アイビーシー(3920)IPOが新規上場承認されました。
マザーズ上場案件で期待が持てる情報・通信業となっています!


アイビーシー(3920)IPO初値予想


業種:情報・通信業
市場:マザーズ
公開予定:09/15
BB期間:08/27~09/02


【事業内容】
当社は「Analysisサービスカンパニーとしてお客様と長く付き合える企業になる」ことを目指した経営理念を掲げております。
・ネットワークインフラを通じ、お客様に心から喜んでいただける企業になる。
・プロとしての倫理観と実行力を備えたプロフェッショナル集団になる。
・お客様に可愛がられること、優れた人材を創出することを通じて社会へ貢献できる企業になる。

まとめると⇒ コンピューターネットワークスシステムに係る性能監視ソフトウェアの企画・開発及び同ソフトウェアの利用ライセンス販売、システム性能の課題・問題解決を行うコンサルティングサービスの提供



【資金使途】
手取概算額412,548千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限144,749千円と合わせて、以下の使途に充当する予定であります。

① 開発環境整備のためのサーバ購入費用等として
② 業務効率向上のための社内基幹システム導入費用として
③ 陣容拡大に伴う本社及び西日本事業所のオフィス増床による工事関係費用等
④ ③に係る陣容拡大に伴う本社及び西日本事業所のオフィス増床による敷金
⑤ 今後の事業拡大のための人材の確保等を目的とした採用関連費用及び人件費等
⑥ 当社製品・サービスに関する展示会・イベントへの出展に係る広告宣伝費用
⑦ 借入金の返済として100,000千円
上記以外の残額は、③に係る陣容拡大に伴う本社及び西日本事業所のオフィス増床による、地代家賃増加分等の運転資金に充当する予定であります。



100株単位
公募株数 160,000株
売出株数 209,800株
合計株数 369,800株(3698枚)


想定価格 2840円 ⇒ 28.4万円必要!
仮条件  2840円~2920円に決まりました


【幹事団】
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券      岡三オンライン証券
SMBCフレンド
いちよし証券
岩井コスモ証券
東洋証券    ←たまに主幹事でIPOが申込める
エース証券





■ アイビーシーIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し55,400株
想定発行価格2840円を基に吸収金額を算出すると約10.5億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約12.1億円となります。
アイビーシーHP⇒ ネットワーク性能監視ソフトウェア


アイビーシー(3920)IPO評判と分析 
↑クリックで拡大します


売上・利益ともに順調のようです。
Speedy Actionシリーズを提供している企業で現状評価、性能監視、運用支援に
関するサービスをワンストップで提供しているそうです。
莫大な世の中の情報を高速に収集し、瞬時に表示・解析・通知を行う独自の技術
を持っているそうで、官公庁・地方自治体、医療など様々な取引先があるとの事です。


会社設立は2002年で、東京都中央区新川に本社を構えます。
社長は加藤裕之氏48歳で、株式保有率は50.75%となっています。
従業員数は45人となり平均年齢は34歳、平均勤続年数は3年、平均年間給与は
約589万円となります。


アイビーシー(3920)株主の状況とロックアップ 
↑クリックで拡大します       口座開設で書籍GET⇒ 岡三オンライン証券


【ロックアップ状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社代表取締役社長であり、売出人かつ貸株人である加藤裕之、売出人かつ当社株主であるアライドテレシスホールディングス株式会社、岩井靖、村上彰、加藤俊之、並びに、当社株主であるプラスフジ株式会社、髙木弘幸、北村博、塚本浩之、奥村太久実、八代博隆は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成27年12月13日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等を除く。)を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間となっていて、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル保有株は無さそうです。
売上と利益がまだまだ低いようにも思えますが、今後に期待が出来る企業では
ないかと考えます。
もちろん全力申込銘柄です!!


アイビーシーIPO幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】 



アイビーシー(3920)初値予想とIPO分析記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!