さくら総合リート投資法人(3473)IPOが上場しました。
しかし青ざめるような公募割れを起こしており、リート申込に注意が必要だと
改めて実感しました。


さくら総合リート投資法人(3473)IPO公募割れ


初値 79,000円
高値 81,700円
安値 73,300円
引け 79,200円
公開価格は91,000円!


【JREIT JAPAN】
さくら総合リート投資法人が、本日上場した。初値は79,000円と、IPO発行価格91,000円を13%下回った。 IPOによる調達資金291億円及び借入金309億円によって、9日に18物件(取得額573.6億円)を取得し、運用を開始する。 第1期(平成29年2月期)の実質的な運用期間は9月9日からの173日間。当期純利益101百万円、1口当たり分配金は305円となる見通し。 運用期間が6ヶ月間となる第2期(平成29年8月期)は、当期純利益953百万円、1口当たり分配金は2,863円となる見通し。 なお、有利子負債比率は、第1期末48.8%、第2期末46.6%の見込み。



 


リートIPOでこれだけの下げは逆に珍しいです。
日銀決定会合でリート買入れ枠の発表が無かっただけに、弱すぎですね。
9月20日、21日に日銀の金融政策決定会合があるのでまた荒れるんですかね・・・
今年は為替も株もよく解らないですw

さくら総合リート投資法人に関しては不参加だったので見ているだけでした。


会社四季報の最新銘柄レポートが無料で見れる! 穴場IPO証券的な存在
立花証券のストックハウス
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

※立花証券のIPO口座についてはこちら(四季報最新版)

--------------------------------------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】