SBI証券の米国手数料が業界最安水準になり今までよりも大幅に引下げが行われました。1約定あたり最低5ドルの手数料です。これは見逃せないことでしょう。各社手数料引き下げ合戦となっているため個人投資家にはかなりメリットが高くなっています。米国は順調に株高が続いています。


米国株式手数料SBI証券

約定手数料は約定代金の0.45%になり、手数料下限は5ドル、上限は20ドル
に設定されています。
SBI証券インターネットコース開設者すべての方に適用されます!
(NISAやジュニアNISAの海外ETF買付手数料は0円)


SBI証券米国手数料最安値


また、SBI証券で取扱われる外国市場は9か国になります。
米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア
の9か国です。またADRを活用すればイギリス、ブラジル、インドの取引も可能です。


【SBI証券の外国株式の特徴】
・取り扱い市場は9カ国と多い
・最低1株から購入ができる
・みんなの保有銘柄は、毎週ランキング形式で発表
・銘柄選びに困ったらお助けツール(スクリーナー機能)を活用できる






さらに米国貸株サービスの提供が始まります!
国内株式で貸株サービスを利用されている方は多いと思いますが、SBI証券では
米国貸株サービスも始まります 


SBI証券米国貸株サービス開始


貸株サービスとは、保有する株式を売却することなく、貸し出した株式に応じ
貸株金利を受け取ることができるサービスです。
銀行に預けたお金に利息が付くイメージで良いと思います。
外国株には基本的に株主優待が無いため、名義書き換えなども必要がありませんし、
あまり動かさない株であれば米国貸株サービスの利用はメリットが高いでしょう。


【SBI証券の貸株サービスの特徴】
・貸株中でも配当金が受け取れる
・申し込みだけで保有する米国株式を貸株可能!(その数1,000銘柄以上)
・貸株中でもいつでも売却が可能



外国株式の口座開設は無料なので私も口座開設をしていますが、証券総合口座
を持っていないと開設は出来ません。口座を開設するとログインTOP右端に外国
株式申込案内が出ているのですぐ解ると思います。


⇒ SBI証券公式ページへ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!