auカブコム証券での日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の配分数が出ていたので考えてみました。予想よりも大分低い数値でしたが、ここから導かれるのはauカブコム証券口座でIPOに参加する人は少ない?と考えられます。当選期待ができる時は申込んでおきましょう。


auカブコム証券のIPO配分数が凄く多かった件
↑クリックで拡大します


日本郵政の三菱UFJモルガン・スタンレー証券引受けは98,917,700株
auカブコム証券に回った株は2,421,800株となり約2.45%です。

ゆうちょ銀行の三菱UFJモルガン・スタンレー証券引受けは82,419,700株
auカブコム証券に回った株は1,728,300株となり約2.1%です。

かんぽ生命保険の三菱UFJモルガン・スタンレー証券引受けは13,188,200株
auカブコム証券に回った株は268,100株となり約2%です。


auカブコム証券IPO当選
※auカブコム証券でゆうちょ銀行IPO当選





auカブコム証券の稼働口座数は497,487口座ありますが、IPO当選者は多かった
のでIPOをされている方は少ないのかもしれません。
IPO申込をされた方全員にIPO当選は無かったみたいですが、JR九州上場に関しても
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事入りを既にしている報道があるので
今回もauカブコム証券に期待していいのかもしれません 


震災でJR九州の上場が心配でしたが、計画通り秋に上場するそうなので
時間があるときに口座開設をしておくと良いでしょう!
 auカブコム証券のIPO抽選ルール詳細記事はこちら


【朝日新聞デジタル】
JR九州が2017年3月期に純利益を確保できる見通しであることが25日、関係者への取材でわかった。九州新幹線は熊本地震で脱線して営業を休止したが、同社は大型連休前の28日にも全線再開する方針。業績への影響を最小限にとどめ、赤字を回避できる見通しとなった。運休が長引けば株式上場の延期も指摘されたが、計画通りに今秋の上場をめざす。

九州新幹線は、博多―熊本間が23日に運転を再開するなど復旧が進むが、約150カ所の損傷の修復には時間がかかる見込み。そのため、現在は一部区間を徐行運転し、運転本数も減らして営業している。関係者によると、今回の新幹線の運休・減便により、数十億円の減収が見込まれる。それでも16年9月中間期も黒字を確保できる見通しという。

15年3月期の純利益は150億円。在来線の赤字を不動産事業や新幹線で埋める構図だ。16年3月期の新幹線収入は、前期の493億円を上回り、500億円に達する見込み。



結局IPOは口座数と資金により抽選確立を上げる事が可能なので、自分が
取組めるところまで頑張りましょう。
抽選枠を狙うのに口座数が少ないと・・・・・ですね。
数億保有していれば、店頭企業の対面取引を希望すればよいですよ~
私には無理ですけどね 


またauカブコム証券は株主優待などでもローリスクに取引が出来る
一般信用の取扱もあり年中使える口座だと個人的に思います。

クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。