買取王国(3181)のIPO考察記事になります。


業種:小売業
市場:ジャスダックS
公開予定:02/14
BB期間:01/28-02/01


【事業内容】
当社は、事業ドメインを価値再生感動創造業(注)と定義し、「夢ある商品とサービスを通して、喜びと心の満足を創りだしていきます。」という経営理念のもと、総合リユース小売業として、買取王国、マイシュウサガール及びその他業態を運営しております。

【資金使途】
全額を短期借入金の返済(平成25年2月末)に充当する予定であります。なお、実際の充当時期までは、当社において安全性の高い決済性預金に存置しておく方針であります


100株単位
公募株数 215,000
売出株数 160,000
合計枚数 375,000(3750枚)


想定価格 800円 ⇒ 8万円必要!  
仮条件  800円~900円


野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
東海東京証券
岡三証券
安藤証券
高木証券
エース証券
SBI証券
日本アジア証券


-------------------------------------------------------


買取王国の仮条件は想定発行価格より100円アップしました。
これにより吸収金額も約3.5億円から約3.9億円になります(OA込みの算出)
同日上場のビューティガレージの方が事前人気はありますが、買取王国も公募価格
は超えると思われます。


買取王国(3181)IPO初値予想
↑クリックで拡大


【目論見より趣旨】
当社は、趣味性の高い様々な中古商品を数多く、継続してお客様に提供することで、お客様の想像を超えた掘り出し物の発見を実現し、店舗コンセプトである「わくわく・ドキドキ・大発見!」をお客様に提供するとともに、新品を買うよりもリーズナブルかつワンランク上のおしゃれの実現を通じて、新しいライフスタイルの発見を提案しております。


昨年に上場したありがとうサービス(3177)が非常に参考になりそうな
感じがします。
ありがとうサービスの初値は騰落率11.3%だったのでその程度の初値は
付くのではないかと思います。買取王国で算出すると1万円位の利益ですね♪
ありがとうサービスはその後ぶっ飛びましたけどね・・・
今でも公募以上の株価です。
EPS154.54でPERを算出すると5.8倍程度となり個人的には上値があると思います。


買取王国(3181)IPO
↑クリックで拡大(トレーダーズ・ウェブ参照)


【業績等の概要】
当事業年度の売上高は5,251百万円(前年同期比8.7%増)
営業利益は403百万円(同97.8%増)
経常利益は410百万円(同90.9%増)
当期純利益は216百万円(同104.1%増)


買取王国の今期の業績は低下する見通しですが、粗利率は上がるとの事です。
そもそも小売セクターはIPOではパットしない初値に終わりますが、
イケイケ市場ムードにより多少は評価されると思います。
株数も431,000株の放出でロックアップは90日の1.5倍解除となります。
地合によると思いますが、メドレックスの初値後(セカンダリー)を見て
初値売りなのかセカンダリーまで持ち越すのか考えるとよいと思います。
(IPOに当選したらね)


【類似企業】
ハードオフ(2674)
ありがとうサービス(3177)
シュッピン(3179)
ブックオフ(3313)
まんだらけ(2652)


買取王国IPOは個人的に口座が無い証券会社があり当選は厳しそうです。
野村で取れないと難しいですね。
東海東京などは電話申し込みですが時間があれば電話してみます。
資金使途が借入金の返済となっているので上場ゴールのような気もするので
深追いは禁物でしょうか。


① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事