sMedio(3913)初値予想とIPO分析記事になります。初値予想の評判も上々で、sMedio以降のIPOは期間が少し空く事で買い意欲が発生するかもしれません。個人的な思惑ではサンバイオIPOの前に急騰する銘柄が出てくると思うんですよね。サンバイオで個人をはめ込み作戦!?


sMedio(3913)初値予想とIPO分析記事


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/27
BB期間:03/12~03/18


100株単位
公募株数 168,400株
売出株数 209,100株
合計株数 377,500株(3775枚)
※オーバーアロットメントによる売出し55,000株


想定価格 2400円
仮条件  2400円~2520円に決定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
いちよし証券
SBI証券
岩井コスモ証券
東海東京証券   ←予想よりも幹事しますね
みずほ証券
マネックス証券

         




仮条件上限は2520円となり想定発行価格よりも120円のアップとなりました。
これに伴う吸収金額は約9.5億円となり、オーバーアロットメントを含めると約10.9億円となります。


sMedio(3913)評判 売上と利益  
↑クリックで拡大します    


sMedio(3913)初値予想 取引先別
↑やや拡大します


マルチメディア、ネットワークおよび関連するセキュリティー技術を中核とした製品開発と販売を中心とした事業活動を行っている企業です。従来から売上に継続的に寄与しているブルーレイ再生ソフトに加えてワイヤレスコネクティビティ製品である「sMedio Truelink+」「AirGet」が大きく売上の増加に貢献しているようです。


また平成26年度以降は「pConnect!」および「sConnect!」を市場に投入しワイヤレスコネクティビティ製品群の拡張を予定しているようです(目論見より)売上の主力はライセンスフィーとなり、これらの基本製品を中心とした顧客要望を取り入れて受託開発および保守費用またサービス費用を売上構成において展開しています。


取引先大手は東芝、マイクロソフト、富士通、シャープ等になります。デジタル家電向けからスマートフォンやタブレット端末等にターゲットを移行しており今後の売上拡大が期待されています。


【トレーダーズ・ウェブより】
2013年12月期の売上高構成比は、ライセンス・ロイヤルティー70.8%、受託開発22.5%、保守サービス・サポート6.7%。主な販売先は東芝46.9%、米マイクロソフト18.4%、富士通14.8%、シャープ4.6%




sMedio初値予想5000円



【幹事配分】
SMBC日興証券355,300株
いちよし証券 3,700株
SBI証券   3,700株
岩井コスモ証券3,700株
東海東京証券 3,700株
みずほ証券   3,700株
マネックス証券3,700株


【業績等の概要】

第7期H25年1/1~H25年12/31
売上高は769,962千円(前年同期比38.8%増加)
経常利益は58,941千円 (前年同期は、経常損失61,916千円)
当期純利益は49,205千円(前年同期は、当期純損失145,878千円)


第8期H26年1/1~H26年9/30
売上高は793,452千円
営業利益は208,883千円
経常利益は255,545千円
四半期純利益は149,632千円



【類似企業】
システナ(2317)PER18.25倍
クレスコ(4674)PER17.66倍
ACCESS(4813)PER-倍


ロックアップは90日間と180日間となり、ロック解除倍率は1.5倍となります。
11億円規模の吸収ですが、ベンチャーキャピタル保有株が多くロック解除価格がポイントに
なるでしょうか。IPO的には人気部類なので公開価格は超えてくると思われます。
ストックオプション未行使残が大量にありその殆どが行使可能となっており、注意が
必要となります。かなりの株数が存在しています。
役員や従業員なので在籍中はなかなか売れないと思いますが・・
⇒ sMedio(3913)IPO新規上場承認記事へ


PERを算出してみると仮条件上限の2520円で約21.6倍となります。
上場時発行株式に潜在株を含めてみると約51.5億円規模の時価総額になります。
買い板が厚いと面白そうな銘柄になりそうですが、熱が冷めるのも早そうな気がします。
サンバイオまで一波みあるかもしれませんね。
しかしSMBC日興証券の引受が多く資金が足りないです(重複申込不可)
だから参加者が増えても当たるんでしょうけど。


sMedio(3913)IPO主幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!