ABホテル(6565)IPOがJQSに新規上場承認されました。東祥(8920)の連結子会社になり親子上場案件です。ホテル事業だと優待が気になりますが、現在のところ設定はありません。業績も好調となりIPOでも人気でしょう。クリスマス上場となっており合わせてきた感が感じられます。


ABホテル(6565)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:12月25日
BB期間:12月08日~12月14日
※名古屋証券取引所第二部に同日上場予定


【事業内容】
当社は、『健康』をキーワードにホテルで快適に過ごして頂くように宿泊サービスの提供を行っており、「ABホテル」という名称で愛知県を中心に各地でホテル事業を運営しております。



【資金使途】
手取概算額358,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限150,500千円と合わせて全額を新規出店に係る設備投資資金に充当する予定であります。

ABホテル(6565)IPO資金使途



100株単位
公募株数 260,000株
売出株数 460,000株
合計株数 720,000株(7200枚)   ←当選期待あります


想定価格 1,400円 ⇒ 14万円必要!
仮条件  12月06日に決定予定
公開価格 12月15日に決定予定


【幹事団】
大和証券(主幹事)
東海東京証券    ←東海東京証券の幹事増えています!  
SMBC日興証券
SBI証券



ABホテル(6565)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し108,000株
想定発行価格1,400円を基に吸収金額を算出すると約10.1億円、オーバーアロットメントを含めると約11.6億円となります。
ABホテルHP⇒ http://www.ab-hotel.jp/


ABホテル(6565)初値予想
↑クリックで拡大します     ⇒ マネックス証券が完全抽選なのか調べてみた


ABホテル(6565)上場評判とIPO分析


銘柄名のごとく、ホテル事業を行っている企業です。
愛知県に10店舗、埼玉県に1店舗、石川県に1店舗、奈良県に1店舗、群馬県に1店舗、岐阜県に2店舗、静岡県に1店舗の合計17店舗を運営している企業です。


ビジネスホテルより快適に、シティホテルよりリーズナブルにをキーワードにし、アクティブな観光を快適にサポートするくつろぎ空間を提供している特徴があります。


主に、駅前や主要インターチェンジ付近などビジネスでの利用が見込める地域を中心に、安定的な宿泊需要が見込める立地を厳選し、多店舗展開を行っています。
また、観光に特化した地域ではなく、ビジネス利用の地域を中心に出店することで季節変動による業績への影響を抑制するとともに、観光地での不測の事態に伴う利用の減少を回避しています。


その他収益確保として、開発段階において、お客様の安全性や利便性を第一優先とし、建築士を交えての開発会議においてローコスト建築を取り入れるとともに、ホテルの宿泊関連業務を外部委託することで運営費等の固定費を抑制し、収益確保を図っています。


基本的な戦略として、インターネットを利用した販売戦略を活用し集客拡大に取り組んでいます。
自社公式サイト及び楽天トラベル・じゃらん等の他社サイトにて、魅力あるホテルであることが伝わる外観・客室・大浴場等の宣材写真の掲載やホテル周辺のおすすめ観光情報等を掲載しているそうです。



ABホテル(6565)従業員と株主の状況


会社設立は2014年10月、愛知県安城市三河安城町に本社を構えます。
社長は沓名一樹氏(37歳とお若いです)、株式保有率は0.3%です。
従業員数は18人、平均年齢30.6歳、平均勤続年数1.6年、平均年間給与約454万円です。
※臨時社員(パートタイマー等)については、新店開業時のアルバイトスタッフとして研修期間中は当社の雇用となりますが、その後業務受託者の雇用となり、集計が困難であるため、記載を省略


ABホテル(6565)従業員と株主の状況



ABホテル(6565)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である株式会社東祥及び当社の株主であるAB開発合同会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(平成30年6月22日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得することを除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは180日間(平成30年6月22日)、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
株主名簿から解りましたが、ABホテルは東祥(8920)の連結子会社になります。
PTSでは買い向かっている方がいますが、売り物が出ていません。
明日は数百円の上昇もしくは4,000円を余裕で超えてストップへ?


株数は4,200,000株あるため想定ベースで58.8億円となり、インパクトは大きいです。
時価総額が1,281億円で浮動株320億円となっています。
ここ最近の上昇からもっと上に抜けそうですが、2013年から上昇しっぱなしの銘柄です。凄いですね~


話がずれましたが、ABホテルにはベンチャーキャピタル出資も無く株主構成も解りやすい構造です。
親子上場ですが、それなりに買われると思うため、個人的に全力申込です!
業績も伸びているため初値段階では人気でしょう。
2017年のIPOでホテルと言えば、グリーンズ(6547)の上場がありましたが、株価は横ばい状態となっています。
価格帯も同じですが、上場規模が大きかったため不人気でした(東証2部)


ABホテルは幹事構成も申し込みやすいため当選狙いです。