SKIYAKI(3995)IPOが新規上場承認されました。なんと、いちよし証券がまた主幹事を務めます!初値期待が出来そうですが、株数が多くはないため激戦だと思われます。赤字からの急激な黒字転換の上場となっています。いちよし証券主幹事の場合も初値が高くなる傾向があるため全力申込みです。


SKIYAKIIPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:10月26日
BB期間:10月10日~10月16日


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社1社(株式会社ロックガレージ)、関連会社1社(株式会社SKIYAKI OFFLINE)により構成されております。また、当社グループは、当社の親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の企業グループ(以下「CCCグループ」という。)に属しております。

当社グループでは、これからの時代には、人間が最も力を発揮できる「創造・遊び」の領域における革命的な変化が人々から求められると考えており、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念を掲げております。「創造革命」の担い手であるアーティストやクリエイターは、音楽・漫画・アニメ・映画・舞台・アートなどのエンタテインメント領域で活動を行っている一方で、その創造的な活動を行う人やコンテンツには、応援し支える「ファン」の存在が不可欠です。これらのファンのためのサービスをテクノロジーによって実現し、新しいマーケットを創造する取り組みを、Fan × Technology = “FanTech”と定義し、当社グループの事業領域としております。

まとめると⇒ ファンクラブ・ファンサイトサービス、マーチャンダイジング及び電子商取引サービス並びに電子チケットサービス



【資金使途】
手取概算額491,480千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限201,894千円と合わせた手取概算額合計上限693,374千円について、SKIYAKI EXTRAを中心とした自社サービスシステムの機能追加開発に係る開発者の人件費に228,074千円、当該開発者の採用費及び教育研修費に43,800千円、従業員数の増加に伴う本社移転費用に136,000千円、当社事業と親和性が高く、シナジー効果が見込める企業との資本提携・出資に285,500千円を充当する予定



100株単位
公募株数 160,000株
売出株数 272,600株
合計株数 432,600株(4326枚)    ←いちよし主幹事だとかなり厳しい?


想定価格 3,400円 ⇒ 34万円必要!
仮条件  10月05日に決定予定です
公開価格 10月17日に決定予定です


【幹事団】
いちよし証券
岡三証券     岡三オンライン証券取扱い決まる!
極東証券
マネックス証券    ←マネーフォワード当選しました
東洋証券
SBI証券       ←IPOチャレンジポイントを貯めれば当選できる
水戸証券
エイチ・エス証券
エース証券


SKIYAKI上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し64,800株
想定発行価格3,400円を基に吸収金額を算出すると約14.7億円、オーバーアロットメントを含めて算出すると約16.9億円となります。


SKIYAKIIPO初値予想
↑クリックで拡大します


ワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核とし、オンデマンドグッズや映画・映像制作を手掛けている気企業です。また連結子会社ロックガレージが行う旅行・ツアー事業、持分法適用関連会社であるSKIYAKI OFFLINEが行うコンサート・イベント制作事業が別途存在します。


【ワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」とは?】
日本国内における音楽産業の収益構造の変化にいち早く着目し、今後、「ファンクラブ」、「グッズ」、「チケット」の3つがアーティスト活動を支える主要な収益源になると捉え、それらの関連機能をワンストップに提供するソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を開発・提供している



売上構成を見ると解りますが、ほとんどの売上はECサイトの売上となっています。
インターネットを利用した通信販売の事ですが、グッズやCD、DVDなどを販売しています。また海外からの注文にも対応しているようです。



SKIYAKI従業員と株主の状況


会社設立は2003年08月13日、東京都渋谷区桜丘町に本社を構えます。
社長は宮瀬卓也氏(43歳)、株式保有率は5.72%です。
大株主はカルチュア・コンビニエンス・クラブとなっています!


従業員数は49人で平均年齢は30.1歳、平均勤続年数3.0年、平均年間給与約460万円です。
臨時雇用者は年間10人となっています。


SKIYAKIIPO株主とロックアップ
↑クリックで拡大します


SKIYAKIのロックアップ状況と私見

【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である木村 敏彦、株式会社portas、在國寺 穂、那須 淳、栗山 丈史、小澤 芳久、売出人かつ当社取締役である戸﨑 勝弘、売出人かつ貸株人である株式会社Ararik、当社株主かつ当社取締役である宮瀬 卓也及び豊田 洋輔は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年1月23日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 


ロックアップは平成30年1月23日までの90日間となり、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル出資は無いようです。
サービスを行っている数が300以上存在し、さらに拡大傾向にあるようです。


現在の収益以外に取り組んでいのはエンターテイメントでの「ブロックチェーン」や人工知能による自社サービス、さらにはVR記述を使ったVRライブ配信などの研究が行われているそうです。


現在のところ個人的にはA級銘柄ですが、フィスコなどの大手予想サイトから発表される初値予想次第ではS級かもしれませんね。そういえばもう一本ヤフーファイナンスに記事執筆があったんだった・・・・


そこそこ高いですが、内容は充実しています。その他にはトレーダーズ・ウェブの人気があります。当選したらウハウハ銘柄なので頑張りましょう!






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事