シーアールイー(3458)IPOが新規上場承認されました。比較的IPOでは人気が薄い東証2部案件となっていますが、初値後に上昇する傾向があります。公開株数は150万株程度あり想定発行価格が3620円とネガサです。主幹事はSMBC日興証券なので当選期待はできます。


シーアールイー(3458)IPO初値予想


業種:不動産業
市場:東証2部
公開予定:04/21
BB期間:04/06~04/10


【事業内容】
当社グループは、当社及び子会社2社により構成されており、事業系不動産を中心とした賃貸、管理、開発及びアセットマネジメントを主たる業務としております。
 当社は平成21年に物流システムの開発及び販売を目的に創業し、その後株式会社コマーシャル・アールイーから事業系不動産に関するマスターリース事業及び賃貸管理事業を譲受し、平成23年には株式会社天幸総建を吸収合併し営業基盤を拡大してきました。また、賃貸・管理のノウハウを生かし、物流施設の開発も行っております。
 平成26年には、アセットマネジメント事業に進出し、グループ内で開発から売却、運用、運営・管理を一貫して行うことにより、不動産販売収入、アセットマネジメントフィー、プロパティマネジメント受託収入を安定的に確保できる体制を構築しております。

まとめると⇒ 物流施設を中心とした事業用不動産の総合サービス



【資金使途】
手取概算額4,866百万円及び前記「1 新規発行株式」の(注)3に記載の第三者割当増資の手取概算額上限729百万円については、全額を物流投資事業において開発する物流施設への建設費用等の一部に充当する予定であります。支出予定時期については、平成27年7月期に443百万円、平成28年7月期に4,252百万円、平成29年7月期に900百万円を充当する方針であります。なお、上記調達資金は、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



100株単位
公募株数 1,457,900株
売出株数 0株
合計株数 1,457,900株(14579枚)


想定価格 3620円 ⇒ 36.2万円必要!
仮条件  3450円~3620円に決定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    au カブコム証券
みずほ証券
極東証券
SMBCフレンド
SBI証券
マネックス証券


       



■ シーアールイーIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し218,600株
想定発行価格3620円を基に吸収金額を算出すると約52.8億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約60.7億円となります。
東証2部にしては規模が大きいので敬遠されがちのIPOとなりそうです。
シーアールイーHP⇒ つなぐ未来を創造する


シーアールイー(3458)評判とIPO分析
↑クリックで拡大します    当サイト特典付き⇒ シストレ24限定タイアップ


第3期より売上・利益共に順調のようです。
平成22年8月に株式会社コマーシャル・アールイーのマスターリース事業及び賃貸管理事業を
譲受け、不動産管理事業を開始し、平成23年7月には物流不動産のマスターリース事業及び
賃貸管理事業を営んでいた株式会社天幸総建を吸収合併しています。
その後、ストラテジック・パートナーズ株式会社を完全子会社化と沿革にあります。


物流施設を一括借り上げ、運営と管理をしている企業で、不動産管理事業と物流投資事業
アセットマネジメント事業、その他事業に分かれています。
会社設立は2009年と若い企業で、東京都港区虎ノ門に事務所を構えます。
社長は山下修平氏で41歳となります。
従業員数は141人で、平均年齢42.4歳、平均勤続年数10.4年平均年間給与は約614万円
となっています(連結では149名の人員)


シーアールイー(3458)IPO 株主状況ロックアップ
↑クリックで拡大します    IPO口座開設で書籍GET⇒ 岡三オンライン証券


【ロックアップについて】
貸株人である京橋興産株式会社、並びに当社株主である公共建物株式会社、ケネディクス株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行及びEEIクリーンテック投資事業有限責任組合は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集に係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年10月17日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております



ロックアップは180日間となっており、ロック解除倍率記載はありません。
企業株主がロック対象となっているようです。
意外と株価が高く設定されており参加者も限定的になると思われます。
配当も今まで出た事がありませんし、優待もありません。
3月IPOの推移を見ながら参加のスタンスを決めたいと思います。
4月1発目のサンバイオIPOがやや危険な香りがしますが・・・・
シーアールイーIPOに当選するためにはSMBC日興証券のIPOルールの確認をしましょう。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!