Appier Group(エイピアグループ)とスパイダープラスが明日上場します。そこで東証から発表された気配運用と大手初値予想を調べてみました。


どちらも買い気配で始まる予想が出ているため公募組は利益が出そうです!ではエイピアグループから確認を行ってみたいと思います。


Appier Group(エイピアグループ)IPOの最終初値予想
※Appier Group公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,600円(公募・売出価格)
上限値段3,680円(更新値幅80円、更新時間10分)
下限値段1,200円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲400円以上、6,400円以下


エイピアグループの吸収額は313.9億円で時価総額が1,598.0億円になりました。当初想定されていた株数から上乗せされていることから海外需要が大きかったようです。


最終的な海外販売比率は75%にもなり、日本国内のIPO投資家は残念の一言でしょう。直近の類似企業だとプレイド(4165)の名前があがっています。


プレイドが上場したのは2020年12月17日です。公開価格1,600円に対して初値は3,190円と公開価格1.99倍にもなります。そして現在の株価は3,700円~3750円あたりで頑張っています。※2021年3月29日計算


同じパターンになるのかどうかはわかりませんが両方とも赤字企業です。


同社は最先端の機械学習を活用したAI技術を利用し、AI(人工知能)プラットフォームの提供を行っています。事業内容が難しく将来どのような領域まで進出できるのかわかりにくいように思います。


成長性が高いとされているため赤字でも人気のようですが、SaaS案件となるため公開価格割れの心配はなさそうです。いつまでSaaS系のIPOが人気なのかわかりませんが、今回は良い初値を付けてくれそうです。


事業内容や業績、株主構成などは下記記事でまとめています。

Appier Group(エイピアグループ)IPOの初値予想


Appier Group(エイピアグループ)の最終初値予想はこうなる

初値予想はプレイド再来といった価格になっています。ここから上を目指すのかはわかりませんが公募組は期待してよさそうです。


海外販売割合が高くプレイド上場時も海外分はあまり動かなかったようです。今回はどうでしょうか!


最終初値予想


大手初値予想は3,200円を予想しているようです。この数値はこれまでの予想数値で上限価格です。


上場規模が大きいことから初値持越しはないと思いますが、強烈な需要が見込めるようです。公募組は数日間様子見を行う方も出てきそうです。


直近のIPOと異なるのは海外配分が多かったことです。もしかすると海外から大きな買い注文が継続して入るかもしれません。


どうやら台湾では相当有名な企業のようです。黒字化も見込めると言われており将来が楽しみな企業の1つでしょう。


スパイダープラス(4192)の最終初値予想と気配運用はこうなる!

スパイダープラスについて調べてみました。こちらもエイピアグループと同じで強気の予想が出ています!修正値は1,800円でした。


そんなに人気が見込めるのか?と逆に突っ込みたくなりますが、公募組はワクワク感が止まらないことでしょう。


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,160円(公募・売出価格)
上限値段2,668円(更新値幅58円、更新時間10分)
下限値段870円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲290円以上、4,640円以下


スパイダープラスも赤字企業になります。そしてSaaS案件になります!


事業は建設業に対して建築図面・現場管理のアプリを販売しています。今期は第3四半期で黒字化予想が出ていましたが、人件費や広告宣伝費の増加により赤字になるそうです。


上場時に大きな費用計上を行えることは逆に評価できることなのかもしれません。


また、同社の吸収額は102.0億円で時価総額が369.0億円になります。エイピアグループに比べると小ぶりになりますが、どちらもマザーズ上場のため一般論から考えると大きな上場です。


そして大手初値予想は2,000円をとなっているようです。事業内容や業績、株主構成などは下記記事でまとめています。

スパイダープラス(4192)IPOの初値予想


直近に上場したグルーバルオファリングのIPOはどれも人気があり高い株価を維持しています。


また、モダリス(4883)でロックアップ違反が発覚しイー・ロジットとブロードマインドの初値で肩透かし状態となりました。


しかしエイピアグループとスパイダープラスの場合は海外からの需要が見込めるため、買い上がると言われています。色々と面白い環境にあるためIPOから目が離せないように思います。


思ったほど初値が上昇しないパターンも考えられますが、心理戦だと思います!!


岡三オンライン証券さんとタイアップが始まりました。現金3,500円を頂けることになっているためIPOの口座開設のついでにご参加ください。


資金不要でIPO抽選に参加できます。詳しくは下記記事にまとめています!株式売買手数料が100万円まで無料なので株取引でも魅力ある企業です。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!