アイモバイル(6535)IPOが新規上場承認されました。
IPOでは好まれる媒体となり「ドストライク」ですが、公開株数が多く大きく初値利益が
出るパターンでは無いかもしれません。
業績好調でベンチャーキャピタル出資も無いので期待したいですが!!


アイモバイル(6535)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:10/27
BB期間:10/11~10/17


【事業内容】
当社グループは、当社、子会社6社(うち非連結子会社3社)により構成されインターネットを通じて新しい技術を創造し、多くの人が満足するサービスを提供し続けることを経営理念とし、日本を中心に、世界で貢献できる企業体を目指しております。
この方針に基づき、(1)広告主及びメディアに対して、双方の利益最大化を支援するアドネットワーク関連事業を主軸事業としながら、(2)成果報酬型の課金モデルによるアフィリエイト事業、(3)リスティング広告、ディスプレイ広告等の販売による代理店事業、(4)ふるさと納税推進サイトの運営等のその他の事業といった幅広いインターネット広告サービスを展開しております。

まとめると⇒ アドネットワーク等インターネット広告サービス事業



【資金使途】
手取概算額3,788,864千円及び「1 新規発行株式」の(注)4に記載の第三者割当による自己株処分の手取概算額上限939,291千円については、当社グループの既存事業の競争力強化を目的としたシステム投資、新規事業の創出・拡大のための成長投資及びM&Aを含めた事業拡大のための投資に充当する予定でございます。
既存事業の競争力強化を目的としたシステム投資としましては、既存事業の動画広告サービス及びDSP事業の拡大のためサーバー等機器の設備投資を検討しており600,000千円を充当する予定であります。新規事業の創出・拡大のための成長投資については、新規の広告手法の開拓及び海外展開を実施していく想定であり900,000千円を充当する予定であります。M&Aを含めた事業拡大のための投資については残額全てを充当。



100株単位
公募株数 3,330,000株
売出株数 2,220,000株
合計株数 5,550,000株(55,500枚)    ←主幹事SBI証券抽選枠も狙えます


想定価格 1240円 ⇒ 12.4万円必要
仮条件  1220円~1320円に決定しました!


【幹事団】
SBI証券(主幹事)      ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ!
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
マネックス証券     ←完全平等抽選なので狙い目





■ アイモバイルIPO評判と分析
オーバーアロットメントによる売出823,800株
想定発行価格1240円を基に吸収金額を算出すると約68.8億円となり、オーバーアロットメント
を含めて算出すると約79億円となります。
マザーズ上場にしては規模が大きくやや懸念されるでしょうか。
アイモバイルHP⇒ 国内最大級アドネットワーク


アイモバイルIPO初値予想
↑クリックで拡大します    マネックス証券IPO配分が完全平等抽選なのか調べた


売上・利益共に好調に推移しています。
事業はアドネットワーク関連事業を主軸事業としながら、成果報酬型の課金モデル
によるアフィリエイト事業、リスティング広告、ディスプレイ広告等の販売による代理店
事業、ふるさと納税推進サイトの運営など幅広いインターネット広告サービスを展開
している企業になります。
ふるさと納税サイトは私もご紹介した事があります。


会社設立は2007年8月になり、東京都渋谷区桜丘町に本社を構えます。
社長は田中俊彦氏(37歳)、株式保有率は40.94%となります。
従業員数は163人となり平均年齢は28.9歳、平均勤続年数は2年、平均年間給与は
約495万円となります(連結従業員数178人、臨時雇用の採用無し)


アイモバイル(6535)IPOロックアップ
↑クリックで拡大します         ⇒ カブドットコム証券の使い方(株主優待編)


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である田中俊彦及び売出人である野口哲也は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成29年4月24日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。
また、当社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成29年4月24日までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、平成28年9月23日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)を行わない旨合意しております。



 株ブログ IPO・新規公開株    


ロックアップは180日間(平成29年4月24日)、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル出資は無く公開株式以外の株の流通も限定的でしょうか。
九州旅客鉄道(9142)IPOが上場するのが10月25日です。その2日後に上場なので、良い
のか悪いのか微妙ですね。


SBI証券主幹事案件なので申込は必ず行います 
IPOチャレンジポイントを貯めたい事と、IPO当選後にキャンセルを行ってもペナルティー
は存在しませんから、当選狙いで良いでしょう♪

また微妙なIPOですが、業績が好調に推移している事から買いは入ると思います。


アイモバイル(6535)IPO主幹事のSBI証券! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】





アイモバイル(6535)初値予想とIPO分析 | VC無しで人気IPOなのか?(記事へ)