コロンビア・ワークス(146A)のIPOがスタンダード市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。ネガサ株なので少し慎重に判断したほうがいいかもしれません。


主幹事は野村證券が務め公開株数913,500株、オーバーアロットメント137,000株です。上場規模は想定発行価格3,110円から計算すると約32.7億円になります。


コロンビア・ワークス(146A)IPOが上場承認
※コロンビア・ワークス公式サイト引用


不動産開発や不動産賃貸管理、ホテル運営を行う企業になります。


他社とは異なりサービス付きの賃貸住宅開発や体験型ホテル等を開発することで競合他社と差別化を行っている企業になります。


同社によれば建築資材の供給制約に伴う建築コストの上昇、継続する用地価格高騰の影響、金利上昇リスクの高まりといった状況ではあるものの、賃貸マンション市場や分譲マンション市場における国内外投資家の購入意欲は高いそうです。


増収増益にある企業ですが中途半端な吸収金額のため個人投資家は注意しておきましょう。


コロンビア・ワークス(146A)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日3月27日
市場スタンダード市場
業種不動産業
事業内容不動産開発事業を単一セグメントとする不動産開発、不動産賃貸管理、ホテル運営
ブックビルディング3月08日~3月14日
想定価格3,110円
仮条件3,110円~3,300円
公開価格3,300円
初値結果3,745円(公開価格1.13倍)
企業情報https://columbiaworks.jp/
監査人双葉監査法人
手取金の使途賃貸マンション開発やホテル開発における土地購入資金および建設代金に充当する予定


項目株数データ
公募株数833,400株
売出株数80,100株
公開株数(合計)913,500株
オーバーアロットメント137,000株
上場時発行済み株数3,333,400株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約103.7億円
幹事団野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
あかつき証券
委託見込auカブコム証券
SBIネオトレード証券


コロンビア・ワークス(146A)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格3,110円を基に吸収金額を算出すると約28.4億円となり、オーバーアロットメントを含めると約32.7億円規模の上場となります。


同社グループはコロンビア・ワークスと連結子会社3社から構成され不動産開発サービスを主な事業内容としています。


また、それに付随する不動産賃貸管理サービス、ホテル運営サービス、アセットマネジメントサービスの事業活動も行います。


コロンビア・ワークス(146A)の業績
※有価証券届出書引用


不動産開発サービスではレジデンス(賃貸マンション)やオフィス、ホテル等を不動産開発サービスの対象としています。


レジデンスはBlancé(ブランセ)とLUMIEC(ルミーク)、オフィスはBIASTA(ビアスタ)のブランド名で開発を行っています。


案件担当者が仕入から開発、販売まで一貫して担当することによりスピード感を持った判断が出来るそうです。


特徴として機動力のある迅速な業務執行が可能であると共に、不動産開発サービスに関するノウハウ及び開発後の運営に関するノウハウを持ち合わせているそうです。


このため企画から運営まで一気通貫の不動産開発サービスの提供が出来るそうです!


コロンビア・ワークス(146A)IPOの事業内容
※有価証券届出書引用


また、不動産賃貸管理やホテル運営の各サービスを同社グループで提供することにより、世の中が求めているサービスのニーズをタイムリーに把握し、他社ではあまり手掛けられていない新たなサービスの提案を行うことが出来るそうです。


ホテル運営サービスは連結子会社のコロンビアホテル&リゾーツ株式会社が行い、同社が開発したアートホテルなどの空間演出によるホテル運営サービスを行います。


コロンビア・ワークス(146A)の販売実績
※有価証券届出書引用


同社グループは、土地に建物を建てて売却を行う通常の不動産開発のみならず自社開発型、ファンド型及びソリューション型の3つの事業スキームを展開しています。


ひとつの土地に対して最適なスキームを選択することで利益の最大化及び資産効率の最適化を図ることができるそうです。


加えて、どのスキームでも同社グループ内でのシナジー効果が活用できることで多様な収益ポイントを確保することが可能となっています。


コロンビア・ワークス(146A)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2013年5月14日、東京都渋谷区渋谷三丁目28番15号に本社を構えます。代表取締役は中内準氏(1975年10月03日生まれ)、株式保有率は41.40%(1,035,000株)です。※資産管理会社保有分は除く


従業員数32人で臨時雇用者0人、平均年齢34.52歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与7,142,978円です。連結従業員数は47人で臨時雇用者は4人です。


連結のセグメントは不動産開発事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
Nstyle株式会社1,300,000株52.00%
中内 準1,035,000株41.40%
水山 直也165,000株6.60%
※全株主3名の状況


上位株主には90日間(2024年6月24日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


親引けは取得金額2,000万円を上限に従業員持株会が要請予定となっています。


コロンビア・ワークス(146A)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が3,110円~3,300円に決定し上場による吸収金額は最大で約34.7億円、時価総額は約110.0億円になります。


IPOではあまり人気が見込めない不動産業、さらに金利上昇局面での上場となっています。また、上場日は2024年3月27日なので3月末の優待権利付き最終日になります。


同日上場が3社あることで資金流入を考えるとやや心配な銘柄です。


好感されるポイントは業績規模が大きく利益もしっかり出ていること。さらに割安な株価設定でVC保有株がないこと等となっています。仮条件が上振れししたことで機関投資家の評価は高いようです!


大手初値予想3,500円~4,000円
修正値3,500円前後
最終予想3,500円

※注目度A


業績を確認すると2024年12月期の連結予想を確認することができました。売上200.81億円となり前期比38.79%増、経常利益26.38億円となり前期比10.75%増となります。


四半期利益は18.03億円となり前期比18.93%増を予想しています。


公開価格が3,300円決定の場合の指標はEPS574.23からPER5.75倍、BPS2,937.99からPBR1.12倍になります。配当や株主優待の設定は現時点でありません。


収益不動産デベロッパーとして業績面の評価が高く、機関投資家が参加することも予想されています。初値は鈍いがセカンダリーに資金が入る可能性も?と観測されているようです。


同社代表の経営手腕が優れているのかVC出資なしでここまでこれたことが凄いようですね。


kimukimu

ネガサ株なのでIPOラッシュで資金が枯渇している方が多そうです。平幹事から申込できる方は限られそうですね。どのみち当選確率は低そうです。



幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)876,900株95.99%
SMBC日興証券11,400株1.25%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券9,100株1.00%
岩井コスモ証券4,600株0.50%
SBI証券4,600株0.50%
楽天証券4,600株0.50%
あかつき証券2,300株0.25%


3月上場ラッシュに入り荷もたれ感あるサイズが登場しています。やや警戒しておきたいと思います。


IPOで不動産株はパフォーマンスがよいとは言えません。増収増益傾向なのはgoodです。2024年12月期の純利益が18億円超えなのも良いですね。


配当性向は15%~20%を目標としているようです。


kimukimu

野村證券案件なのでとりあえず申込んでおきましょう!!



FXブロードネットで3万円入金後1回取引すると現金3,000円をプレゼントしています。1,000通貨コースでも適用されるためかなりお得です。


FX取引に興味があればご活用ください。当サイト限定のタイアップ特典となっています。サービス内容などは下記記事でまとめています。




不動産投資型クラウドファンディングに興味があればアセクリは如何でしょうか。サブ口座に良いと思います。


大型のファンド組成も用意があると伺っています。タイアップ内容は下記記事、もしくは公式サイトをご確認いただければと思います。投資家登録でデジコ1,000円分をプレゼントしています!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
ディア・ライフ(3245)PER8.11倍PBR1.75倍
LeTech(3497)PER4.58倍PBR2.11倍
レーサム(8890)PER9.29倍PBR1.77倍
※2024年3月08日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
該当事項なし-株-円


上場時に行使期限を迎えるストックオプション(新株予約権)はありません。


ベンチャーキャピタル(VC)出資もありません。


コロンビア・ワークス(146A)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

コロンビア・ワークス(146A)のIPOは他の銘柄との日程を確認しながら申し込みを行いたいと思います。


コロンビア・ワークス(146A)IPOのまとめ
※コロンビア・ワークス公式サイト引用


野村證券主幹事なので当選後に判断しても良いかもしれません。スタンダード市場でIPOラッシュと考えると敬遠される可能性はあるかもしれません。


VC出資が無いため売り圧力は低そうです。


また、IPOは公募株中心となっているため好感度は高めです。しかし新奇性が感じられないため機関投資家の資金流入期待は低そうです。


同社は東京都や神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県を中心に、大都市圏を商圏としてた不動産開発事業を展開しています。


kimukimu

有利子負債依存度は75.1%と総資産に占める有利子負債の割合が高い水準となっているようですね。



穴吹興産(8928)が直接運営するクラファンのジョイントアルファでキャンペーンが行われています。


会員登録でAmazonギフト券1,000円分が貰えます。安心を求める方にお勧めできる企業だと思います。四季報で業績確認ができますからね。


詳しい内容は下記記事にまとめています!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。