イーレックス(9517)IPOがマザーズに新規上場承認されました。ベンチャーキャピタル保有が多い案件のようですね。阪和興業(8078)や太平洋セメント(5233)なども株主にいるようです。公開株数は4,000,000株とかなり多いため初値利益は少し厳しい印象を受けます。事業的には伸びると思いますが、上場時は難しいか?


イーレックス(9517)初値予想


業種:電気・ガス
市場:東証マザーズ
公開予定:12/22
BB期間:12/04~12/10


【事業内容】
当社グループは、当社(イーレックス株式会社)、連結子会社2社(イーレックスニューエナジー株式会社及びイーレックスニューエナジー佐伯株式会社)により構成されております。当社グループは、平成13年より事業を開始した独立系のPPSとして、「競争力あるエネルギーを長期安定的に供給する」という社会的使命のもと、大型工場・オフィスビルなどの特別高圧(契約電力2,000kW以上)及び中小工場・スーパーなどの高圧(契約電力50kW以上2,000kW未満)の需要家に対して、一般電気事業者(※2)が有する送電線網を通じて電力の供給を行っております。
また、電力の調達については、連結子会社によるPKSを用いたバイオマス発電をはじめ、国産バイオマスや石炭、オフガス、LNG、太陽光発電等の多様な電源を確保しております。連結子会社イーレックスニューエナジー株式会社の土佐発電所(定格出力29,500kW、CFBボイラー)は、PKSを本格的に使用したCO2フリーに貢献する発電所であり、平成25年6月より商業運転を開始しております。 当社グループの電力事業は、電力小売(官公庁向け、民間企業向け)、電力市場取引、電源開発から構成されています。

まとめると⇒ 新電力(PPS)として特別高圧・高圧の電力需要家に対する電力小売、電力卸売、電源開発等の事業を営む



【資金使途】
手取概算額4,099,600千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限618,240千円と合わせて、イーレックスニューエナジー佐伯株式会社の新バイオマス発電所建設に伴う設備資金及び運転資金、並びに当社の増加運転資金に充当する予定です。設備資金としては平成27年3月期に915,000千円、平成28年3月期に1,233,000千円、平成29年3月期に1,072,000千円を充当する予定です。また平成29年3月期の新発電所稼働開始に伴う、原材料(PKS、石炭)在庫の購入資金816,000千円に充当すると共に、残額は当社が新発電所に関連してFIT交付金を受領する迄の増加運転資金に充当する予定であります。




100株単位
公募株数 4,000,000株
売出株数 0株
合計株数 4,000,000株(40000枚)


想定価格 1120円 ⇒ 11.2万円必要!
仮条件  1120円~1170円に決定しました


【幹事団】
野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
エース証券
SBI証券
大和証券
高木証券


■ イーレックスIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し600,000株
想定発行価格1120円を基に吸収金額を算出すると約44.8億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約51.5億円となります。
イーレックスHP⇒ 電気を自由に選べる未来


イーレックスIPO 売上と利益
↑クリックで拡大します  


売上・利益ともに横ばいでしょうか。
内部保留重視となりますが、株主への利益配当を実施しており、ここ数年配当は出ています。
イーレックスの他には連結子会社が2社あるようです。
大型工場・オフィスビルなどの特別高圧や、中小工場・スーパーなどの高圧に対応していて
取引先大手を見ますと50%程を一般社団法人日本卸電力取引所が占めています。


会社設立は1999年となり、東京都中央区日本橋本石町に事務所を構えます。
社長は渡邉博氏で83歳となります。
日本銀行に入社後、三菱信託銀行、三菱UFJリース、日本短資などにお勤め
だったようで凡人には皆無の世界ですね(個人的に)
従業員数は31人となり平均年齢は42歳となります。平均勤続年数は5.7人で
平均年間給与はなんと約965万円となっています。 凄い


イーレックスIPO ロックアップと株主構成 
↑クリックで拡大します


【ロックアップの状況】
本募集に関連して、貸株人である上田八木短資株式会社、当社株主である四条2号投資事業有限責任組合、IE&Shijo投資事業有限責任組合、阪和興業株式会社、Nittan Capital Company Limited、及び四条1号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成27年3月21日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。
 また、当社株主である有限会社ダブリュウ、アイ、テイ、ビル、本名均、渡邉博、呉尚容、花島克彦、上田元彦及び箱崎慶一は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成27年3月21日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日で、ロック解除は公開価格の1.5倍となります。
なんとなく興味がある銘柄なので大手予想を見てからの判断をしたいと思います。
地方では太陽光発電(メガソーラー)を見る機会も多く、電力株は気になります。
日立製作所や東芝の名前も株主にありますね。
今のところ様子見です♪






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事