エコナビスタ(5585)のIPOがグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。同社のライフリズムナビ+Dr.はSaaS型高齢者施設見守りシステムとしてNo.1になるそうです。


主幹事はみずほ証券が務め公開株数2,100,000株、オーバーアロットメント315,000株です。上場規模は想定発行価格1,110円から計算すると約26.8億円になります。


面白そうなIPOが登場しました!


エコナビスタ(5585)IPOが上場承認
※エコナビスタ公式サイト引用


同社は睡眠データ解析技術やセンサフュージョン技術、そして医学的知見を統合することでSaaS型高齢者施設見守りサービス「ライフリズムナビ+Dr.」を生み出しています。


ライフリズムナビ+Dr.とは各種センサーを活用した、高齢者施設向けSaaS型見守りシステムのことを指します。


また、同社サービスは介護ロボットの「見守り・緊急通報サービス」に該当し、各種補助金・助成金の対象となるそうです。


少子高齢化が叫ばれ、超高齢化社会に待ったなしのため同社サービスは投資家に好まれそうです!!


エコナビスタ(5585)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日7月26日
市場グロース市場
業種情報・通信業
事業内容睡眠解析技術を通じた健康状態推移予測AIの開発と、開発したAIを実装した「ライフリズムナビ+Dr.」サービス等、社会課題解決型ソリューションの提供
ブックビルディング7月07日~7月13日
想定価格1,110円
仮条件1,180円~1,300円
公開価格1,300円
初値結果3,300円(公開価格2.54倍)
企業情報https://econavista.com/
監査人仰星監査法人
手取金の使途
  • 人材確保費用
  • ハードウェア調達費用
  • 研究開発費(ハードウェア・ソフトウェア)


項目株数データ
公募株数1,000,000株
売出株数1,100,000株
公開株数(合計)2,100,000株
オーバーアロットメント315,000株
上場時発行済み株数5,776,630株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約64.1億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
野村證券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


エコナビスタ(5585)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,110円を基に吸収金額を算出すると約23.3億円となり、オーバーアロットメントを含めると約26.8億円規模の上場となります。


同社はライフリズムナビSleepSensor等各種センサーから得られた睡眠と生活習慣に関するビッグデータに最新の解析技術を適用し、特徴量を可視化、AIを始めとした様々なソフトウェアを開発しています。


開発した各種AIを顧客が使いやすいソリューションに実装し、価値化することで社会課題解決型のサービスとして提供しています。


エコナビスタ(5585)の業績
※有価証券届出書引用


主たる事業は超高齢社会の進展に伴い、現実的な課題が山積する介護業界を中心にDXの推進による業務効率化とケアの質向上を両立する「ライフリズムナビ+Dr.」を行います。


また、ライフリズムナビ+Dr.で培ったノウハウを在宅介護領域に最適化し事業パートナーを通じて展開するサービス「ライフリズムナビ+HOME」も行います。


ライフリズムナビ事業は、事業を通して蓄積してきた高密度かつ長期間の睡眠データ、バイタルデータをベースに医学的知見を加えた独自の解析技術を行います。


創業時から得意とするセンサフュージョン技術を組み合わせ、SaaS型見守りサービスとして提供しています。


エコナビスタIPOの2022年10月期の業益等
※有価証券届出書引用


また、同社はもう一つの事業ポートフォリオとして受託研究開発事業を設定しています。


こちらはライフリズムナビ事業を通じて永続的に蓄積し続けているビッグデータを扱います。


ビッグデータの可視化×価値化技術、そこから生み出される疲労回復度予測AIや認知症予測AIのような健康状態の推移を予測するAIを中核に、


介護や医療業界に限らずハウスメーカーやデベロッパーなど住宅関連事業者や衣類・寝具メーカーといった様々な共創パートナーとの連携を実現し、事業領域を限定しない価値創造型の事業として展開しています。


エコナビスタIPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


同社の特徴としては顧客から取得するビッグデータを起点としたソフトウェアサービスを提供する事業者でありながら、


睡眠やバイタルデータを取得しサービスの中核を担うライフリズムナビSleepSensorを内製化した、メーカーポジションであることが挙げられるそうです。


大手企業と資本業務提携を積み重ね事業規模を拡大しています。勢いある企業のようです!


エコナビスタ(5585)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2009年11月18日、東京都千代田区紀尾井町3番1号に本社を構えます。社長は渡邉君人氏(1974年7月23日生まれ)、株式保有率は11.66%(700,000株)です。


従業員数32人で臨時雇用者0人、平均年齢38.5歳、平均勤続年数2.7年、平均年間給与5,351,797円です。


セグメントはライフリズムナビ事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社ココアアセット2,790,250株46.47%
渡邉 君人700,000株11.66%
ヒューリック株式会社672,750株11.20%
東京ガス株式会社622,750株10.37%
梶本 修身363,000株6.05%×
ソニーグループ株式会社138,880株2.31%
グローリー株式会社100,000株1.67%×
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


株式会社ココアアセットと株式会社GMSには360日間(2024年7月19日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


また、ヒューリック株式会社、東京ガス株式会社、ソニーグループ株式会社、新株予約権者等に180日間(2024年1月21日まで)のロックアップが付与されています。こちらもロックアップ解除倍率の記載はありません。


梶本修身氏保有の363,000株は売出株で全て処分される予定です。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けは取得金額300,000千円を上限としてエムスリー株式会社が引受ける予定となっています。


エコナビスタ(5585)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が上振れし1,180円~1,300円に決定しました。吸収金額は最大で約31.4億円、時価総額は約75.1億円となります。


上場規模は大きめのサイズとなっていますが、かなり注目されているらしく軽く吸収すると観測されています。


少子高齢化により介護現場で同社システムが期待され、親引けを行うソニーG系列のエムスリー(2413)も期待しているようですね。


高齢者施設見守りシステムの「ライフリズムナビ+Dr.」は現在のところ、SaaS収益よりも自社開発機器による収益が高くなっているそうです。将来的にはSaaS収益に期待できるものの現時点ではハードウェアによる収益が多くを占めています。


また、顧客の負担を減らすためリース販売も行っています。


大手初値予想2,500円~3,000円
修正値4,000円前後
最終予想4,000円

※注目度A


業績を確認すると2023年10月期の単独予想を確認することができました。売上10.65億円となり前期比19.26%増、経常利益3.75億円となり前期比23.36%増となります。


四半期利益は2.60億円となり前期比31.98%増を予想しています。


公開価格が1,300円決定の場合の指標はEPS51.54からPER25.22倍、BPS416.51からPBR3.12倍になります。配当や株主優待の設定は現時点でありません。


競合となる企業が無いとされているため初値高騰パターンとなるようです。VC保有株も少なく売り圧力は低いようです。


増収増益が続いており収益率も高く資金が集中する可能性もあるようです。どうやら某紙によればAIベンチャーを上回る資金が集まる可能性もあるようですね。マジか!?


上場規模から機関投資家が参戦する可能性があること、さらに機関投資家が好む高齢化のテーマで大きな需要が見込まれています。


ここ最近の人気IPOは初値3倍を超えることも多く期待できそうです!!


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)1,997,100株95.10%
野村證券42,000株2.00%
SBI証券42,000株2.00%
マネックス証券6,300株0.30%
松井証券6,300株0.30%
楽天証券6,300株0.30%


増収増益が続ているため人気だと思います。利益もしっかりでているため安心感があります。


幹事構成は申込みやすいため全ての証券会社からIPO抽選に参加する予定です。公開株数も多いため当選が期待できそうです!


8月はIPOが少なくなる時期なのでこれからFX取引は如何でしょうか?毎月食品などが貰えるヒロセ通商だと暇な時にキャンペーンに参加できます。※タイアップ特典あり


IFDOCO取引を利用した攻略方法なども下記記事にまとめています。これを使えば毎月食材などがタダ貰いできる可能性があります。いまだに私は利用させていただいています!




または、AIを利用したマイメイトも面白みがあります。こちらもタイアップ特典が付いています。


期間限定で2万ポイントをプレゼントしているためよかったらご利用ください。儲かっているエージェントをコピーすれば利益見込みがあります。


詳しい内容は下記記事でまとめています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
カナミックネットワーク(3939)PER26.92倍PBR7.67倍
サスメド(4263)PER-倍PBR5.82倍
アイホン(6718)PER11.95倍PBR0.67倍
※2023年7月07日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2013年12月30日~2023年12月29日17,000株75円
2019年8月03日~2027年8月02日958,300株75円
2022年9月05日~2030年9月04日166,500株350円
2023年9月18日~2031年9月17日47,500株367円
2024年8月18日~2032年8月17日39,000株944円


ストックオプション(新株予約権)は1,141,800株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数4,776,630株に対する新株予約権の割合は25.71%に相当します。新株予約権による潜在株式数は1,228,300株です。


エコナビスタ(5585)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

エコナビスタのIPOは公募組に嬉しい銘柄だと思います。


AIやDX、ビッグデータなどのキーワードがあります。また補助金対象となっていることも投資材料になりそうです。


エコナビスタ(5585)IPOのまとめ
※エコナビスタ公式サイト引用


高齢者向け介護産業の市場規模は拡大し続けています。


介護ロボット導入などは政府の補助金が拡大しているようですし同社サービスも対象となっています。


上場後は居宅介護向け、地域包括ケアシステムを推進するサービスへと拡張し、同社の技術やサービスを公的保険外のヘルスケア市場への適用も想定しているそうです。


これにヒューリックや東京ガス、ソニーGなどが目を付けた感じでしょうか。取引先も大手の名前がありIPOでは人気が見込めそうです。


もしかしてエコナビスタもAI(人工知能)関連で高い初値を付けるのでは?と思ってしまいます。上場するタイミングで「AIバブル」が続いていることを願いたいですね~


AGクラウドファンディングの口座開設だけで2,000円分の特典をプレゼントしています。アマギフ1,000円分がタイアップ特典となります!


1円から投資できるため分配金の再投資も簡単にできます。最大10.1万円分のVプリカを貰うことができるキャンペーンにも同時参加可能です。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフト券1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じで最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。