AI CROSS(エーアイクロス)のIPO初値予想と幹事配分記事になります。SBI証券主幹事になっているため個人投資家に注目されている銘柄です。しかし利益を大きく狙うには少し物足りない感じがします。


実際に大手予想ではあまり高い数値を出していないようです。人気があるけれどベンチャーキャピタル出資が多いため初値1.5倍を目標値しているようです。個人的には上場規模が7.1億円しかないため初値2倍は可能だと思っています。


AI CROSS(エーアイクロス)IPO初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格1,010円
仮条件9月18日
公開価格9月30日
公募株数450,000株
売出株数158,500株
公開株数(合計)608,500株
オーバーアロットメント91,200株
幹事団SBI証券(主幹事) ←ポイントで複数当選期待
SMBC日興証券
みずほ証券
岩井コスモ証券 ←後期型抽選採用
香川証券
あかつき証券
エイチ・エス証券
東洋証券


公開株数とオーバーアロットメントを合わせ699,700株となります。株数だけ考えると通常よりも少し多いと思います。SBI証券の口座開設者にはお金持ちも多いため抽選確率で優遇されます。抽選のシステムがそうできているので仕方がありません。


私のような弱者はIPOチャレンジポイントをひたすら貯めて50万円~100万円抜きできるよう頑張るしかありません!長く続けているとたまに良いことがありますからね。


SBI証券IPO当選履歴


2019年12月の単体業績予想は売上13.3億円となり前期比18.7%増、経常利益1.4億円となり前期比47.4%増になる見込みです。増収増益になり業績は好調に推移するようです!


また想定発行価格算出のPERは36.37倍、PBR4.54倍になります。仮条件が引き上げられるとさらに高倍率になります。配当や株主優待の設定はありません。


AI CROSSの詳細は下記記事にまとめているのでよかったら参考にしてください。SBI証券主幹事データやIPOチャレンジポイントについても詳細を書いています。

⇒ AI CROSS(エーアイクロス)IPO上場承認と初値予想!SBI証券主幹事で200株配分か


kimukimu

AI CROSSは間違いなく高騰すると思いますがIPOチャレンジポイントを使うには勿体ない銘柄でしょう。だからと言って普通に申し込んでも当選は厳しいよね。


maronmaron

でも最低単元とか少ない資金で投資している人にも当選者が増えているって知ってる?


kimukimu

どうなんだろうね。

そのあたりは少しグレーだけど銘柄によってその傾向も変わっている気がするよね。今回はどうなるのか楽しみだね!


初値予想1,500円~2,000円


幹事名配分単位(株)引受割合(%)
SBI証券517,30085.01
SMBC日興証券36,5005.51
みずほ証券36,5005.51
岩井コスモ証券6,1001.00
香川証券6,1001.00
あかつき証券3,0000.49
エイチ・エス証券3,0000.49
東洋証券3,0000.49


SNSメッセージングサービスはそれほど実用性がないと思っていましたが、売上を見る限りこれからも活用されている媒体のようです。業績が大きく改善していることでIPOでは人気があると思われます。


しかし、実績的には5年目の企業なので心配なところは大いにあります。ただ事業開始から2年でVCから第三者割当増資による資金調達を何度も行っているため魅力ある企業だと考える事もできます。


上場時にはそのVC保有株が売り圧力になるためデメリットですけどね。


事業別売上は今期第5期第2四半期開示情報で計算するとメッセージングサービス79.86%、ビジネスチャットサービス16.60%、AI Analyticsサービス3.54%となります。新サービスのAI Analyticsサービスが始まりこれからさらに勢いづく可能性を秘めているようです。


SAMURAI証券Amazonギフト券キャンペーン詳細記事へ


時代が進むにつれ通信技術にも革新的な出来事が多くなり、同社ではAI技術を活用したビジネスコミュニケーションプラットフォームの研究開発を常に行っているそうです。


同社メイン収益のSMSの配信プラットフォームでは、2018年5月から「NTTドコモ」「KDDI」「ソフトバンク」の大手3キャリアからSNSの次世代規格であるRCS(リッチコミュニケーションサービス)に準拠したプラスメッセージサービスが提供されています。


今後はこれらに対応した新たな企業向けサービスの提供予定もあるそうです。この他にも自社プラットフォームでAIを使ったキーワードを検出分析するソリューションの提供も行うそうです。


SNSの他にもチャットワークを使ったサービスを手掛けているためChatwork(4448)の上場結果も少しは意識されるかもしれません。


上場規模的に公開価格割れするような銘柄ではないため資金と口座を用意できる方は積極的に申し込みを行っておきましょう。当選しないのは当たり前のスタンスです!申し込まないと当選チャンスもありませんからね。


AI CROSS(4476)IPO主幹事に決定! 【IPOを始めるなら口座は絶対に必要です】
⇒ SBI証券公式サイトへ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!