はてな(3930)IPOが新規上場承認されました。

上場観測が以前よりありましたが本当に上場するとは凄いです!
個人的にも評価が高いIPOなので全力申込決定の銘柄になります。


はてな(3930)IPO初値予想は上がるでしょう!


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:02/24
BB期間:02/08~02/15


【事業内容】
当社は『「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする』をミッションに掲げ、「技術で支えられているサービスを提供する会社」として技術を磨き、インターネット領域において様々なサービス提供を行っております。
事業の中核となるUGCサービス「はてな」は、当社の運営するインターネットサービス上で会員登録を行ったユーザーとなる個人(以下「登録ユーザー」といいます。)が投稿した文章や画像、映像などのコンテンツを登録ユーザー以外のユーザーも閲覧することができるサービス群です。興味・関心を共にするユーザーが集まるコミュニティを形成することで、他のSNS(注2)との差別化が図られております。

まとめると⇒ UGC サービス事業(ソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」、ブログ「はてなブログ」などの開発運営及び、法人向けコンテンツマーケティングサービス、テクノロジーソリューションサービス)



【資金使途】
手取概算額231,280千円及び前記「1 新規発行株式」の(注)3.に記載の本第三者割当増資の手取概算額上限72,645千円については、当社のUGCサービス「はてな」(注)へのアクセス増大に伴う売上増加を目的として、ユーザーや読者満足度の高い機能開発を行うための開発人材に係る人件費及び採用費に135,410千円(平成28年7月期:12,753千円、平成29年7月期:55,435千円、平成30年7月期:67,222千円)、アクセス数増加によるデータセンターの機能拡充に伴うサーバー増築費用等に54,100千円(平成28年7月期:28,700千円、平成29年7月期:12,700千円、平成30年7月期:12,700千円)平成29年7月期において事業拡大に伴う東京本店と京都本社のオフィス拡張に伴う設備投資に48,100千円充当する予定であり、残額については、認知度向上のための広告宣伝費に充当する予定であります。



100株単位
公募株数 370,000株
売出株数 385,000株
合計株数 755,000株(7550枚) ←狙えるので主幹事は必須!


想定価格 700円 ⇒ 7万円必要
仮条件  700円~800円に決まる!


【幹事団】
SMBC日興証券   毎年IPOに当選させて頂いています
みずほ証券
SBI証券    ←IPOチャレンジポイントを貯めるべし!
マネックス証券
いちよし証券
岡三証券    岡三オンライン証券?
エース証券





■ はてなIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し113,200株
想定発行価格700円を基に吸収金額は算出すると約5.29億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約6.08億円となります。
はてなホームページ⇒ www.hatena.ne.jp


はてな(3930)IPO評判と分析 
↑クリックで拡大します   ⇒ マネックス証券のIPO抽選は完全抽選なんです


売上順調で利益は上下しながら上向きのようです。
インターネットサービスを展開する企業になりはてな媒体を様々取り扱って
おり人気のサービスになります。
はてなブックマーク、はてなブログ、はてなフォトライフ、人力検索はてななどの
UGCサービスが主要媒体になっており月間ユーザー数も27年7月登録が450万人
で同月のユニークユーザー数が5,400万人と凄い媒体なんです!!


会社設立は2001年7月で東京都港区南青山に本社を構えています。
社長は栗栖義臣氏で37歳になります。株式保有率は2.61%と低いようです。
従業員数は89人で平均年齢は31.9歳、平均勤続年数は3.2年となり
平均年間給与は約508万円となります。


はてな(3930)IPOロックアップとベンチャーキャピタル(VC) 
↑クリックで拡大します   IPO口座開設で1000円貰えます⇒ カブドットコム証券


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である近藤淳也、売出人である梅田望夫、当社役員である栗栖義臣、毛利裕二、小林直樹、リチャード・チェン並びに当社株主である大西康裕、伊藤直也、田中慎樹、田中慎司及び川崎裕一は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、本募集及び引受人の買取引受による売出しの受渡期日(上場(売買開始)日)から起算して180日目の平成28年8月21日に終了する期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)を売却等しない旨を約束しております。



 株ブログ IPO・新規公開株    


ロックアップ期間は180日となりロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル出資も無いようですから株主構成的にも問題は無さそうです。
ただしストックオプションを調べてみると行使可能な株数が大量にあるようです。
第一号IPOはIPO空白期間を埋めるかのような初値高騰が期待できるので
当選できれば利益が転がり込んでくるでしょう 

2016年のIPO利益も300万を超える事を願っているIPOキムでした♪
今年もガッツリ稼ぐことが出来るようにスタートダッシュしたいです。


はてな(3930)IPO主幹事です!! 今だけ30万円入金で3000円貰える
SMBC日興証券公式へ
 

※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2015年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】





はてな(3930)初値予想とIPO分析【2016年第一号IPOは初値2倍を超えるか?】