東京ボード工業(7815)IPOが東証2部へ新規上場承認されました。クリスマス上場ですね。しかも東証2部という事で微妙案件です!!公開株数は46万株あり東海東京証券が主幹事を務めます。想定発行価格は2180円となり手掛けやすい価格帯となっています。


東京ボード工業(7815)初値予想


業種:その他製品
市場:東証2部
公開予定:12/25
BB期間:12/08~12/12


【事業内容】
当社グループは、当社、連結子会社4社(ティー・ビー・ロジスティックス株式会社、TB関西物流株式会社、横浜エコロジー株式会社、株式会社カリブ)の計5社で構成されており、「リサイクリングで地球環境の未来を創る」の経営理念のもと、木質廃棄物を再資源化して製造した「パーティクルボード」の販売を通し、地球環境への負荷を低減することを目的とした木材環境ソリューション事業並びにファシリティ事業を営んでおります。

まとめると⇒ パーティクルボードの製造及び販売



【資金使途】
手取概算額188,560千円については、平成27年3月期中に、木材環境ソリューション事業の設備投資として、新木場リサイクリング工場における品質別木材チップ貯蔵サイロの増設に150,000千円充当し、借入金の返済に38,560千円充当する予定であります。
なお、上記調達資金については、具体的な充当時期までは主に安全性の高い金融商品等により運用する方針であります

   


100株単位
公募株数 100,000株
売出株数 360,000株
合計株数 460,000株(4600枚)


想定価格 2180円 ⇒ 21.8万円必要!
仮条件  1980円~2180円に決定しました


【幹事団】
東海東京証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (カブドットコム証券?)
SMBCフレンド
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券 (岡三オンライン証券?)
極東証券


■ 東京ボード工業IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し60,000株
想定発行価格2180円を基に吸収金額を算出すると約10億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約11.3億円となります。
東京ボード工業ホームページ⇒ リサイクリングで地球環境の未来を作る


東京ボード工業(7815)IPO 連結決算 
↑クリックで拡大します(連結)


東京ボード工業(7815) 売上と利益 
↑クリックで拡大します(単体)


売上横ばいで利益も横ばい企業です。
事業的にそんなイメージがありますが、赤字を脱しただけ良いでしょうか。
東京ボード工業の特徴として、原材料となる木材チップを購入せずに産業廃棄物及び
一般廃棄物処理業の許可を取得し、チップ工場(リサイクル工場)に持ち込まれる木質
廃棄物を木材チップに加工し、原材料にしている事で原材料の一部である木材チップの
購入をしなくてよい事が上げられます。
この辺りからリサイクリングになっているんでしょうね。
(木材環境ソリューション事業とファシリティ事業の2本柱)


会社設立は1947年と老舗企業で東京都江東区新木場に事務所を構えます。
社長は井上弘之氏となり48歳です。
従業員数は102人となり、平均年齢は40.2歳、平均勤続年数は8.75年、平均年間給与
は約498万円となっています。連結従業員数は182人で臨時雇用44人です。


東京ボード工業(7815)IPO 株主とロックアップ 
↑クリックで拡大します


【ロックアップ状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である鈴木吉助、貸株人である伊藤一男、石毛正広、売出人であるT・B・H株式会社、太田稔、佐藤實、石毛哲男、当社株主であるセイホク株式会社、JKホールディングス株式会社、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、伊藤忠建材株式会社、住友林業株式会社、双日建材株式会社、トーヨーマテリア株式会社、丸紅建材株式会社、共和商事株式会社、東北接着剤株式会社、関口良雄、ボード株式会社、太田真人、株式会社オーシカ、西原幸雄、西原徹、伴正雄、当社役員である井上弘之、小林三郎、並びに当社子会社役員である小澤勝雄、相川和政、矢部弘治は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目(平成27年3月24日)までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間となっており、倍率記載はありません。
配当政策では内部保留重視ですが、配当性向も勘案するとあり69期では12円を
1株当たりに配当しています。
基本的にスルーでよいのかもしれませんが、吸収規模と年末IPOを意識しますよね。
東海東京証券主幹事案件なので、まずは日本PCサービスの上場で技量を見てみましょう~






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事