ビズメイツ(9345)のIPOがグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。業績が好調に推移しコロナ禍以降もオンライン英会話レッスン需要が多いことを確認できます。


主幹事はみずほ証券が務め公開株数420,000株、オーバーアロットメント63,000株です。上場規模は想定発行価格3,100円から計算すると約15.0億円になります。


大きな利益が狙える可能性もあるため個人的には積極的に申込み予定です!主力事業はオンラインビジネス英会話になります。


ビズメイツ(9345)IPOが上場承認
※ビズメイツ公式サイト引用


オンライン環境での語学学習ニーズはコロナ禍以降も高く、引き続き堅調に推移すると予想されています。


政府主導のグローバル人材育成なども後押ししていると考えられます。


オンライン語学学習市場はテレワークの普及やオンライン会議などにより、デジタルシフトが進み今後も市場拡大が見込まれています。水面下では通学型からオンライン学習という流れもあるようです。


同社の業績も右肩上がりとなっており好調なことが伺えます。


また、有料会員の英会話レベルは主に中級者層を中心としていますが、上場後は初心者層においても積極的なマーケティング活動や教材開発などを行いシェア拡大を狙うそうです!


ビズメイツ(9345)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日3月30日
市場グロース市場
業種サービス業
事業内容オンラインビジネス英会話「Bizmates」等を提供するランゲージソリューション事業及び外国人ITエンジニアにフォーカスした人材紹介サービス等を行うタレントソリューション事業
ブックビルディング3月13日~3月17日
想定価格3,100円
仮条件3,100円~3,250円
公開価格3,250円
初値結果5,310円(公開価格1.63倍)
企業情報https://www.bizmates.co.jp/
監査人PwC京都監査法人
手取金の使途
  • 事業拡大のための採用費及びその人件費
  • 関係会社を通じたシステム開発資金
  • 認知度向上のための広告施策


項目株数データ
公募株数200,000株
売出株数220,000株
公開株数(合計)420,000株
オーバーアロットメント63,000株
上場時発行済み株数1,580,000株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約49.0億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
松井証券
東海東京証券
マネックス証券
極東証券
楽天証券
委託見込auカブコム証券
DMM.com証券


ビズメイツ(9345)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格3,100円を基に吸収金額を算出すると約13.0億円となり、オーバーアロットメントを含めると約15.0億円規模の上場となります。


同社グループはビズメイツと連結子会社1社(Bizmates Philippines, Inc)で構成され、オンラインでビジネス英語及び日本語レッスン等の提供を行う「ランゲージソリューション事業」を主力事業としています。


また、グローバルIT人材にフォーカスした人材紹介サービスや採用マッチングサイトの運営等を行う「タレントソリューション事業」を行っています。


ビズメイツ(9345)の業績
※有価証券届出書引用


ランゲージソリューション事業では、Bizmates(ビズメイツ)という英会話レッスンサービスによりビジネス英会話を初心者でも学ぶことができ、低価格で高品質なサービスを提供することをコンセプトとしたビジネス特化型のオンライン英会話レッスンの提供を行います。


この他、外国人向けのビジネス日本語レッスンサービスであるZipan(ジパン)も展開しており、幅広いランゲージソリューションを提供しています。


同社の英会話レッスンサービスは通学型の語学事業とは異なり、通信システム等を使用しウェブカメラを通じて場所や時間をほとんど問わず、自分に最適な環境でオンラインレッスンを受講できます。


特徴としては「英語で仕事をすること」を目的にしたレッスンとなっています。


採用率1.0%以下の厳しい選考基準を通過したビジネス領域に精通したプロのトレーナーから、英語だけでなく自身の職業や職種に合ったビジネススキルまで身につけることが可能なサービスということです。


ビズメイツIPOの事業内容詳細
※有価証券届出書引用


タレントソリューション事業では、同社キャリアコンサルタントを介して正社員の候補者を企業に紹介し、当該候補者が企業に入社した時点で成功報酬を得る人材紹介業G Talent(ジータレント)のサービスを展開しています。


また、自社のプラットフォームを活用し候補者と企業の間を人手により仲介することなく、双方を直接結ぶサービスGitTap(ギットタップ)のサービス提供も行います。


「G Talent」は即戦力かつ外国人ITエンジニアにフォーカスした人材紹介サービスになります。


グローバルで活躍することのできる幅広いIT人材を対象としたマッチングサイトになり、国籍に関わらず多くのIT人材が日本で安心して働き、活躍できる場を提供しているそうです。


ビズメイツIPOの販売実績
※有価証券届出書引用


連結子会社の(Bizmates Philippines, Inc)はフィリピンにあります。


同社の英会話スクールは日常会話ではなく、ビジネス会話に特化したサービスのため他社とは異なるポジショニングに位置するそうです。


独自性と言えるのかはわかりませんが差別化できているようです!


ビズメイツ(9345)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2012年7月03日、東京都千代田区神田須田町一丁目7番地9に本社を構えます。社長は鈴木伸明氏(1977年8月23日生まれ)、株式保有率は19.40%(281,800株)です。


従業員数78人で臨時雇用者9人、平均年齢33.7歳、平均勤続年数2.1年、平均年間給与5,027,098円です。連結従業員数は157人で臨時雇用者は9人です。


連結のセグメント別従業員数はランゲージソリューション事業123人(臨時8人)、タレントソリューション事業17人、全社共通17人(臨時1人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社SUZ750,000株51.63%
鈴木 伸明281,800株19.40%
日加株式会社150,000株10.33%
Anna Maria Francisco105,000株7.23%
伊藤 日加75,000株5.16%
木村 健30,000株2.07%
ビズメイツ社員持株会9,200株0.63%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2023年9月25日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けは行われません。


ビズメイツ(9345)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が想定発行価格を下限として3,100円~3,250円に決定しました。吸収金額は最大で約15.7億円、時価総額51.4億円になります。


個人的には公開価格より少し上で初値が付くと考えていましたが、競合の株価が好調に推移しているため同社も買われる予想が出ています。


有料会員数が増加しているため安定した業績となるようですね。


巣ごもり需要は一巡したと考えられていますが、ビジネスに特化した英会話であることやリスキリング関連として人気が見込まれています。


直近の上場銘柄だとプログリット(9560)が意識され株高となっていることで同社も買われる予想が出ています。


大手初値予想5,000円~6,000円
修正値5,000円~6,000円と同値
直前予想6,000円

※注目度B


業績を確認すると2023年12月期の連結予想を確認できました。売上33.55億円となり前期比18.26%増、経常利益3.40億円となり前期比3.66%増となります。


四半期利益は2.34億円となり前期比4.00%増を予想しています。


公開価格が3,250円決定の場合の指標はEPS153.41からPER21.19倍、BPS948.48からPBR3.43倍になります。配当や株主優待の設定は現時点でありません。


勢いがある業態のため需給不安はないようです。値がさ株なので公募組は少し考えますよね。割れたら数万円の損失は覚悟が必要です。


大手2社の予想を見る限り公開価格割れはない判断なので積極的にIPO抽選に参加したいと思います。一応、高いスタート見込みで安心できるとあります!


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)390,600株93.00%
SBI証券8,400株2.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券8,400株2.00%
SMBC日興証券2,100株0.50%
松井証券2,100株0.50%
東海東京証券2,100株0.50%
マネックス証券2,100株0.50%
極東証券2,100株0.50%
楽天証券2,100株0.50%


みずほ証券主幹事なので当選しにくそうです。資金不要でIPOに参加できるようになり私は公開価格割れ銘柄しか当選していません。個人的には相性が悪いようです。


ビズメイツについては上場規模や公開株数、業績判断で人気が見込めると考えています。


利益が見込めるIPOには当選しにくいため今回も漏れなく申込んでおきたいと思います。当選は厳しそうです!


将来の資産形成のためにETF投資に興味はありませんか?THEO+docomoだとdポイントが貰えます。しかも1万円からETF投資ができます!!


キャンペーンも行われているためドコモユーザーには特に魅力がありそうです。私は他社ユーザーですが利用しています。




株式投資型クラウドファンディングで国内最大規模を誇るファンディーノさんとタイアップを行っています!


当サイト経由の投資家登録だとAmazonギフト券を1,000円分プレゼントしています。未上場企業への投資に興味がある方はご利用いただけたらと思います。


詳しく下記記事にまとめています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
レアジョブ(6096)PER36.07倍PBR4.97倍
KIYOラーニング(7353)PER77.8倍PBR6.43倍
プログリット(9560)PER26.74倍PBR14.10倍
※2023年3月13日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2022年1月01日~2029年11月30日9,000株72円
2022年1月01日~2029年11月30日7,500株104円
2022年12月26日~2030年11月25日6,000株199円
2023年12月25日~2031年11月24日20,250株563円
2023年12月25日~2031年11月24日3,000株853円
2024年8月25日~2032年7月24日16,500株704円
2024年11月26日~2032年10月25日10,500株704円


ストックオプション(新株予約権)は22,500株が上場時に行使期限を迎えます。


自己株式を除く発行済株式総数1,380,000株に対する新株予約権の割合は5.3%に相当します。新株予約権による潜在株式数は72,750株です。


ビズメイツ(9345)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

ビズメイツIPOは欲しいけれど当選しにくいと考えています。


日本人コンサルタントによるオンライン英語学習コーチングも提供されており、度々話題となるコーチングビジネスも手掛けています。


ビズメイツ(9345)IPOのまとめ
※ビズメイツ公式サイト引用


業績が伸びているため同社サービスの需要があると考えられます。


新しい収益を確保するため、主力のランゲージソリューション事業の収益をタレントソリューション事業に回し先行投資を行っているそうです。


競合は多数確認されていますが上場時点で問題はなさそうです。フィリピンの子会社についてはカントリーリスクがあると思います。


ベンチャーキャピタル出資もないため投資妙味はありそうですね。


値がさ株なので割れたら損失の可能性もあると思いますが、多くの方が積極的に抽選に参加すると考えています。当選確率は低そうです!


東証プライム市場に上場するアイフル子会社のAGクラウドファンディングさんとタイアップさせて頂きました。


口座開設ベースでAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしています。1円から投資できるスキームのため分配金の再投資でもメリットがあります。私も投資を行っている企業です!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。