ファンズ(Funds)の口座開設が完了しました。厳密にはまだなんですが、無事審査をクリアーしたようです。申し込み日を含め5営業日で口座開設となります。混雑しているとインタビュー時に仰っていましたが、まさかの休日出勤などがあったのかもしれませんね。連休を挟んでいたので遅れると考えていましたが、ウェルカムレターが既に発送されているそうです。


ファンズ(Funds)口座開設完了


ウェルカムレターを受け取った後は、番号などが書かれているのでそれを公式ページで入力する流れになるはずです。案内には「サインを頂いてから弊社システム側に反映するまでに最大1営業日ほどお時間を頂戴します」と記載があります。すべて終われば口座開設が完了します。


さらに、案内には日本郵便の個別番号検索案内があり、調べるとまだ渋谷にあるようです。メールが届いた時間を確認すると19時なので少しは九州に近づいたかな?急ぐ理由は2019年1月23日10時30分からファンドの投資申込みを受け付けるからなんです。第一号案件に申し込みたいですからね。


クラウドポート口座開設完了


しばらくは出ないと思いますが、不成立案件もしっかりと公式ページに公開されるようです。それよりも人気がありすぎてしばらくは投資できない状況が続く可能性があります。ファンズのサービスはインターネットを用いて、個人向け社債と同様の性質を備えた金融商品を販売するそうなので、これまでソーシャルレンディング懸念を抱いていた方の考えも変わるかもしれません。


日本の証券会社が扱う社債は数億円の募集で利回り1%以下でもすぐに完売してしまうほど人気です。リスクが低い金融商品を好む層がかなりいると言うことです。借り手は上場企業なども含まれどちらかと言えば投資家に不安がないように、上場企業を中心に考えているそうです。


ファンズの口座開設で注意することはなんなのか?システムトラブル

ファンズ(Funds)口座開設で実は一項目だけあれ?と思うことがありました。それは出金のために登録銀行を選ぶ際に、私が登録しようとした支店名が出ませんでした。これはシステムトラブルなのかも?と思っていますが、自分では対応できないので地銀を選択しました。


ファンズ(Funds)個人情報入力画面


ジャパンネット銀行の○○支店を選ぶと支店名が出てきませんでした。よって地方銀行を入力しマイナー支店を探すと出てきます。意外過ぎて理由がわかりませんが、たまたまなのかもしれません。


入出金を繰り返すことはないためどちらでもいいのですが、似たようなことに遭遇される方がいると困るため記事にしてみました。この他では法人口座の開設が出来る画面が出てきたので法人にも対応しているようです。法人で資産を運用とかやめてほしいと個人的に思いますが、どれだけ同社に資金が集まるのかみものです。


法人だと単価が大きくなるでしょうから、すぐに上限になることも考えられますよね。代表取締役の藤田雄一郎氏に直接聞いた感じでは、サービス開始から半年間の間に改善できるようにすると仰っていました。そもそも、サービスが開始されないことには需要がどの程度あるのかわかりませんけどね。


インタビューの内容などは下記の記事から見ることが出来ます。かなり長いので時間があるときに見てください。


Funds(ファンズ)の評判を徹底的にリストアップ 【突撃インタビュー】


Fundsセミナー開催のお知らせと定員数18名!

ファンズ(Funds)のセミナーには藤田雄一郎氏と事業開発の新才2名が参加するそうです。今回は2月開催分の案内があり、2018年2月6日(水)と2月16日(土)、2月22日(金)、2月27日(水)となっています。そういえば藤田氏が近くに伺う機会があればお会いしたいので来てくださいと仰っていたことを思い出しました。

ファンズ(Funds)セミナー案内


時間の都合が合えば写真を一緒に取りたいと思います。私の顔は隠しますが(汗)定員は場所により異なり18名~21名となっています。場所はAP虎ノ門や渋谷ヒカリエ、ベルサール八重洲となっています。興味がある方は公式サイトから無料申し込みができます。


藤田氏の経歴は、早稲田大学卒業後にサイバーエージェント入社、その後企業を創設しその企業を上場企業へ売却しています。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスの立ち上げに経営メンバーとして参画し、2016年11月にクラウドポートという会社を創設しています。今回はクラウドポートの新事業としてファンズを立ち上げた格好になります。


それと大手ソーシャルレンディングとはクラウドバンクになります。多分書いても問題がないと思います。公式ページを読むとどこかに書いてありました。


クラウドポートに電話が殺到?フライングする人が出ているようです!

どうやらクラウドポート(ファンズ)に問い合わせが多くあるようです。公式ページでは案内が行われています。完全にフライングしている方がいるようです。私はまだ入金できませんが、口座を開設されている方は入金を行うことで投資がスムーズに行えます。


ただ、入金しなくても案件に申し込むことがサービス開始時点では可能です。あまりにも未入金の方が多くいるとサービスが中止されることも考えられます。もしくは補欠申し込みのようサービスもあるのかもしれません。


クラウドポート比較サイト売却


また、これまでクラウドポートは業界NO.1の比較サイトを運営していましたが、ZUU(4387)へ事業譲渡しています。公平な立場を守るためにも譲渡してよかったと考えている投資家が多いようです。比較して自社サイトが上位にあれば何を言われるかわかりませんからね。


またクラウドポートニュースはこれまで通りの運営がおこなれるそうです。


それと1円から投資する人は流石にいないと思いますが、1円未満の分配金は切り捨てになるので覚えておきましょう。最低でも100円単位からの投資じゃないとリターンはないかもしれません。投資期間が短期であれば50万円からの投資を考えています。


貸付先は主に上場企業で1円から投資が可能! 【あのクラウドポート運営で超話題】
⇒ Funds(ファンズ)公式へ

Funds