日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)公開価格割れでした。
騰落率は-4.09%になりますが、一度も公開価格にタッチせずに推移中です!


日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)分配金


【日本経済新聞】
太陽光発電所に投資して運用する日本再生可能エネルギーインフラ投資法人が29日、東京証券取引所インフラファンド市場に上場した。インフラファンドとしては3本め。終値は8万6600円で2018年1月期の予想分配金から算出した利回りは7.1%となった。

既に上場するタカラレーベン・インフラ投資法人ら2ファンドの分配金利回りはいずれも5%を超えており、不動産投資信託(REIT)の平均利回り3.7%を上回る。ただREITに比べてまだ市場規模が小さく商いも低調なため機関投資家が投資しづらいとの指摘もある。日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は岩手県や高知県など8カ所で大規模な太陽光発電所を運営し、年8億円以上の売電収入を見込む。現在の資産規模は82億円。今後は新たに30カ所で発電所の運用を見込んでおり、3年後に資産規模は1000億円に拡大する見通し。

太陽光発電は国の固定買い取り価格が下がっているが「買い取り価格が高めの時期に権利を確保した案件はなお多く、まだまだ成長市場」(運営を支援するスポンサーのリニューアブル・ジャパンの真辺勝仁社長)。初値は8万9200円と公開価格(9万3000円)を下回った。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD29H45_Z20C17A3DTA000/



分配利回りは7%程度になるのでしょうか。
7月末に3,046円を見込んでおり年2回と考えると現株価で約6.93228%です。
いちごグリーンインフラ投資法人(9282)が6.56%なので若干割は良いですが、
インフラリートも3本目になり、個人投資はお腹いっぱいか?
私はインフラリートを買った事はありますが資産としては保有していません。


日本ビルファンドやジャパンリアルエステイトなどは分配利回り3%を切っており
分配利回りの差がかなりあります。
逆にマリモ地方創生リート投資法人などは7%越えの分配利回りです。


ティーケーピー(3479)IPO幹事来ました!! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】