アソインターナショナル(9340)のIPOがスタンダード市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。投資先としては人気がなさそうな銘柄だと思います。


主幹事はSMBC日興証券が務め公開株数1,620,000株、オーバーアロットメント243,000株です。上場規模は想定発行価格835円から計算すると約15.6億円になります。


アソインターナショナル(9340)IPOが上場承認
※アソインターナショナル公式サイト引用


全国で歯の矯正治療を行う歯科医などに対して矯正歯科技工物の供給を行う企業です。個人的にはこれまで投資先として考えた事がない分野です。


2021年1月21日出版の歯科矯正の世界市場によると、2019年の歯科矯正のグローバルな市場規模は56.8億ドルであり、2021年から2026年にかけて年率9.1%で成長するそうです。


そのため日本国内市場においても拡大の余地があるとの観測が出ています。


日本では人口が減少しているにも関わらす市場は拡大するようです。昔に比べれば環境が良くなっていると言うことでしょうか。需要があるのは確かのようです。


直近10年で日本の歯科診療患者数はほぼ横ばいとなっているそうです。機能回復を目的とする「歯の欠損補綴」患者の占める割合は過去10年で減少し、一方で歯科矯正患者の割合は増加しているそうです。


この辺りは専門ではないため何とも言えません。投資家は業績ありきと考えるでしょう。事業内容を掘り下げても興味が湧きませんからね。


アソインターナショナル(9340)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日12月23日
市場スタンダード市場
業種サービス業
事業内容矯正用歯科技工物の製造・販売
ブックビルディング12月08日~12月14日
想定価格835円
仮条件12月07日
公開価格12月15日
初値結果
企業情報https://www.aso-inter.co.jp/
監査人太陽有限責任監査法人
手取金の使途
  • 設備資金
  • 人材採用費並びに人件費
  • 借入金返済
  • 研究開発資金


項目株数データ
公募株数850,000株
売出株数770,000株
公開株数(合計)1,620,000株
オーバーアロットメント243,000株
上場時発行済み株数4,850,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約40.5億円
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
みずほ証券
SBI証券
東海東京証券
楽天証券
委託見込DMM.com証券


アソインターナショナル(9340)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格835円を基に吸収金額を算出すると約13.5億円となり、オーバーアロットメントを含めると約15.6億円規模の上場となります。


同社グループは、アソインターナショナルと連結子会社4社の合計5社で構成されています。


事業内容は矯正歯科治療が必要な方々に歯科技工所としてオーダーメイドの歯科技工物を中心とした製品を提供しています。


一般的な歯科技工所は、補綴物を主に製造・販売していますが、同社グループは設立以来、矯正用の歯科技工物(矯正歯科技工物)の製造を中心とした事業活動を行っています。


全国の矯正治療を行う歯科医院、歯科大学及び附属病院等の歯科医療機関に対して矯正歯科技工物の供給を行います。


アソインターナショナル(9340)の業績
※有価証券届出書引用


同社はこれまで蓄積した製造ノウハウを用いて、高品質かつ多種多様な矯正歯科技工物を製造し提供することが可能です。


また、その他付随サービスとして矯正歯科技工物の修理、自社グループ製品・商品を使用した矯正治療に関するセミナー開催受託及び矯正に関する材料販売を行っています。


2022年10月末時点でグループ外部の協力パートナー51ヶ所の歯科技工所と取引があり、内製と外注による製造のバランスを取っています。


51ヶ所のうち、48ヶ所は同社グループから独立した歯科技工士によって設立された歯科技工所になるそうです。


アソインターナショナルIPOの製造キャパシティー
※有価証券届出書引用


同社グループは、歯科医療機関から矯正歯科技工物の発注を受け製造・販売を行います。


歯科医療機関は新規患者に対して、口腔内の印象採得やレントゲン撮影等を行い、歯科医師は診査診断用の平行模型という矯正歯科技工物の発注を歯科技工所へ行うそうです。


これらの患者の口腔内の情報を歯科医師が確認後、矯正治療の方針を決定する流れになるそうです。


この治療方針を決定後、歯科医療機関は患者治療用の矯正歯科技工物の発注を歯科技工所へ行うそうです。


矯正装置については目論見に詳しく書かれています。


アソインターナショナルIPOの販売実績
※有価証券届出書引用


アソインターナショナル(9340)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は1988年5月18日、東京都中央区銀座二丁目11番8号第22中央ビル3Fに本社を構えます。社長は阿曽敏正氏(1960年7月25日生まれ)、株式保有率は28.62%(1,200,000株)です。


従業員数65人で臨時雇用者65人、平均年齢34.2歳、平均勤続年数3.5年、平均年間給与3,808,000円です。連結従業員数は266人で臨時雇用者は152人です。


セグメントは歯科矯正事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社ASO2,800,000株66.78%
阿曽 敏正1,200,000株28.62%
内山 淳29,000株0.69%
詫麻 礼久28,000株0.67%
曽我 雄作24,600株0.59%
小林 隆子24,600株0.59%
加来 裕一22,800株0.54%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2023年6月20日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


親引けはありません。


アソインターナショナル(9340)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)-株-%
野村證券-株-%
みずほ証券-株-%
SBI証券-株-%
東海東京証券-株-%
楽天証券-株-%


意外と利益が出ている企業なので驚きましたが、IPOでは人気が見込めない事業のため、公開価格割れしなければといったスタンスだと思います。スタンダード市場も不人気要素です。


公開株数が多く微妙案件となっていますが配当が実施されるようです。この辺りは仮条件発表時に記載したいと思います。


公開価格割れはなさそうですが初値が飛ぶような人気もないと思います。12月の上場ラッシュ前半のIPOに当選できなければ遊びで狙いに行くような感じでしょうか。


ベンチャーキャピタル出資もなく公開株数以外の株流通は殆どないと思います。


しかし、SMBC日興証券が主幹事を引受けるIPOが多いですね。既に証券口座を開設している方が多いと思いますが準備だけ行っておきましょう。




Funds(ファンズ)で新規口座開設キャンペーンが始まりました。


累計30万円以上投資を行うとAmazonギフト券が3,000円分貰えます。オンライン本人認証サービスを利用すれば最短1営業日で口座開設可能です。


詳しい投資内容やインタビュー記事などを下記記事でまとめています。よかったら参考にしてください!!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2022年6月30日~2030年6月29日96,500株241円
2023年6月29日~2031年6月28日96,500株383円


ストックオプション(新株予約権)は96,500株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数4,000,000株に対する新株予約権の割合は4.83%に相当します。新株予約権による潜在株式数は193,000株です。


アソインターナショナル(9340)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

アソインターナショナルのIPOは無理して参加しなくてもいいと思います。だからと言って同日上場のGENOVA(ジェノバ)も微妙です。


続く銘柄に期待したいところです。


アソインターナショナル(9340)IPOのまとめ
※アソインターナショナル公式サイト引用


新規顧客獲得方法は、歯科医師同士のネットワーク内での顧客紹介が重要な営業戦略となっています。業績や企業規模から察するにある程度業界では浸透した企業だと感じます。


製造や材料調達では海外拠点を積極的に活用し、子会社はフィリピンと米国ハワイにあります。また、フィリピンが重要拠点になるようです。


連結従業員が多いのは海外で200人を超える従業員の採用となっているからでした。海外売上高は2022年6月期において3.2%という数値を確認できました。


グローバル展開では欧米企業との資本業務提携等も模索しているそうです。


また、材料及び商品仕入れはドル建て及びユーロ建てで取引を行っています。


2022年6月期の仕入取引全体に占めるドル建て取引比率14.2%、ユーロ建て取引比率45.9%となっています。為替リスクはそこそこありそうです!


マイメイトの口座開設で2万ポイントが貰えます。1万ポイントはタイアップ特典になります。


新しい投資をお探しの方にお勧めできそうです。AIエージェントを利用したFX投資になります。必要であればご利用ください。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。