Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)[9563]のIPOがグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。利益が見込めるIPOだと思います。


主幹事はSMBC日興証券が務め公開株数1,862,500株、オーバーアロットメント279,300株です。上場規模は想定発行価格1,320円から計算すると約28.3億円になります。


従業員数32人で平均年収1,100万円、業績急拡大中で株主は4人しかいないことに違和感も感じます。ただ凄く期待できそうな気もするのでBBは全力でしょう!


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)[9563]IPOが上場承認
※アトラステクノロジーズ公式サイト引用


公開株数が多くFintechコンサルティングと言うことで個人投資家に人気だと思います。上場規模も適度なので小規模ファンドの参加も期待できそうです。


既存クライアントからのプロジェクト受注が拡大し、売上高全体に占める継続クライアントからの売上比率は2020年12月期が95.8%、2021年12月期が98.4%となっています。


継続クライアントの2021年12月期の売上高は前年比で78.7%の成長率となるそうです。


しかし、目論見にいろいろ書かれていても結局はNTTドコモに依存している売上になっています。上場後に提携先が増えることに期待したいと思います。


NTTドコモが倒産するとは考えにくいため収益的には安定と考えることもできそうです。IPOとしてはそこそこ期待できそうです!


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日10月26日
市場グロース市場
業種サービス業
事業内容Fintech領域のコンサルティングおよびプロジェクト実行支援
ブックビルディング10月11日~10月17日
想定価格1,320円
仮条件10月07日
公開価格10月18日
初値結果
企業情報https://atlstech.com/
監査人EY新日本有限責任監査法人
手取金の使途
  • 人材関連費用
  • 設備関連費用


項目株数データ
公募株数1,000,000株
売出株数862,500株
公開株数(合計)1,862,500株
オーバーアロットメント279,300株
上場時発行済み株数7,100,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約93.7億円
幹事団SMBC日興(主幹事)
SBI証券
楽天証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
松井証券
極東証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,320円を基に吸収金額を算出すると約24.6億円となり、オーバーアロットメントを含めると約28.3億円規模の上場となります。


同社は国内及び海外のクライアントに対して、決済(ペイメント)関連分野を中心としたFintech領域のコンサルティングとプロジェクト実行支援サービスを提供しています。


独立系Fintechコンサルティング会社として、プロジェクトマネジメントに特化し、クライアントの戦略立案から実行までを一気通貫で支援しています。


具体的には、「戦略策定・事業企画」などの上流フェーズから、その後の「要件定義」「システム設計」「業務構築」などのプロジェクト実行フェーズまでを行います。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)の業績
※有価証券届出書引用


コンサルティングサービスは、独立系であることの中立性及びFintech領域で蓄積した知見を活かし、事業の上流フェーズからクライアントと共創しながら戦略を立案するそうです。


各業界のリーディングカンパニーとの先進的プロジェクトを通じ、それらで獲得したナレッジなども活用し、高付加価値なサービスを提供しています。


また、グローバルレベルの専門知識とローカルレベルの知見を組み合わせ、国内案件のみならずクロスボーダー案件にも柔軟に対応しています。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)IPOの事業内容詳細
※有価証券届出書引用


プロジェクト実行支援では、戦略策定後のプロジェクト実行段階において、同社チームがクライアント企業の現場で共に課題解決を推進しています。


プロジェクトに最適なシステム・オペレーションを構築するためのパートナーの選定等を支援しつつ、プロジェクト全体を通して全体最適を実現することが可能だそうです。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)IPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


国内の大手通信キャリアなどに強みを持つとされ、詳しく調べるとNTTドコモへの売上げに依存していることがわかりました。


さらに2022年6月期確認ではauフィナンシャルサービスにも同社サービスを提供しています。


そこで役員の経歴を調べてみるとSBペイメントサービス出身の方が多いようです。SBペイメントサービスはソフトバンクグループの決済や金融事業を担う決済代行会社です。


同社の設立が2018年1月で売上の9割がNTTドコモですよね?SBペイメントサービスで何かあったのかな??なんて考えも出てきそうです。


VCも絡んでいないためいろいろと凄さも感じますけどね。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2018年1月17日、東京都千代田区平河町二丁目7番3号に本社を構えます。社長は山本浩司氏(1981年10月17日生まれ)、株式保有率は93.02%(6,000,000株)です。


従業員数32人で臨時雇用者0人、平均年齢45.7歳、平均勤続年数1.1年、平均年間給与11,007,000円です。給与が高くて驚きますね。


セグメント別従業員数はデジタルソリューション事業27人、全社共通5人となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
山本 浩司6,000,000株93.02%
小椋 祐治420,000株6.51%
髙橋 みのり20,000株0.31%
福田 貴史10,000株0.16%
※全株主4名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2023年4月23日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。小椋祐治氏保有分の420,000株のうち320,000株は新株予約権となっています。


親引けはありません。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興(主幹事)-株-%
SBI証券-株-%
楽天証券-株-%
岩井コスモ証券-株-%
マネックス証券-株-%
松井証券-株-%
極東証券-株-%


SMBC日興証券から当選を狙う感じでよさそうです!今期が第5期なのにかなり稼いでいる企業みたいですね。


従業員の平均年収も1,100万円を超えています。しかもVC出資がないため売り圧力が軽減されます。公開株数が多いため公募組も当選が狙えそうです!


SMBC日興証券からの申込みを忘れないようにしておきましょう。公開株数が多いため主幹事引受け証券を調べると単独で引受けることになっていました。


東京証券取引所の公開データでは主幹事引受けの詳細は厳密にはわからないんですよね。


SMBC日興証券は銘柄毎に資金拘束される仕組みとなっています。IPOルールは下記記事でまとめています!!




情報共有です!立会外分売に興味がある方は岡三オンラインの証券口座が必要になりそうです。分売取扱いの発表が行われました。


詳しい内容を下記記事でまとめてみました。よかったら参考にして頂けたらと思います。期間限定タイアップで現金3,500円をプレゼントしています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2022年6月20日~2030年6月18日320,000株45円
2023年5月01日~2031年4月22日20,000株220円
2023年5月01日~2031年4月22日10,000株220円


ストックオプション(新株予約権)は320,000株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数6,100,000株に対する新株予約権の割合は5.7%に相当します。新株予約権による潜在株式数は350,000株です。


ベンチャーキャピタルからの出資はありません。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)のIPOは人気が見込めそうです。株価設定が割安なのかは後日調べて掲載したいと思います。


Atlas Technologies(アトラステクノロジーズ)[9563]IPOのまとめ
※アトラステクノロジーズ公式サイト引用


NTTドコモの他には、カード会社・決済代行会社・総合商社・総合サービス企業・SIer・小売企業・国際ブランド企業・国際送金企業などの多くのプロジェクト実績があるそうです。


上場を機に提携企業が増えると株主も安心できそうです。1社に売上を依存していると怖さもあります。


同社では新たな業種・業態のクライアントを今後獲得していくことで、クライアントポートフォリオの多様化を図るそうです。将来的にはそうなると思います。


kimukimu

取引先が増えないのであれば何か問題があるはずです!



Fintech領域のコンサルティング市場は、市場規模が順調に拡大している観測があります。また直接的に競合する企業は少ないとアトラステクノロジーズは考えているようです。


給与が高いことから能力が高い人材の確保もしっかりできているように感じます。


上場後は海外展開も行い、シンガポールに支店を設置し事業活動を行う予定があるそうです。業績を伸ばすには優秀な人材の確保が必須と言えそうですね。


上場による手取金の使途も人材関連費用で10.8億円程度が使われる予定です。このことから人材がポイントだと言えそうです。


FunvestではAmazonギフト券が2,500円分貰えるキャンペーンが行われています。早速投資を行ってみました!


大和証券グループが出資している企業になるため人気があります。最大3.5万円貰えるキャンペーンも同時に行われています。私は既に投資を実行したので下記記事で内容をまとめてみました。


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!