キャピタル・アセット・プランニング(3965)IPOが新規上場承認されました。
主要株主にベンチャーキャピタルが多く気が引けますが、公開株式数が少なく初値利益
は出るでしょう。


キャピタル・アセット・プランニング(3965)IPO初値予想


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックスタンダード
公開予定:10/07
BB期間:09/20~09/27


【事業内容】
平成2年4月の設立以来、当社はIT(Information Technology)とFT(Financial Technology)の統合による、金融リテールビジネスの業務プロセスを最適化するためのシステムを開発・提供することを企業ミッションとしております。このミッションに基づき、当社では金融商品、保険商品の販売に関するビジネスルール及び法令諸規則に適合しながら、金融機関とその顧客にとって有用な情報の提供及び効率的な販売を実現させるシステムの開発を手がけてきております。

まとめると⇒ 金融機関等を対象としたシステムの開発、使用許諾(保守・運用含む)及びコンサルティング事業



【資金使途】
手取概算額282,512千円については、「1 新規発行株式」の(注)4に記載の第三者割当増資の手取概算額上限43,276千円と合わせて、平成29年9月期に予定されている受注案件に関する運転資金のうち外注加工費として300,000千円、その他残額25,788千円をシステム技術者等の採用費用として、それぞれ平成29年9月期に充当する予定であります。



100株単位
公募株数 160,000株
売出株数 0株
合計株数 160,000株(1600枚)   ←超プラチナ株登場!


想定価格 1960円 ⇒ 19.6万円必要
仮条件  1960円~2000円に決定しました!


【幹事団】
野村證券
大和証券
高木証券
東海東京証券       ←電話申込からネット申込へ変更
あかつき証券
マネックス証券   ←完全平等抽選で誰にでも当選の可能性がある





■ キャピタル・アセット・プランニングIPO評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し24,000株
想定発行価格1960円を基に吸収金額を算出すると約3.1億円となり、オーバーアロットメント
を含めて算出すると約3.6億円です。
主要株主にベンチャーキャピタルが沢山いますが、上場規模は小さく妙味ありです。
キャピタル・アセット・プランニングHP⇒ FT(金融工学)とIT(情報技術)の統合


キャピタル・アセット・プランニングIPO評判とフィスコ
↑クリックで拡大します     ⇒ マネックス証券のIPOが完全平等抽選なのか調べた


売上・利益ともに横ばいで勢いがありません。
ただし、取引先大手にはソニー生命保険やオリックス生命保険、三井住友海上
あいおい生命保険などの名前があり安定的に利益は出そうです。


主要取引先は、生命保険や銀行などの金融機関、証券会社などでになり、
システムの開発や使用許諾を行っています。
特徴としては、金融機関等の営業担当者及びその管理者、並びにその顧客が直接使用
するシステムの開発・提供に特化していることが特徴だとあります。


会社設立は1990年04月、大阪府大阪市北区堂島に事務所を構えます。
社長は北山雅一氏59歳、株式保有率は11%になります。
社員数は203人、平均年齢37.19歳、平均勤続年数4.98年、平均年間給与約564万円
となります。臨時雇用者などはいません。


キャピタル・アセット・プランニング(3965)IPO株主とロックアップ
↑クリックで拡大します            穴場証券⇒ 東海東京証券立花証券


【ロックアップの状況】
本募集に関連して、貸株人である合同会社フィンテックマネジメント、特定有価証券信託(当社株主)の委託者兼受益者である片山侑加、北山敦之及び北山敬子、並びに当社株主である北山雅一、洪竣、馬野功二、里見努及び 北山智子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年1月4日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、オーバーアロット メントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨及び委託者兼受益者が受託者 である株式会社SMBC信託銀行(当社株主)に同様の行為を行わせない旨合意しております。

また、当社株主である投資事業組合オリックス6号、インテック・アイティ2号投資事業有限責任組合、イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合、元気企業投資事業有限責任組合、池銀キャピタルニュービジネスファンド3号投資事業有限責任組合、とっとりチャレンジ応援ファンド投資事業有限責任組合、髙木証券株式会社及びHC6号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年1月4日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨合意しております。



 


ロックアップ期間は90日間(平成29年1月4日)までとなり、ベンチャーキャピタル保有株
等に対して1.5倍のロックアップ解除倍率が付与されています。
類似企業もあるためそこまで人気は出ないと思いますが、吸収金額的に妙味ありです。
株数も少なく公募取得者には利益をもたらすIPOでしょう。
ロックアップが外れた1.5倍あたりからの攻防だと思われます。

リファインバース(6531)のような値動きになるのではないでしょうか。
私的には全力申込です 


キャピタル・アセット・プランニングIPO幹事! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】





キャピタル・アセット・プランニング(3965)初値予想とIPO分析 | ジャスダック極小IPOで人気化?