ギックス(9219)IPOの抽選結果が出そろいました。グロース株として有望との意見もありますが、赤字企業に資金が入るのか微妙なところです。


ただ急激に地合いが回復しているため利益期待は高いと個人的に考えています。公開価格1,070円のPERが823.1倍にもなるため投機的なマネーを呼び込むことが前提になります。


ギックス(9219)IPOの抽選結果


アナリティクスを用いたデータインフォームド(Data-Informed)事業を行い、独自データを用いた各種コンサルティング業務やツールの研究開発などを行います。


プロダクトは鉄道会社やクレジットカード会社向けの内容を主力としており、西日本旅客鉄道や三菱UFJ銀行などの大手企業名を確認することができます。


この他、アサヒグループホールディングスとも取引があります。


ただ問題なのは利益が現状で出ていないことです。2022年6月期は売上9.66億円となる予想が出ていますが、四半期利益は600万円予想となっています。


大手情報によれば収益イメージは機関投資家に納得できる材料の提示が行われ、一定の理解を得られているそうです。


個人的に気になるのは情報通信業ではなくサービス業となっていることです。ただIPOに当選したら購入申込を行うと思います。上場規模は12.7億円です。


ギックス(9219)IPOの公開価格が決定しました

ギックスの公開価格は仮条件上限に決定しています。地合いが悪い中でブックビルディング行われているため需要があったと考えられます。


目論見では申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。


また、申告された需要の価格毎の分布状況は仮条件の上限価格に集中していたとあります。ウクライナ問題が世界的に注視されている期間に募集が行われていましたが無事上限決定となっています。


幹事引受け価格は984.40円に決定しています。事業内容や株主状況など詳しいことは下記記事でまとめています。

ギックスの初値予想を考察!早すぎる上場で赤字不安


ギックス(9219)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

抽選結果を調べてみました。野村證券主幹事のためとりあえずIPOに参加していた方が多いようです。


幹事名抽選結果
野村證券補欠当選
SBI証券補欠当選
三菱UFJモルガン・スタンレー証券落選
楽天証券抽選待ち
いちよし証券不参加
LINE証券申込忘れ


ギックス(9219)野村證券の抽選結果


野村證券では補欠当選を頂きました。引受株数が932,200株なのでネットには93,200株くらい回るはずです。しかし200株セットなので当選者は466人くらいでしょう。


知り合いにも当選者が出ていたのでもしかしたらブックビルディング参加者は少なかったの?それとも店頭配分をネットに振り分けたのか?など疑問もあります。


それとLINE証券のIPO抽選に申込もうとしていたところ申込み期間が終了していました。申込みタイミングに難ありですね。


IPOルールは下記記事でご紹介しています!





ギックス(9219)IPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を調べてみました。


下値不安は小さいかもしれませんが、市場が不安定なことが一番の問題だと思います。


最新のIPO初値予想


大手の最新の初値予想は1,200円前後となっています。ただ地合いが急激に回復しているため上振れすることも考えられます。公開価格は1,070円です。


逆に地合いが悪化した場合は公開価格を割れる可能性もあるかもしれません。極端に怖がる必要はないと思いますが、ウクライナ問題の動向次第だと思います。


ギックスは利益があまり出ていないため上場費用も重しとなりそうです。


また、売上拡大となっているため将来性を見込んだ投機マネーを呼び込める環境が必要だと思います!!


Funds(ファンズ)では上場企業を中心に貸付を行うことでリスクを下げることに成功しています。最近では「NewsPicks Studios」もファンズを利用しているため凄いことだと思います。


インタビューも行っているため1円から投資できるクラウドファンディングに興味があれば下記記事が参考になると思います。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。