A Funding(エー・ファンディング)は上場企業のAMBITIONが運営している不動産投資型クラウドファンディングになります。上場企業が運営していることでリスク軽減になることが考えられるためメリットやデメリットをまとめてみました。


評判や評価についても投資家目線で徹底的に解説したいと思います!クラウドファンディングは儲かるイメージがあるけれど投資を迷っている方は是非参考にしてください。


A Funding(エー・ファンディング)評判とデメリット


優先劣後出資方式を採用している不動産投資型クラウドファンディングの中でもA Fundingは最大の保証スキームが備わっています。第1号ファンドを確認してみると30%まで評価額が下落しても投資家は損失にならないことを掴みました。


また情報開示が豊富になっていることで投資家リスクの軽減にもつながると考えられます。1万円という低額出資ができ利回りも高めに設定されていることから人気になると思います。


今後の目標はファンド組成がコンスタンスにできればさらに人気が高まると予想できます!

【この記事を読んでわかること】
  • エー・ファンディングの特徴とリスクについて詳細を説明している
  • 劣後出資採用は投資初心者に人気だと解説している
  • A fundingのメリットとデメリットについてまとめている
  • 口座開設を行い投資利益が出るのか投資家目線で答えを導き出している


A funding(エー・ファンディング)公式


A funding(エー・ファンディング)に投資をすれば儲かるとは言えない理由がある

不動産投資型クラウドファンディングに投資をすれば利益が出せる見込みが高いと思います。しかし投資リスクが存在するため絶対に儲かるとは言い切れません!


投資にリスクはつきものです。そのためリスクをしっかり理解したうえで投資を行わなければなりません。リスクがあるからリターンが発生することを覚えておきましょう。


A funding(エー・ファンディング)投資は儲かるのか検証


A fundingの運営元は東証マザーズ上場のAMBITION(アンビション)です。主に東京23区を中心として自社で借り上げた居住用不動産を転貸するサブリース形式で事業を行っています。


このことから不動産投資をクラウドファンディングで行うことに特化している企業と言えます。上場は2007年9月になるため一定の時間が経過しています。


業績も不動産価格の上昇に伴い拡大傾向にあります。首都圏に特化した経営スタイルのため地方企業に比べると利益の伸び率が良いようです。


ただし企業が倒産(デフォルト)になるような事があるとクラウドファンディング投資を行っている投資家は被害を受けるため、親会社AMBITIONの業績も気にかけておくべきでしょう。劣後出資を採用しているため基本的には安全性が高い投資になると思います。


ミドルリスクミドルリターンと言われますが、劣後出資があるためさらにリスク軽減につながると思います。特徴をわかりやすくまとめると以下のようになります。


【エー・ファンディングの特徴まとめ】
  • 1万円から不動産投資ができる魅力
  • 不動産のプロによる管理と運用のため信頼性が高い
  • 不動産のプロによる物件選定によりリスク軽減
  • 投資のための経費が安く設定できる
  • 情報開示が充実していることでファンド運用状況を把握しやすい
  • 上場企業のため安心でき財務開示が行われる


新興市場マザーズへの上場になるため業績確認はしておいたほうが無難だと思います。ファンド組成は短期間が多そうなので大きな投資を行わなければ不安はあまりないかもしれません。

劣後出資の仕組みとリスク軽減になる理由を詳しく調べてみた結果

劣後出資になるとどうしてリスク軽減になるのか説明します。リスク軽減になる理由は投資家とAMBITIONが同じファンドを購入する構造にあります。また、購入したファンドの収益還元(利益還元)を投資家優先にしていることです。


このことにより投資家はファンド別に設定された劣後出資を確認することで、ファンドの価値が値下がりしてもその設定値まで損することなく投資が可能になります。


劣後出資の仕組みとリスク軽減の理由


不動産投資型クラウドファンディングを取扱う企業の多くで同じ仕組みを利用しています。これまで調べてきた経験から劣後出資割合は10%~30%で設定されることが多いことがわかっています。


A Funding(エー・ファンディング)の場合は第1回プロジェクトで30%の劣後出資を行っていることから今後もその設定値でファンド組成が行われる可能性が高そうです。


現時点では全てのファンド組成に30%の劣後出資が設定される訳ではなさそうです。この辺りは注意が必要かもしれません。不動産に特化した企業になるため自社損失とならない確実な設定が期待できます。


A funding 不動産特定共同事業ファンド


第1回の募集額は875万円で一口1万円からの投資に設定されています。運用予定期間は6ヶ月で想定分配利回り6%となっています。


不動産投資型クラウドファンディングを取扱う企業の中では比較的高利回りだと思います。類似企業は下記記事を見て頂くことで比較ができると思います。




上記の画像にもありますが、5,000万円のマンションが4,000万円になった場合は20%の価値下落になります。劣後出資30%であれば1,500万円まで価値が下落しても投資家は損失にならない構造のため安心できます。


このため優先劣後出資の構造を設けている企業は投資家のリスク軽減になるわけです。初めてクラウドファンディング投資をされる方は不動産投資型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)をお勧めします。


融資型クラウドファンディングが良いと考える方も中にはいます。私が投資を始めた時は融資型が一般的だったのでクラウドバンクへ投資を行っています。既に4年~5年投資しています。全力で投資結果をまとめた記事は下記になります!


太陽光発電などに強い企業になり、入金すればいつでも投資できるスタイルが助かっています。




投資初心者を考えた場合は不動産投資型、もしくは融資型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)をお勧めします。


株式投資型や購入型、寄付型のクラウドファンディングはリスクが高いと個人的に思っているのでお勧めしません。リスクよりも投資家の考え方により商品を選択しているイメージが強いです。

運営企業AMBITIONの企業概要を詳しく調べてみた結果と評価

エー・ファンディングを運用している企業は東証マザーズ上場のAMBITION(3300)になります。最近は不動産を手掛ける企業がクラウドファンディングにどんどん進出しているため企業により強みが異なります。


エー・ファンディングの場合は中古マンションの再生事業に強みを持っています。多くの企業が新築マンションや年数が浅い物件を手掛けていますが、同社では中古マンションの再生に特化しています。


そもそも投資用マンションを手掛けているためクラウドファンディング領域に進出してきても不思議はありません。サブリース事業も手掛けているため信頼面において不安はあまりないと言えそうです。


項 目気配運用の内容
商号株式会社AMBITION
許可番号不動産特定共同事業許可 東京都知事 第127号
許可種別不動産特定共同事業 第一号、第二号(電子取引業務)
資本金379,780,000円
※資本準備金339,780,000円
本社〒150-0001
東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル18階
代表者代表取締役 清水 剛
事業内容賃貸不動産事業
売買不動産事業
プロパティマネジメント事業
リーシングマネジメント事業
Web営業事業
法人営業事業
賃貸管理受託事業
関連会社株式会社アンビション・ルームピア
株式会社VALOR
免許番号宅地建物取引業免許 国土交通大臣免許(2)第8023号
加盟団体公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会
※2020年4月17日調べ


企業概要からも不動産に特化した企業が不動産投資型クラウドファンディングを行うことに不安はないと言えそうです。


ただしファンド組成を確認してみると目標金額が低いようなので投資をしたくても出来ない不安があるように思います。今後状況を見ながら改善されていくでしょう。


A funding(エー・ファンディング)のメリットとデメリットまとめと

A funding(エー・ファンディング)のメリットとデメリットを調べて以下のようにまとめてみました。


分配金は組成されるファンドにより償還方法が異なります。また分配金については税金が自動的に引かれ口座に振り込まれます。


A funding(エー・ファンディング)メリットデメリットのイメージ画像


振込代金については入金時は投資家負担になります。出金時の手数料は無料になっています。また当たり前のことですがファンドを購入する手数料なども無料です。


口座開設費用や口座維持管理はすべて無料になるため振込手数料だけが必要です。金融機関によっては振込代金を無料化できる方法もあります。


【メリットまとめ】
  • 募集申し込み後に入金できるため資金効率のメリットあり!
  • 1万円から小額投資ができるため投資しやすい
  • 劣後出資30%設定は業界最高水準
  • キャンセル待ちができるスキームになっている
  • 出金手数料は無料になっている
  • 上場企業が直接運営しているから安心


【デメリットまとめ】
  • 募集額が小さいため投資できない可能性がある
  • 入金するのに振込手数料が発生する
  • 元金保証の投資ではない


利回りは下記にように計算されるそうです。わかりやすい内容になっています。簡単なことですけど書いてあるとわかりやすくて印象がよいです。


分配額÷投資額です。分配額は不動産を買った価格-不動産を売った価格+家賃-管理などの経費です。



またGMOあおぞらネット銀行の口座が振込用の口座になるため、同行間であれば振込手数料が無料になるそうです!私は素直にネットバンクから送金することになりそうです。


A funding(エー・ファンディング)の口座開設手順を調べてみた

A fundingの口座開設手順について調べてみました。まず公式サイトから投資家登録の申込みを行います。多くの企業で採用されている方法と口座開設手順は同じなので迷うようなことはないと思います。


A funding(エー・ファンディング)口座開設の手順


投資家登録のボタンをクリックすすると「投資家仮登録」の画面が出てきます。


画面が出てきた後は受信可能なメールアドレスを入力し送信を行います。メールはシステムより即日自動送信されるため受信確実なアドレスの入力が必要になります。


フリーアドレスでも問題ないと思います。最近は多くの企業でフリーアドレスでも登録可能になっています。


エー・ファンディング登録の手順


フリーアドレスを利用しメールが届かない場合は「迷惑メールフォルダ」の確認をお願いします。と上記画像にも書かれています。


次に届いたメールのリンクをクリックすると会員情報の登録ができるので個人情報を入力していきます。入力が終わるとハガキが届くまで待つことになります。


かなり簡単な流れになりますが実は追加情報の登録が待っています!追加情報ではマイナンバーの登録や保有資産の状況、さらには出金先の口座番号や口座名義などの入力が待っています。


登録情報では簡単な入力を行い、追加でさらに細かい情報を入力することになっています。本人画像などの登録も必要になりますが、追加情報の流れに従って入力していくだけなのでつまずく箇所はないと思います。


個人情報提供が面倒だと思う方はハガキが届いた後に個人情報の入力を行っても良いと思います。また今後投資家登録のスキームが変わる可能性もあるため臨機応変に対応してください。


A funding(エー・ファンディング)公式


A funding(エー・ファンディング)SNS評判と実際に投資を行った口コミを探してみた

A fundingの情報をSNSで調べてみました。現時点ではサービス開始から時間があまり経過していないため、個人投資家の情報が少ないようです。









これからファンド組成が本格的に行われてくるため期待したいと思う投資家も多いようです。ファンド組成がコンスタンスに出てくればきっと人気が高まってくると思います。


ファンド組成が出てくるまで様子を見ることもありだと思います。ただ、早めに口座を開設することで先行投資ができそうです。


出資金の入金は投資確定後でよいため資金効率が良く、投資家にメリットがあります。


少し投資を行うのが心配だと考えている方は下記企業で投資を行ってみることを検討しても良いと思います。上場企業でクラウドファンディングを取扱っている企業も増えているため内容を確認して投資先としてご検討ください!


ただし人気がある企業は投資するのも競争になるため投資できないこともあります。抽選方式を採用している企業だと楽しみながら投資ができると思います。



A funding(エー・ファンディング)投資のまとめと自己評価!

A funding(エー・ファンディング)への投資は悪くないと思いますが、ファンド組成数が増えた段階で投資を検討しても良さそうです。不動産企業がベースとなったクラウドファンディングなのでプロジェクト自体への不安はありません。


サービス全般も他社企業と比較して見劣りするようなところもなさそうです。あとは実績を積んでいくことで投資家登録者が増えていくと思います。


A funding(エー・ファンディング)投資のまとめ


ただし、人気化した頃には投資ができない可能性も考えられるためA fundingで投資を考えている方は早めの行動がよいでしょう。


これまでの経験から人気が出過ぎると投資できないことも多々あるため資金の行き場に困る場合があります。個人投資家の間で人気となっているクラウドファンディングを上手に組み合わせて、さらに出来るだけリスクを低くして投資を行っていきたいと思っています。


自己評価としては上場企業であるため期待値としては高めです。他の上場企業と差別化するのであれば「中古マンションの再生事業」へ期待したいところです。


もう少し規模が大きい投資を好む投資家も多そうなので小口で投資を行い方にA fundingはお勧めできそうです。


A funding(エー・ファンディング)公式


小口投資ができるようになり不動産投資型クラウドファンディングを行う事業者が増え続けています。何処が良いのか決めかねている投資家も多いと思います。


個人的には1社よりも複数社の口座を開設し、いつでも投資を行える環境作りが成功のポイントだと思います。有名企業の口座だけ持っていても投資家が殺到するため中々投資できませんからね。


参考になりそうな記事は下記になります。競争しながら投資するときもあります!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!