エージェント・インシュアランス・グループ(5836)のIPOが名古屋証券取引所メイン市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。小型上場で利益が見込めると思います。


主幹事はSBI証券が務め公開株数350,000株、オーバーアロットメント52,500株です。上場規模は想定発行価格640円から計算すると約2.6億円になります。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOが上場承認
※エージェント・インシュアランス・グループ公式サイト引用


保険業界は少子高齢化や人口減少等を背景に「生命保険市場」と「損害保険市場」ともに長期スパンでは縮小すると考えられています。


同社の場合は環境変化に対応できず存続が困難な保険代理店などを事業承継ビジネスとして受け入れ、保有契約を一括して引き継ぐ方法などで企業規模を拡大させています。


また、同社は海外展開も行い日本同様に事業承継ビジネスを行っているそうです。子会社がある米国でもブローカーの高齢化が課題となっているそうです。


IPO的には直近上場のFPパートナー(7388)の株価が好調なので同社株も期待先行となる可能性がありそうです。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日12月22日
市場名古屋証券取引所メイン市場
業種保険業
事業内容個人及び法人向けの保険代理業
ブックビルディング12月07日~12月13日
想定価格640円
仮条件12月05日
公開価格12月14日
初値結果
企業情報https://a-gent.co.jp/
監査人有限責任あずさ監査法人
手取金の使途
  • 採用費並びに人件費の一部
  • 広告宣伝費
  • 支店開設並びに支店開設に係る活動費等


項目株数データ
公募株数350,000株
売出株数0株
公開株数(合計)350,000株
オーバーアロットメント52,500株
上場時発行済み株数2,316,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約14.8億円
幹事団SBI証券(主幹事)
東海東京証券
岡三証券
極東証券
松井証券
アイザワ証券
岩井コスモ証券
委託見込SBIネオトレード証券


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格640円を基に吸収金額を算出すると約2.2億円となり、オーバーアロットメントを含めると約2.6億円規模の上場となります。


同社グループは、エージェント・インシュアランス・グループと連結子会社2社の合計3社で構成されています。


個人と法人の顧客に対し「損害保険」「生命保険」の販売を行う保険代理店事業を展開し、保険契約の取次からアフターフォローにいたるまで一貫したサービスを提供しています。


2022年10月31日現在で損害保険会社10社と生命保険会社27社の合計37社、国内子会社である株式会社保険ショップエージェントは合計13社の保険会社と保険代理店契約を締結しています。


個人顧客に対しては、ライフスタイルやライフプランに応じた保険コンサルティングサービスを行います。法人の顧客に対しては、財務状況や法人リスクに応じた保険コンサルティングサービスを提供しています。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)の業績
※有価証券届出書引用


事業環境は、縮小傾向にある生命保険市場規模に対し損害保険市場規模は毎年拡大しているそうです。


全国の保険募集従事者数は200万人台で一定数を保っている一方、損害保険代理店数は1996年以降大幅に減少し2022年3月末時点で160,463店であり、今後も減少し続ける傾向にあるそうです。


この背景には保険代理店に求められる募集品質、管理体制等の高度化が影響していると考えてられるそうです。


保険業界における自由競争、契約違反や不払い問題など色々と起こり、2016年には改正保険業法が施行されより厳しいルールなどが導入されています。


エージェント・インシュアランス・グループIPOの事業環境
※有価証券届出書引用


大手だけが生き残る仕組みになり、件数が取れない店舗などは閉鎖に追い込まれていたりしますからね。合併や吸収が多いようです。


業界にメスが入ったことで、保険募集人には厳格なルールに則った適切な募集行為が求められ、保険代理店は所属する保険募集人に対する管理、指導、教育を徹底することができる企業体制の整備が義務付けられました。


同社では「事業承継ビジネス」を方針とし、存続が困難である保険代理店及び保険募集人を「パートナー社員」もしくは「勤務型代理店」として受け入れ、支援体制を整えているそうです。


国内子会社は損害保険中心のストック型ビジネスを基盤に、生命保険のクロスセルを行うことで事業規模を拡大しています。


損害保険の多くは年間契約の1年更新型になり、契約更新を維持することで安定した保険料収入が見込めるストック型ビジネスになります。


エージェント・インシュアランス・グループIPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


海外事業では、連結子会社の「Agent America, Inc.」が米国に3つの拠点を構え、日系企業、米国駐在員の顧客を中心に保険代理店及び保険ブローカー事業を行っいます。


米国では各州で固有の法律がありライセンス取得を行わなければなりません、「Agent America, Inc.」は50州中35州で保険商品を取り扱える強みがあるそうです。


また、損害保険による手数料収入が海外事業全体の収入のうち86.6%を占め国内同様にストック型ビジネスとなっています。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2001年6月01日、東京都新宿区市谷本村町3番29号に本社を構えます。社長は一戸敏氏(1968年2月10日まれ)、株式保有率は2.26%(44,400株)です。


従業員数137人で臨時雇用者272人、平均年齢37.8歳、平均勤続年数4.8年、平均年間給与4,570,365円です。連結従業員数は146人で臨時雇用者は276人です。


連結のセグメント別従業員数は国内事業141人(臨時275人)、海外事業5人(臨時1人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
住友生命保険相互会社881,500株44.84%
株式会社ザ・ファーストドア415,600株21.14%
東京海上日動火災保険株式会社196,000株9.97%
川野 潤子66,650株3.39%
一戸 敏44,400株2.26%
髙橋 真喜子35,500株1.81%
富野 喜幸35,400株1.80%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


住友生命保険相互会社には180日間(2023年6月19日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率は発行価格1.5倍以上になり、731,500株を下回らない範囲で実施可能となっています。


その他の株主はロックアップ期間中の売却が基本的にできないことになっています。


親引けはありません。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)297,600株85.0%
東海東京証券17,500株5.0%
岡三証券10,500株3.0%
極東証券7,000株2.0%
松井証券7,000株2.0%
アイザワ証券5,200株1.5%
岩井コスモ証券5,200株1.5%


名古屋証券取引所への上場となりますが需給不安はないと思います。


業績もそれなりなので資金流入が見込まれます。上場ラッシュで地方市場まで確認する投資家が少ないことは確かだと思います。


IPOに当選しても利益がそれほど見込めるとは思いませんが、公開価格割れもないと考えています。


IPO当選後の売却手数料を考えると東海東京証券が穴場かもしれません。欲しいと思う方は限定されそうですけどね。また、岡三オンラインでも募集が行われると思います。資金不要でIPO抽選に参加できます。


1回取引することが条件となりますが3,500円をプレゼントしています。売買手数料を一定金額まで無料にできるため、よかったらタイアップ特典をご利用していただければと思います。分売にも参加できます!




エージェント・インシュアランス・グループのIPOチャレンジポイントのボーダーライン予想!!

エージェント・インシュアランス・グループのIPOチャレンジポイントのボーダーラインを予想してみました。


株単価が低いため利用する方は殆どいないと思います。利益が出ても3万円程度でしょうか。


エージェント・インシュアランス・グループのIPOチャレンジポイント予想の表



公開株数が想定ベースで約2.6億円となっていることで極小のIPOになります。


地方上場だとたまにこのようなケースがあります。時価総額も約14.8億円のため機関投資家は買わないと思います。


個人投資家は上場時の需給に魅力があるだけですよね。初値だけは高いパターンが十分考えられます。抽選に参加される方は地方上場に資金が入りにくいことを理解しておきましょう。


事業に新奇性は全くありません。IPOチャレンジポイントのボーダーラインは200P以下だと考えています!


と言うことで、ミドルリスクミドルリターンと言われるクラウドファンディングのご紹介です。主に上場企業が貸付先となっているFunds(ファンズ)への投資は如何でしょうか。


優待付きファンドも度々登場します。期間限定となりますが累計30万円投資を行うとAmazonギフト券が3,000円分貰えます。詳しい内容は下記記事で説明しています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
該当事項なし-株-円


ストックオプション(新株予約権)は該当事項なしとなっています。


ベンチャーキャピタルによる出資は確認できません。提携先企業が出資しているようです。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

エージェント・インシュアランス・グループのIPOは地方上場のデメリットを除けばある程度評価されると思います。


しばらく前に上場したFPパートナー(7388)の株価を参考に投資する方がいそうです。


エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOのまとめ
※エージェント・インシュアランス・グループ公式サイト引用


少子高齢化などの問題は長期的に関係があると思いますが直近の同社業績は伸びています。


上場を意識してのことかもしれませんが結果は出ているようです。また今期で第22期のため信用や信頼などの面も評価されそうです。コロナ禍でも業績が伸びていますからね。


東京海上日動火災保険と東京海上日動あんしん生命保険の代理店としてスタートししているため、東京海上日動火災保険から収受する代理店手数料が営業収益の52.8%、東京海上日動あんしん生命保険が10.4%を占めているそうです。


この辺りは仕方がないのかもしれません。


ただ同社の大株主は住友生命保険相互会社となっています。2018年1月に持分法適用関連会社になっていました。


地方上場になりますが、IPO的にはFPパートナーの前例があるため利益が狙えると考えています。ほぼ全力参加で公募組は良いのでは?と考えています。利益は少ないと思いますけどね。


大和証券グループが出資しているFunvestでもキャンペーンが行われています。口座開設でAmazonギフト券1,000円分、初めての投資で1,500円分の上乗せになり合計2,500円分のアマギフが貰えます。


ファンド毎にキャンペーンが行われているためさらに特典を頂くことができます。実際に利用してみたので下記記事にまとめてみました。よかったら参考にしてください。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。